もうひとつのサッカーW杯――ベンのトピックス

皆さん、ベンのトピックスにお帰りなさい!

タイトルに書いた通りに、去年のワールド・カップは インド対ドイツ でした。「フランス対クロアチアじゃないの?」や「2019年サッカーのワールドカップはなかったよ」や「2019年のワールドカップはラグビーじゃん」と思う人が多いかも知れません。FIFAのワールドカップは4年で一回行われるけど、今回紹介するワールドカップは毎年あるんです。

ホームレス・ワールドカップ

2019年の「ホームレス・ワールドカップ」はイギリスのカーディフで行われました。64ヶ国からの500人以上の選手が参加したトーナメントです。8万人が試合会場に足を運び、オンラインでは何十万人という人たちが観戦しました。

ホームレス・ワールドカップに出場できるのは?

  • 男女は問いません。ただし、大会開催時に16歳以上である必要があります。
  • 過去に行われたホームレス・ワールドカップへの出場経験がない人。ある人は出れません。
  • 大会開催前年にどこかでホームレス生活をしていた人のみです(ホームレスの定義は自国内の基準によります)
  • 主な収入の手段が、路上での雑誌販売という人。
  • 現在、政治的亡命要求者、要求者としての明確な身分がない。または、過去に政治的亡命要求者であったが、過去1年間に居住身分を得た。
  • 現在、ドラッグ依存症またはアルコール依存症からの更生途中にあり、また、過去2年間にどこかでホームレス生活をしていた。

 

個人的には、ホームレスに関する問題は注視すべきトピックだと思います。世界のどこに行っても、ホームレスはいます。

「どうやってホームレスの人をコミュニティに復帰する手助けするのか?」

これは全世界共通の課題です。

そしてドラッグやアルコール依存症がある人をリハビリする方法もちゃんと考えなくてはいけません。僕の考え方では、多くのケースで中毒者は犠牲者でもあると思います。例えば、イギリスやアメリカではもともと軍隊にいたというホームレスもたくさんいます。それは、相変わらず政府の失敗と言えます。

ホームレス・ワールドカップは、そんな課題にユーモアを持って取り組む、いいプランです。ホームレスの人間性や可能性を示すトーナメントだと思います。

もちろん、日本代表も出場していますよ!

2020年は6月28日フィンランドのタンペレで開催予定。注目です。

Top image: © iStock.com/YU22
世田谷在住のイギリス人・ベンのトピックス読んで!

関連する記事

サッカーファンだけでなくビジネスパーソンにも関係がある!?イングランドのゴールデン・ジェネレーションが失敗した理由です。
大会3日目のフランス対オーストラリアは歴史的な試合になった。
4年に一度開催される、サッカーの祭典。各大陸予選を勝ち抜いた32ヵ国が世界一の座をかけて争う云々かんぬん……とわざわざ書かなくとも、ワールドカップについて...
ワールドカップ ロシア大会の真っ最中、雨がそぼ降る渋谷・円山町「WOMB」に集まった夜遊び大好きな大人たちの楽しそうなヒトコマを撮影させてもらいました。
米大手電子通信事業者「Verizon Media」が提供するサービス「Yahoo!」は、5月4日をもって「Yahoo! Answers」を閉鎖すると発表し...
先日、王者ニュージーランドの連覇により閉幕した2015ラグビーW杯イングランド大会。3勝を挙げながら惜しくも一次リーグ敗退に終わった日本ですが、その戦いぶ...
ベンはアーセナルのファンです。「どうして?」とよく日本人の友達から聞かれます。理由は大きく分けて3つあるから紹介したいと思います。
ホームレス問題が深刻化するカリフォルニア。状況を改善するためにロサンゼルス市長が建設会社に相談。考案されたのは、コンテナを使ったフードホールでした。
11月はノーベンバーではなくて、ヒゲを伸ばす月「モーベンバー」としても知られているんです。
毎晩のように熱戦が続いていますが、ここで取り上げたいのは今大会のことではありません。かといって2022年のカタール大会でもなく、その次の話。
オランダ・アムステルダムを拠点とするデザインスタジオ「VOUW」が考案した「Bloomlight」は、通行人に反応する不思議な街灯だ。通行人に向かって曲が...
日本にはないイギリスのチャリティー・ショップの紹介です。なんで日本にはないのでしょう?
コラムニストのベンです!今回は「アンフルエンサー」ということについて紹介します。
創業140年になる石川県金沢市のもなか種(もなか皮)専門メーカー「加賀種」では、ラグビーボール型のもなか皮を販売している。ポップコーンやポテトチップスもい...
恋愛が似合う街、パリ。これに頷けるかどうかはさておき、チュイルリー庭園やルーブル宮殿、エッフェル塔やモンマルトルの眺望にロマンティックのかけらもないという...
ニューヨーク州のアンドリュー・クオモ知事は、FIFA女子ワールドカップ2019で優勝したアメリカ代表の凱旋パレードに参加。その場で、アメリカサッカー界の男...
コラムニストのベンです! ミレニアル世代は、インフルエンサー世代でもありますよね。今回はママグラマーのお話をします。
コラムニストのベンです。今回はアメリカのコメディ・ローストについて紹介します。
ことわっておくと、僕はヴィーガンではありません。肉が大好物だし、牛乳もたくさん飲みます。けれど、ヴィーガンへの理解を深めたいと思っているひとりです。
僕はテクノロジーには疎いタイプです。2005年ぐらいまでVHSを使ってたし、DVDは2015年ぐらいまで。Blu-Rayは完全にスルーしました(笑)。そし...

おすすめ記事

埼玉県、名栗エリアの北欧文化を体験できる施設「Nolla naguri(ノーラ名栗)」が、グランピングエリア開業にともない2021年4月29日(木)にグラ...
「ラムを作ろう、壁ではなく」というタイトルのユニークな動画広告は、オーストラリアのラム肉メーカー「Australian Lamb」が制作したもの。「私たち...
浜松市の鉄工所がつくったジュラルミン仕様のペグ。強度はもちろん、らせん形状に秘密あり。
新鮮なアボカドを外で食べたいというイギリス人学生の強い思いから生まれたのがアボカドを剥くためだけの道具「Avogo」。鋼製のコンパクトなこのツールは、アボ...
米・ニューヨーク市の「ハドソン・リバー・パーク」と「ジャビッツ・センター」が増設されることが分かった。
3月16日、軽井沢にほど近い御代田町に新たなラグジュアリーホテル「THE HIRAMATSU 軽井沢 御代田」が開業。すでに予約を受付中。
ここ数年の間にニューヨークのサイクルシーンはめまぐるしく変わった。メッセンジャーたちによってストリートから生まれたピストのムーブメントがひと段落し、いまの...
手持ちのマスクが最強になるスペシャルなマスクカバーが、トラベルギアブランド「TO&FRO」から発売。
個性的な先生の話って、学校の思い出を語る時に欠かせません。いざ振り返ると、みんな一生懸命頭をひねって、学校生活が楽しくなるように工夫してくれていたんだな、...
旅行に何を持って行く?この写真を撮ったKim Leuenbergerの答えは、ミニカー。彼女はある日、両親からフォルクスワーゲン・ミニバンのレプリカをプレ...