あなたが知らない、もう一つの「サッカー・ワールドカップ」。参加資格はなんと・・・

4年に一度開催される、サッカーの祭典。各大陸予選を勝ち抜いた32ヵ国が世界一の座をかけて争う云々かんぬん……とわざわざ書かなくとも、ワールドカップについては、ほとんどの人が知っているはずです。

しかし、ここで紹介する“もう一つのワールドカップ”は、少々説明が必要でしょう。なにしろその参加資格は、

「ホームレス」であること。

「ホームレス・ワールドカップ」は、2003年の第一回大会以降、毎年開催されているサッカーの国際大会。参加資格としては細かな条件がありますが、なんといっても「大会開催前年にホームレス生活をしていたこと」が大前提。

ちなみにサッカーとはいえ、一度にピッチに立てるのは、フィールドプレーヤー3人とゴールキーパー1人だけ。前後半7分、計14分で行われます。

先日閉幕したばかりの2016年大会は、スコットランド・グラスゴーにて開催。男女ともにメキシコの優勝という結果に。

目的は自立。
「サッカーで人生は変わる」

日本代表は男子チーム「野武士ジャパン」が2008年に発足。前史を含めて3度の出場経験があるようです。

彼らのHPによると、そもそもホームレス・ワールドカップとは、世界に共通する貧困問題や人間の可能性を世界中の人々に考えてもらうと同時に、貧困状態にある人たちが楽しみや喜び、希望を感じるキッカケとなるよう生まれたもの。サッカーを通じて生きがいや人との関わりを取り戻し、自信をつけてホームレス生活から脱却することを目的としている大会でもあるため、参加資格は一生に一度としているのだとか。

考えてみると、あのメッシやネイマールも、貧しい家庭の出身。サッカーには人生を劇的に変えてしまう力が、確かにあります。ホームレス・ワールドカップの出場選手も、「1つのボールで人生を切り開く」という意味では、自身の姿を彼らに重ねていたりするのかもしれません。

Licensed material used with permission by HOMELESS WORLD CUP ORGANISATION
「普通のサッカーなんて退屈だ」そんな強気な発言とともに、まったく新しいスポーツを開発してしまった男たちがオーストリアにいる。競技の名は「アルパインサッカー...
7月31日にイングランドサッカー協会が、2018-19シーズンから監督にもイエローカードとレッドカードを提示すると発表しました。
コーチが「ネイマール!」と叫ぶと、サッカー少年たちがわざと転んで痛がっているふりをする動画がYouTubeで公開されました。
スポーツをすると、カラダがスッキリとして気持ちも爽快になるものです。もしそんな気持ちを、恋人同士で共有することができたら素敵じゃないですか?「Elite ...
心温まる動画をご紹介。
イギリス・バーミンガムで起きた出来事を中心に報道しているメディア「Birmingham Live」。彼らの記事によれば、バーミンガム大学のあるクラスで受講...
フェイエノールト対エクセシオールの試合での、素敵な話。
付き合いたい女性の条件は、もちろん人それぞれ。ただその中でも、同じ趣味のパートナーを求める人は増えているようです。会話も合うし、同じ時間を共有できる。それ...
心が強くなければ、戦えない。でも、強い心を手にするのは、決して簡単じゃない。トップアスリートはどのようにして“強い心”を手にし、それを発揮してきたのか。「...
毎晩のように熱戦が続いていますが、ここで取り上げたいのは今大会のことではありません。かといって2022年のカタール大会でもなく、その次の話。
香川・高松にある「プシプシーナ珈琲」は、自家焙煎のコーヒー豆店。プシプシーナはムーミンの原作者であるトーベ・ヤンソンさんのお母さんが飼っていた猫の名前です...
サッカーで何年も同じポジションをやっていると、その姿勢が人生にも反映されてくる…。そう語るのは、「Elite Daily」でスポーツ記事を書くAdam S...
世界中に多くのファンを抱えるオリンピック・マルセイユのホームスタジアム「スタッド・ヴェロドローム」。
「Dinner In The Sky」は話題になっていく中で他のサービスも展開し、今ではフェスに参加でき、サッカー観戦までできるようになっているんです。
マリファナの販売店「Nuwu Cannabis」がスポンサーになっている、随分と型破りなチームです。
通称、オジさんサービス。これは韓国で展開されているいじめ対策サービスのひとつ。同国のメディア「News Nate」の記事によれば、想像の範疇を超える内容に...
FCバーゼルのホームスタジアム「ザンクト・ヤコブ・パルク」は、世界中のスタジアムのなかでも異色の存在です。
バスク州ビルバオを本拠地とするアスレティック・ビルバオのホームスタジアム「サン・マメス」。
とあるサッカークラブが発表した両親へのメッセージが、全米で大きな反響を呼んでいます。本人たち以上に親が熱を上げ、過剰な期待が子どもたちへのプレッシャーに…...
2015年12月16日(水)、今シーズン限りでの現役引退を表明したINAC神戸レオネッサ所属の澤穂希。翌日に行われた会見には、女子サッカー界を牽引してきた...
「JoinMyWedding」は、式に参加して欲しいインド人ファミリーと、式に参加したい旅行者をマッチングするサービスです。
クイーンズ・パーク・レンジャーズFC(通称QPR)のホームスタジアムがロンドン西部にある「ロフタス・ロード」。
心が強くなければ、戦えない。でも、強い心を手にするのは、決して簡単じゃない。トップアスリートはどのようにして“強い心”を手にし、それを発揮してきたのか。「...
どうして身寄りをなくした高校生ホームレスが、どん底から世界中を飛び回るウェディングフォトグラファーに転身することができたのか。それは、彼の夢叶えるまでの”...