意外と知られていない「ロンドンでサッカー観戦」のコツ

ロンドンはマドリードやマンチェスターと並ぶ、世界屈指のサッカーシティ。アーセナルFCやチェルシーFC、トッテナム・ホットスパーFCなど、世界的ビッグクラブがゴロゴロ集結しています。

ただし、実際に観戦しようと思うと悩ましいのがチケット問題。世界的な人気クラブがゆえ、ビッグマッチでなくとも取りづらいし値段も高い……。

そこで、です。

この街でサッカー観戦なら、二部(フットボールリーグ・チャンピオンシップ)でも十分楽しめますよ!

ロフタス・ロード
(ロンドン/イギリス)

一部と二部を行き来するクラブを「エレベータークラブ」と呼んだりしますが、近年のクイーンズ・パーク・レンジャーズFC(通称QPR)はまさにコレ。今シーズンは一部(プレミアリーグ)昇格を争うことになりますが、二部では「強豪」と言えるでしょう。

そんな彼らのホームスタジアムがロンドン西部、住宅街のど真ん中にある「ロフタス・ロード」です。トップの画像を見てもらうと分かる通り、かなり小ぶりでキャパシティはたったの18,500人程度。完成は1904年と設備も古め。

さて、この事実をどう捉えるかがポイントです。

確かにビッグクラブのスタジアムは近代的で、収容人数も圧倒的。たとえば先に挙げたアーセナルFCのエミレーツ・スタジアムは約60,000人を収容できます。が、そのぶん座席によっては迫力を欠くことに(これはもう仕方ナシですが)。

でもロフタス・ロードなら、たとえ最後列でも選手は目の前!実際に観戦しましたが、タッチライン際でプレーしている選手の表情がハッキリと読み取れました。

建物自体にも近代的なスタジアムの登場によって失われつつある古き良きイングランドの薫りがぷんぷん。二部とはいえそこはサッカーの母国、プレーのダイナミックさ、サポーターの熱量だって一部に引けを取りません。

というわけで結論。

最後列でプレミアリーグを観るくらいなら、最前列でチャンピオンシップのほうが絶対オモシロイ!

Top image: © Ververidis Vasilis/Shutterstock.com

⚽️他も知りたい!⚽️
🔥世界の熱狂的スタジアム🔥

熱き欧州サッカーの世界へ
バスク州ビルバオを本拠地とするアスレティック・ビルバオのホームスタジアム「サン・マメス」。
絵を売りながら旅をしていたMaxwell Tileseさん。イギリスへ行った時に、ロンドン市内にあった歴史あるパブに魅せられ、パブの絵を描いた。ロンドンへ...
世界中に多くのファンを抱えるオリンピック・マルセイユのホームスタジアム「スタッド・ヴェロドローム」。
かつて元日本代表MF中村俊輔が所属し、クラブのレジェンドと呼ばれるにいたるまで数々のゴールを演出したホームスタジアム「セルティック・パーク」。
渋谷・道玄坂のクラブ「VISION」で初秋の夜を満喫するパーティ好きをセルフィー&スナップ。プライベートに迫るアンケートも公開。
ロンドン・ヒースロー空港での食事。制限区域内にある『キャビア ハウス アンド プルニエ シーフード バー』は「イギリスだから料理が不味い」の概念を覆します。
「ベルリン・オリンピアシュタディオン」は、この街を本拠地とするサッカークラブ、ヘルタ・ベルリンのホームスタジアム。
バックパッカーなどの安旅好きなら知ってる人も多いだろう。とはいえ、なかにはお金がないけど、なんとか海外に行きたい!って人もいるはず。海外旅行の敷居が、今よ...
ロンドン市内に、新しいコンセプトのレンタカーが登場しました。なにが新しいって、これ観光専用なんです。もちろんレンタカーだから自分で運転だってできます。けど...
2018年の「世界空港ランキング」で2位に選ばれた韓国・仁川国際空港。ここでオススメしたいのが、夕方には売り切れ必至な『1964 百味堂(ペンミダン)』の...
2月中旬、ロンドンの中心へ、はるばる福島県からやってきた日本人がいた。
長期休暇でせっかく海外へ行くなら、できるだけ多くの街を巡りたい。そんな旅が好みの人に、とっておきの記事を紹介しよう。「Central London Apa...
セント・ポール大聖堂を、ロンドンの一般的な道に再現しようというプロジェクト「LUCIDA BASILICA」の紹介。
ロンドンにある「Cereal Killer Cafe」は、シリアルをモチーフにしたカフェ。シリアルがトッピングされた可愛いドリンクがたくさん!
「Original Travel Company」は、独自の視点で旅をプロデュースしてくれるイギリスの旅行代理店です。
ロンドンを拠点に活動するフォトグラファー、Alex Bartschさんのプロジェクト。写真集には40ヶ所以上の「聖地」が収録されている。
ロンドンのウエスト・エンドに位置するバードストリート。ここに、「歩いて発電する道路」が設置されています。
国が違えば宗教も違う、そうなると食べるものだって当然違いが出るものです。では、ロンドンに暮らす人たちの食事情はどんなもの?
ロンドンのストリートライフを中心に撮影するEdo Zolloは、夜もふける頃にだけ感じることができる“邪悪なロンドン”を写し出す。彼いわく、深夜だけに聞こ...