意外と知られていない「ロンドンでサッカー観戦」のコツ

ロンドンはマドリードやマンチェスターと並ぶ、世界屈指のサッカーシティ。アーセナルFCやチェルシーFC、トッテナム・ホットスパーFCなど、世界的ビッグクラブがゴロゴロ集結しています。

ただし、実際に観戦しようと思うと悩ましいのがチケット問題。世界的な人気クラブがゆえ、ビッグマッチでなくとも取りづらいし値段も高い……。

そこで、です。

この街でサッカー観戦なら、二部(フットボールリーグ・チャンピオンシップ)でも十分楽しめますよ!

ロフタス・ロード
(ロンドン/イギリス)

一部と二部を行き来するクラブを「エレベータークラブ」と呼んだりしますが、近年のクイーンズ・パーク・レンジャーズFC(通称QPR)はまさにコレ。今シーズンは一部(プレミアリーグ)昇格を争うことになりますが、二部では「強豪」と言えるでしょう。

そんな彼らのホームスタジアムがロンドン西部、住宅街のど真ん中にある「ロフタス・ロード」です。トップの画像を見てもらうと分かる通り、かなり小ぶりでキャパシティはたったの18,500人程度。完成は1904年と設備も古め。

さて、この事実をどう捉えるかがポイントです。

確かにビッグクラブのスタジアムは近代的で、収容人数も圧倒的。たとえば先に挙げたアーセナルFCのエミレーツ・スタジアムは約60,000人を収容できます。が、そのぶん座席によっては迫力を欠くことに(これはもう仕方ナシですが)。

でもロフタス・ロードなら、たとえ最後列でも選手は目の前!実際に観戦しましたが、タッチライン際でプレーしている選手の表情がハッキリと読み取れました。

建物自体にも近代的なスタジアムの登場によって失われつつある古き良きイングランドの薫りがぷんぷん。二部とはいえそこはサッカーの母国、プレーのダイナミックさ、サポーターの熱量だって一部に引けを取りません。

というわけで結論。

最後列でプレミアリーグを観るくらいなら、最前列でチャンピオンシップのほうが絶対オモシロイ!

Top image: © Ververidis Vasilis/Shutterstock.com
ロンドン市民でさえほとんどの人はその存在を知らないと思います。自分たちの大切な文化だというのに!
現在、英プレミアリーグの強豪トッテナム・ホットスパーFCが建設中の新スタジアムについてです。
旅行雑誌のカバーには決して載らないけれど、マストチェックなロンドンスポット!
ロンドンで最先端のクリエイターが集る場所と聞けば、多くの人はソーホーを思い浮かべるかもしれません。でも、僕ならサウス・ロンドンの郊外にあるペッカムを推します。
FCバーゼルのホームスタジアム「ザンクト・ヤコブ・パルク」は、世界中のスタジアムのなかでも異色の存在です。
ロンドンの企業「BeRightBack(brb)」が、旅のサプスクリプションサービスを展開しています。199ポンド(約2万9000円)を払えば、ロンドンか...
絵を売りながら旅をしていたMaxwell Tileseさん。イギリスへ行った時に、ロンドン市内にあった歴史あるパブに魅せられ、パブの絵を描いた。ロンドンへ...
ロンドン・ヒースロー空港での食事。制限区域内にある『キャビア ハウス アンド プルニエ シーフード バー』は「イギリスだから料理が不味い」の概念を覆します。
ロンドンの5つ星ホテルThe Ned。その地下にあるバーのお話。
ロンドンにある「Cereal Killer Cafe」は、シリアルをモチーフにしたカフェ。シリアルがトッピングされた可愛いドリンクがたくさん!
バスク州ビルバオを本拠地とするアスレティック・ビルバオのホームスタジアム「サン・マメス」。
Bella Foxwellさんのアカウント「The Doors of London」には、ロンドンにある「ドア」の写真が投稿されています。
友人がロンドンでルームシェア先を探していた時、とんでもない条件を突きつけられたと言う@rxdaznさん(Twitterのアカウント名)。募集した人からのメ...
インペリアル・カレッジ・ロンドンとスタートアップ企業の「Arborea」がタッグを組み、大気汚染の軽減に一役買うと期待される「BioSolar Leaf」...
ロンドンの建築デザイン事務所が、超高層ビル「The Tulip(チューリップ)」のプロジェクトを発表。通称「ガーキン」の隣に建設され、新たな観光名所になる...
大気汚染対策のためロンドン市内に設けられた超低排出ゾーン(ULEZ)。これにより注目されているのが「Bikes for Business」。ロンドン交通局...
このマップは、ロンドン各地にゆかりのあるバンドの名前や曲名、歌詞で表現。ミュージシャンの生まれた場所や暮らしていた場所を知れるだけでなく、レコーディングス...
ここで紹介するのは、シティ・オブ・ロンドンの近くにあるブティックホテル「Cuckooz」にある、子宮みたいなカタチをしたベッドルームです。
忙しい大人たちに少しでも「読書の時間」をつくってもらおうと、粋なディスペンサーがロンドンに設置されました。ボタンを押すと短編小説が書かれた紙が出てくるとい...
ロンドンに建設予定の型破りなインフィニティプール「Infinity London」が話題になっています。特筆すべきはそのロケーション。200m以上もの高さ...