ロンドンで発生した大火事に感嘆する人々。一体なぜ!?

現地時間で9月2日。炎が立ち上るロンドン・テムズ川周辺の様子を撮影した画像や動画がSNSに溢れた。

投稿内容をいくつか見てみよう。

「ロンドンが燃える姿を眺めている」。
「範囲はどれくらいだったのかなあ」。
「綺麗だね〜」。

なんて悠長な…。と思いきや、この大火事には理由があった。

350年前の歴史を振り返る、
記念式典だった!

この日行われた「London 1666」は、アーティストのDavid Bestによるもの。「ロンドン大火」から350周年を祝い、17世紀当時の街並みを再現した。

The Great Fire Of London」によれば、火事が起きたのは1666年9月2日の1時。パン屋のかまどから燃え上がった火の粉が広がり、4日間街を燃やし続けた。結果、40万人もの人々が暮らしていたロンドンで、10万人が家を失うことに。死傷者の数はいくつか報告されているが、はっきりとはわかっていない。

木造建築がほとんどだった当時、こうして街が焼失するのは初めてではなかった。後にロンドンの火災対策は進歩を遂げ、木造建築の禁止や、世界初の火災保険が生まれるに至った。

これは、その歴史を振り返るための記念式典だったというわけ。当時と同じく6日までイベントは続いた。現地の様子は、下の「Visit London」の動画で確認できる。

Licensed material used with permission by ceebs71, shan.nahs
旅行雑誌のカバーには決して載らないけれど、マストチェックなロンドンスポット!
ロンドン市民でさえほとんどの人はその存在を知らないと思います。自分たちの大切な文化だというのに!
ロンドンにある「Cereal Killer Cafe」は、シリアルをモチーフにしたカフェ。シリアルがトッピングされた可愛いドリンクがたくさん!
セント・ポール大聖堂を、ロンドンの一般的な道に再現しようというプロジェクト「LUCIDA BASILICA」の紹介。
Bella Foxwellさんのアカウント「The Doors of London」には、ロンドンにある「ドア」の写真が投稿されています。
友人がロンドンでルームシェア先を探していた時、とんでもない条件を突きつけられたと言う@rxdaznさん(Twitterのアカウント名)。募集した人からのメ...
ロンドンの企業「BeRightBack(brb)」が、旅のサプスクリプションサービスを展開しています。199ポンド(約2万9000円)を払えば、ロンドンか...
ロンドンの建築デザイン事務所が、超高層ビル「The Tulip(チューリップ)」のプロジェクトを発表。通称「ガーキン」の隣に建設され、新たな観光名所になる...
大気汚染対策のためロンドン市内に設けられた超低排出ゾーン(ULEZ)。これにより注目されているのが「Bikes for Business」。ロンドン交通局...
ロンドンで最先端のクリエイターが集る場所と聞けば、多くの人はソーホーを思い浮かべるかもしれません。でも、僕ならサウス・ロンドンの郊外にあるペッカムを推します。
ここで紹介するのは、シティ・オブ・ロンドンの近くにあるブティックホテル「Cuckooz」にある、子宮みたいなカタチをしたベッドルームです。
ロンドンの人気レストラン「Bourne& Hollingsworth Garden Room」に、今年3月新しくバーがオープン。店内に所狭しと置かれている...
ロンドンに建設予定の型破りなインフィニティプール「Infinity London」が話題になっています。特筆すべきはそのロケーション。200m以上もの高さ...
ロンドンの5つ星ホテルThe Ned。その地下にあるバーのお話。
ロンドンで20年間もフィッシュ&チップスを提供してきたレストラン「Sutton and Sons」は、ヴィーガンフードの需要が増えてきたことをいち早く察知...
醸造所が併設されているロンドンのパブ「Long Arm Pub & Brewery」。ここではMillennial Stoutと名付けられたアボカドビール...
国が違えば宗教も違う、そうなると食べるものだって当然違いが出るものです。では、ロンドンに暮らす人たちの食事情はどんなもの?
インペリアル・カレッジ・ロンドンとスタートアップ企業の「Arborea」がタッグを組み、大気汚染の軽減に一役買うと期待される「BioSolar Leaf」...
このマップは、ロンドン各地にゆかりのあるバンドの名前や曲名、歌詞で表現。ミュージシャンの生まれた場所や暮らしていた場所を知れるだけでなく、レコーディングス...
忙しい大人たちに少しでも「読書の時間」をつくってもらおうと、粋なディスペンサーがロンドンに設置されました。ボタンを押すと短編小説が書かれた紙が出てくるとい...