ロンドンで発生した大火事に感嘆する人々。一体なぜ!?

現地時間で9月2日。炎が立ち上るロンドン・テムズ川周辺の様子を撮影した画像や動画がSNSに溢れた。

5cb08b86f7b6527fdf7f99a92787b4b05516a5a02facb126e669565b46ba25558d8574b58465b1d6

投稿内容をいくつか見てみよう。

「ロンドンが燃える姿を眺めている」。
「範囲はどれくらいだったのかなあ」。
「綺麗だね〜」。

なんて悠長な…。と思いきや、この大火事には理由があった。

350年前の歴史を振り返る、
記念式典だった!

この日行われた「London 1666」は、アーティストのDavid Bestによるもの。「ロンドン大火」から350周年を祝い、17世紀当時の街並みを再現した。

The Great Fire Of London」によれば、火事が起きたのは1666年9月2日の1時。パン屋のかまどから燃え上がった火の粉が広がり、4日間街を燃やし続けた。結果、40万人もの人々が暮らしていたロンドンで、10万人が家を失うことに。死傷者の数はいくつか報告されているが、はっきりとはわかっていない。

木造建築がほとんどだった当時、こうして街が焼失するのは初めてではなかった。後にロンドンの火災対策は進歩を遂げ、木造建築の禁止や、世界初の火災保険が生まれるに至った。

これは、その歴史を振り返るための記念式典だったというわけ。当時と同じく6日までイベントは続いた。現地の様子は、下の「Visit London」の動画で確認できる。

Licensed material used with permission by ceebs71, shan.nahs
国が違えば宗教も違う、そうなると食べるものだって当然違いが出るものです。では、ロンドンに暮らす人たちの食事情はどんなもの?
ロンドンのストリートライフを中心に撮影するEdo Zolloは、夜もふける頃にだけ感じることができる“邪悪なロンドン”を写し出す。彼いわく、深夜だけに聞こ...
ロンドン市内に、新しいコンセプトのレンタカーが登場しました。なにが新しいって、これ観光専用なんです。もちろんレンタカーだから自分で運転だってできます。けど...
2月中旬、ロンドンの中心へ、はるばる福島県からやってきた日本人がいた。
「wemo Ⅱ」は、携帯ケース型のメモ。必要なことを裏にすぐ書き留めておくことができます。ボールペンで書いても消しゴムで消して何度でも使えるから大丈夫!
養蜂家でありDJでもあるBioni Sampは、シンセサイザーを駆使しながらユニークな音楽制作を行っています。
クイーンズ・パーク・レンジャーズFC(通称QPR)のホームスタジアムがロンドン西部にある「ロフタス・ロード」。
セント・ポール大聖堂を、ロンドンの一般的な道に再現しようというプロジェクト「LUCIDA BASILICA」の紹介。
今年9月に行われたロンドンファッションウィークに先駆けてロンドンの中心街ゲリラ的に行われたファッションショーがありました。主催は下着ブランド「Bluebe...
誰だってその国の首都のことは、知っているつもりになるものですよね。特にそこに住んでいれば尚のこと。たとえばロンドン。ウェストミンスター、バッキンガム宮殿、...
れっきとした世界三大料理のひとつトルコ料理です。
フォトグラファーIwona Pinkowiczさんのプロジェクト「Chasing Dreams」は、ロンドンの街角で知り合った人々の夢を伝えるもの。そこに...
絵を売りながら旅をしていたMaxwell Tileseさん。イギリスへ行った時に、ロンドン市内にあった歴史あるパブに魅せられ、パブの絵を描いた。ロンドンへ...
長期休暇でせっかく海外へ行くなら、できるだけ多くの街を巡りたい。そんな旅が好みの人に、とっておきの記事を紹介しよう。「Central London Apa...
6月11日にシティ・オブ・ロンドンは、同地区で必要とされる電力を2018年10月までに全て再生可能エネルギーで賄うと宣言しました。
ロンドンのウエスト・エンドに位置するバードストリート。ここに、「歩いて発電する道路」が設置されています。
デザートカフェ「MILK TRAIN」の昨年の夏から販売しているスイーツが、ロンドンで爆発的な人気を呼んでいる。綿あめ×ソフトクリームという、「天国」を連...
「麦茶」と「ベーコン」という、意外な組み合わせに驚くでしょうが、その味も驚きです。
ロンドンでは、2月21日から、シャチのフォルムをした乗り物を体験できるアクティビティーが始まるそうです。水上では最大時速100kmで、水中では60km/h...
何気ない街の風景を切り取ったデザインが、なんだか愛おしい。
ロンドン・ヒースロー空港での食事。制限区域内にある『キャビア ハウス アンド プルニエ シーフード バー』は「イギリスだから料理が不味い」の概念を覆します。
ロンドンの中心地。テムズ川沿いのナイン・エルムズ上空に世界初となるガラス製の透明なプールが建設されるそうだ。25mプールが2棟の高級マンションの屋上を結ぶ...
パリとロンドン。電車でわずか2時間半ほどの距離にある2都市の間には、言語以外にもさまざまな違いがある。そう主張するのは、パリを拠点にさまざまな情報を発信す...
イギリスに住む人々の悩みのひとつが、高騰する家賃。顕著なのがロンドン中心部で、1ベッドルームで1,000ポンド(約14.5万円)が平均的な相場のようだ。そ...