広さ1㎡の小さなオフィスで働く、スマホ修理屋さん。

「スペースは充分。快適だよ」と、店主のRob Kerrさん。座っている場所は、使われなくなった赤い電話ボックスの中だ。ロンドンでは、これを建物代わりに活用することが一般的になってきていると言う。

彼のお店「Lovefone」は、そのうちのひとつ。ここでは、iPhone、iPad、Macbookや、Google Nexus、Samsung製品といった、各種デバイスのクイックリペアや無料充電サービスが受けられる。

電話ボックスに、こんにちわ!

F824692efcc491b76a5f21dd6d1acd2d0e082e3cB462b7a393ebb28548f838862f572e35154e0d3132d83c607e685748d6fc9a9a8279c50bdf3ce3fd

修理は30分ほどで済むそうだ。雨の日は不便そう…なんてのは余計なお世話かもしれないけれど、本人いわく、扉を締めたり専用のキャノピーをつけたりするだけで、問題なく仕事ができるので心配ご無用とのこと。

ロンドン内に35箇所まで増設する目標を掲げており、体格が大きい人や、閉所恐怖症の技術者を雇えないところが悩みどころだそうだ。求人の募集要項は、この3つ。

・テクノロジーに熱いパッションを持ってる?
・素晴らしいサービスを楽しんで提供できる?
・電話ボックスの中にフィットする?

古くなった電話ボックスをリユースでき、地元の人々からの評判は上々。旅行者にとっても嬉しい駆け込み寺になるかもしれない。

Licensed material used with permission by The Lovefone Company
必要最低限の機能しかないスマホがクラウドファンディング中です。電話、メッセージ、ナビゲーション、アラーム。これ以上ないくらいシンプルな佇まいで週末に使える...
「Shell」はワンタッチでスマートウォッチからスマホに変形する特徴があります。2本のウィングが飛び出したら、通話の準備完了だそうです。
カレがなかなかスマホを触らせてくれないとなると、注意を払いたいところ。「Elite Daily」のElana Rubinさん曰く、触らせてくれない以外にも...
中国でキャッシュレス化がどんどん進んでいるっていうのはよく耳にする話。で、他の国はどうなんだろう?と思って、いろいろ調べているうちに、意外な国が目に留まり...
外国人シェフ最少年の28歳でミシュランガイドの星を獲得した料理人・松嶋啓介。現在、ニースと東京・原宿に『KEISUKE MATSUSHIMA』を構える、オ...
今やスマートフォンをはじめとするモバイルデバイスの所有率は、1人1台と言っていいほどにまで普及している。そんな中、イギリスの研究機関「The London...
電話ボックス…、ではありません。ここはポップアップのサラダ屋さんなんです。ロンドン中心部にある、大英博物館から約100メートルほどに位置する公園、ブルーム...
この記事を読もうとするときに、頭を下に向けて読んでいたら、あなたはスマホ首になっているかもしれません。MuscleWatching高稲トレーナーが紹介する...
「スマホ de チェキ」は、時間がかからない上に、鮮明に写るところが◎。海外でも話題になっています。スマホのカメラ機能って優秀なのに、画像データを現像する...
2014年に中国ではじめてリリースされた『Forest』は、スマホ依存症になることを防ぐためにつくられたアプリ。App Storeのランキングで1位になっ...
浜松出張の夜。餃子やうなぎの定番から一歩抜け出したい人に足を運んでほしいところがあります。静岡・浜松駅から徒歩10分ほどの田町にある「OCTAGON BR...
デザイナーKlemens Schillingerさんが制作したのは、スマホ中毒リハビリ用アイテム。これを使えば、スマホをいじっているときの動作ができるそうです。
今や北京では、スーパーやショッピングモール、レストラン、カフェはもちろん、生花市場の中ですら、スマホ決済ができます。なかでも中華SNSアプリ『WeChat...
たった1日。スマホを触らずにいるとどうなるのか。ライターのBlair Thillが具体的に自身の体験を記録しました。内容は、電池切れになったときに起きるよ...
スマホを使ったことがある人なら、一度は落下させたことがあるはず。バンカーリングとかも流行ったけど、見た目が、ちょっとヤボったいし、スタイリッシュじゃない。...
〈OUTDOOR TECH.(アウトドアテック)〉のポータブルバッテリー「KODIAK MINI 2.0」です。容量は2,600mAh。スマホで約1.5回...
特徴は、スマホの背面に貼るシールタイプというところ。これまでのスマホスタンドは、専用の台に置いて使う式かバンガーリングで支える式のモノだったので、新しいデ...
コミュニケーションがデジタル化している現代から、ホログラフィーでさえも触れるようになる未来へ。「人間の身体にはどんな意味が見出され、どのように変わっていく...
通信機能がついており、スマホとの距離が一定を超えるとアラートを送信してくれる。そんな「財布」が話題です。いつもうっかりモノを置き忘れちゃうあなたにとっては...
自撮りならカメラよりスマホが簡単。でもスマホだと、性能にはどうしても限界がありますよね。そんな欲張りなひとたちに、朗報です。この悩みを見事に解決した新アイ...
いったい、この現象を誰が説明できるだろうか?スマホの着信音が鳴った瞬間、それまで縦横無尽にせわしなく動いていたアリたちが、一糸乱れぬ動きでスマホの周りを回...
海外を旅行するとき、盗難には注意が必要。たとえばスマホを無防備にポケットに入れていては、スルッと盗られてしまう可能性大です。この「C-Safe™ Pock...
この望遠鏡を使って実際に月を撮影した映像がコチラ。「スマホ天体望遠鏡PANDA」というカワイイ名前からは想像が付かない性能の高さが話題のようです。組み立て...
ゲームやアプリケーションにおいて、拡張現実(AR)の可能性は広がりつつあります。これもまた、AR体験があってこそ生まれた便利ツール。スマホのカメラ機能を利...