「お客さまのスマホ、預かります」。ロンドンにそんなカフェがあるんです

イギリス・ロンドンのカフェ、ティーテラスは「Phonetentiary(フォーンテンシアリィ)」という一風変わったサービスを行なっています。

それは「ティータイム中にスマートフォンを一時的に預かってもらうこと」。もちろんそこには、カフェならではの狙いがあります。

スマホは、鍵つきのケースへ

Image by Culture Trip

スマートフォンのための刑務所、という意味の「フォーンテンシアリィ」は、ティータイムの前に、スマートフォンを鍵つきの本の形をしたケースへしまい、目の前の人との会話をもっと楽しんでもらおうというもの。

鍵の番号を知っているのは、カフェのスタッフのみ。もちろん他のお客さんが鍵を開けるのは不可能。そして、ティータイムが終わればスマートフォンは持ち主の元へ返却されます。

昔のように
会話を楽しむ場であってほしい

Image by Culture Trip

昔から、アフタヌーンティーといえば、ウワサ話なども交えながら会話を楽しむ場とされてきました。しかし、ティーテラスのオーナーによれば、現在は家族で来店しても子どもたちはずっとスマホに夢中だったり、友人と来店しても一方がSNSへの投稿に夢中だったりと、ティータイム本来の目的を果たせていない光景を、頻繁に目の当たりにするようになったといいます。

そこで始めたのが、このサービス。鍵をかけるという、半ば強制的にスマートフォンから離れることで、ティーテラスを訪れるお客さんは、また昔のように会話を楽しむようになってきたそうです。

「平和な午後のひととき」が
お気に入り

お客さんからの評判も上々。

「とても素晴らしいアイデアだと思うよ。上質な時間を過ごすことができたし、スマートフォンに邪魔されず、心から会話を楽しむことができた。感謝したいくらいだよ」

多くの人が「平和な午後のひとときを過ごそう」というコンセプトを気に入ってくれているそう。

家でもやってみる?

ティーテラスでは、鍵つきケースの販売もしているそう。「家でも一時的にスマートフォンなしで家族との特別な時間を過ごしてほしい」というオーナーさんの気持ちが、こういったところにも表れていますね。

Licensed material used with permission by The culturetrip
ロンドンにある「Cereal Killer Cafe」は、シリアルをモチーフにしたカフェ。シリアルがトッピングされた可愛いドリンクがたくさん!
ロンドン市民でさえほとんどの人はその存在を知らないと思います。自分たちの大切な文化だというのに!
旅行雑誌のカバーには決して載らないけれど、マストチェックなロンドンスポット!
ロンドンで最先端のクリエイターが集る場所と聞けば、多くの人はソーホーを思い浮かべるかもしれません。でも、僕ならサウス・ロンドンの郊外にあるペッカムを推します。
2019年になって早々、話題になったある男の話。彼女にプロポーズしたにも関わらず、指輪を返して欲しい、婚約を破棄したいなどとネットでぼやいたことで炎上した...
3Dメイクを手がけることで有名なイタリアのメイクアップアーティストLuca Luceさん。以前は自分の手のひらにモノを描くことで注目されていたのですが、現...
友人がロンドンでルームシェア先を探していた時、とんでもない条件を突きつけられたと言う@rxdaznさん(ツイッターのアカウント名)。募集した人からのメール...
オシャレなカフェが立ち並ぶ街、台北。でも、実際どこに行けばいいのかわからないもの。今日は最近、台北で人気の“ドライフラワーカフェ”をご紹介。ガイドブックと...
ロンドンの企業「BeRightBack(brb)」が、旅のサプスクリプションサービスを展開しています。199ポンド(約2万9000円)を払えば、ロンドンか...
11月22日、『ラルフローレン(Ralph Lauren)』が表参道のフラッグシップに、カフェ『ラルフズ コーヒー(Ralph’s Coffee)』をオー...
シチリア島にある数十件の家が売りに出されています。しかも、たったの約1ユーロ。ただ、自ら家を改装する必要があるなど条件はあるようで。特にヨーロッパ圏内の外...
必要最低限の機能しかないスマホがクラウドファンディング中です。電話、メッセージ、ナビゲーション、アラーム。これ以上ないくらいシンプルな佇まいで週末に使える...
セント・ポール大聖堂を、ロンドンの一般的な道に再現しようというプロジェクト「LUCIDA BASILICA」の紹介。
ソウルにある「Blind Alley」は、本物のアライグマがいるカフェ。お客さんの近くをウロチョロして、愛嬌を振りまきます。疲れが吹き飛ぶこと間違いなし。
ロンドンのメーカー「FYB」のハンドバッグは、あちこちを忙しく飛び回る女性のセキュリティ問題を、しっかりとサポートするためにつくられた製品です。
ロンドンの建築デザイン事務所が、超高層ビル「The Tulip(チューリップ)」のプロジェクトを発表。通称「ガーキン」の隣に建設され、新たな観光名所になる...
18年間愛される黒いチーズケーキが名物外苑前でワインとスイーツを楽しめるカフェesola the lab〒107-0062 東京都港区南青山3丁目3-21...
デザートカフェ「MILK TRAIN」の昨年の夏から販売しているスイーツが、ロンドンで爆発的な人気を呼んでいる。綿あめ×ソフトクリームという、「天国」を連...
お客さんも店主も楽しみながら“試せる”リアル空間「BPM」。その魅力について、カフェオーナー第一号のバリスタ窪田秀平さんにインタビュー!新しいことに挑戦す...
ロンドンのウエスト・エンドに位置するバードストリート。ここに、「歩いて発電する道路」が設置されています。
今やスマートフォンをはじめとするモバイルデバイスの所有率は、1人1台と言っていいほどにまで普及している。そんな中、イギリスの研究機関「The London...
このマップは、ロンドン各地にゆかりのあるバンドの名前や曲名、歌詞で表現。ミュージシャンの生まれた場所や暮らしていた場所を知れるだけでなく、レコーディングス...
ロンドン・ヒースロー空港での食事。制限区域内にある『キャビア ハウス アンド プルニエ シーフード バー』は「イギリスだから料理が不味い」の概念を覆します。
ロンドンを拠点に活動するフォトグラファー、Alex Bartschさんのプロジェクト。写真集には40ヶ所以上の「聖地」が収録されている。