「お客さまのスマホ、預かります」。ロンドンにそんなカフェがあるんです

イギリス・ロンドンのカフェ、ティーテラスは「Phonetentiary(フォーンテンシアリィ)」という一風変わったサービスを行なっています。

それは「ティータイム中にスマートフォンを一時的に預かってもらうこと」。もちろんそこには、カフェならではの狙いがあります。

スマホは、鍵つきのケースへ

Image by Culture Trip

スマートフォンのための刑務所、という意味の「フォーンテンシアリィ」は、ティータイムの前に、スマートフォンを鍵つきの本の形をしたケースへしまい、目の前の人との会話をもっと楽しんでもらおうというもの。

鍵の番号を知っているのは、カフェのスタッフのみ。もちろん他のお客さんが鍵を開けるのは不可能。そして、ティータイムが終わればスマートフォンは持ち主の元へ返却されます。

昔のように
会話を楽しむ場であってほしい

Image by Culture Trip

昔から、アフタヌーンティーといえば、ウワサ話なども交えながら会話を楽しむ場とされてきました。しかし、ティーテラスのオーナーによれば、現在は家族で来店しても子どもたちはずっとスマホに夢中だったり、友人と来店しても一方がSNSへの投稿に夢中だったりと、ティータイム本来の目的を果たせていない光景を、頻繁に目の当たりにするようになったといいます。

そこで始めたのが、このサービス。鍵をかけるという、半ば強制的にスマートフォンから離れることで、ティーテラスを訪れるお客さんは、また昔のように会話を楽しむようになってきたそうです。

「平和な午後のひととき」が
お気に入り

お客さんからの評判も上々。

「とても素晴らしいアイデアだと思うよ。上質な時間を過ごすことができたし、スマートフォンに邪魔されず、心から会話を楽しむことができた。感謝したいくらいだよ」

多くの人が「平和な午後のひとときを過ごそう」というコンセプトを気に入ってくれているそう。

家でもやってみる?

ティーテラスでは、鍵つきケースの販売もしているそう。「家でも一時的にスマートフォンなしで家族との特別な時間を過ごしてほしい」というオーナーさんの気持ちが、こういったところにも表れていますね。

Licensed material used with permission by The culturetrip
ロンドンにある「Cereal Killer Cafe」は、シリアルをモチーフにしたカフェ。シリアルがトッピングされた可愛いドリンクがたくさん!
ロンドン市民でさえほとんどの人はその存在を知らないと思います。自分たちの大切な文化だというのに!
旅行雑誌のカバーには決して載らないけれど、マストチェックなロンドンスポット!
ロンドンで最先端のクリエイターが集る場所と聞けば、多くの人はソーホーを思い浮かべるかもしれません。でも、僕ならサウス・ロンドンの郊外にあるペッカムを推します。
友人がロンドンでルームシェア先を探していた時、とんでもない条件を突きつけられたと言う@rxdaznさん(Twitterのアカウント名)。募集した人からのメ...
オシャレなカフェが立ち並ぶ街、台北。でも、実際どこに行けばいいのかわからないもの。今日は最近、台北で人気の“ドライフラワーカフェ”をご紹介。ガイドブックと...
Bella Foxwellさんのアカウント「The Doors of London」には、ロンドンにある「ドア」の写真が投稿されています。
ロンドンの企業「BeRightBack(brb)」が、旅のサプスクリプションサービスを展開しています。199ポンド(約2万9000円)を払えば、ロンドンか...
11月22日、『ラルフローレン(Ralph Lauren)』が表参道のフラッグシップに、カフェ『ラルフズ コーヒー(Ralph’s Coffee)』をオー...
ソウルにある「Blind Alley」は、本物のアライグマがいるカフェ。お客さんの近くをウロチョロして、愛嬌を振りまきます。疲れが吹き飛ぶこと間違いなし。
インペリアル・カレッジ・ロンドンとスタートアップ企業の「Arborea」がタッグを組み、大気汚染の軽減に一役買うと期待される「BioSolar Leaf」...
ロンドンの人気レストラン「Bourne& Hollingsworth Garden Room」に、今年3月新しくバーがオープン。店内に所狭しと置かれている...
必要最低限の機能しかないスマホがクラウドファンディング中です。電話、メッセージ、ナビゲーション、アラーム。これ以上ないくらいシンプルな佇まいで週末に使える...
大気汚染対策のためロンドン市内に設けられた超低排出ゾーン(ULEZ)。これにより注目されているのが「Bikes for Business」。ロンドン交通局...
セント・ポール大聖堂を、ロンドンの一般的な道に再現しようというプロジェクト「LUCIDA BASILICA」の紹介。
イギリスのインペリアル・カレッジ・ロンドンが、スマホをかざすと食べ物が腐っているかがわかるセンサーを開発中だと発表。これまでにも似たようなセンサーは開発さ...
6月11日〜14日の期間限定でしたが、ロンドンにちょっと変わったレストラン「Hands Off!」が誕生。ウェイターが食べ物を口に運んでくれるんです。
ここで紹介するのは、シティ・オブ・ロンドンの近くにあるブティックホテル「Cuckooz」にある、子宮みたいなカタチをしたベッドルームです。
ロンドンに建設予定の型破りなインフィニティプール「Infinity London」が話題になっています。特筆すべきはそのロケーション。200m以上もの高さ...
忙しい大人たちに少しでも「読書の時間」をつくってもらおうと、粋なディスペンサーがロンドンに設置されました。ボタンを押すと短編小説が書かれた紙が出てくるとい...