ロンドンの「子宮」みたいなベッドルーム

ここで紹介するのは、シティ・オブ・ロンドンの近くにあるブティックホテル「Cuckooz」の一室。

「The Zed Rooms」と呼ばれていて、キャッチコピーは「赤ちゃんみたいに寝よう」です。お母さんのお腹の中にいる感覚で“おやすみ”しましょう、ということでしょうか。

ベッドルームにもわざわざ名前がつけられていて、こちらは「Woom Room」。子宮を意味する「womb」という言葉と、発音が全く一緒です。

そして、肌色のような柔らかいピンクのような配色。子宮の様子……というか、母胎回帰したような寝場所を表現しているのでしょう。

「Cuckooz」のWEBサイトからは確証を得られません。でも、モチーフはそれとしか考えられません。

お値段は1泊190ポンド(約2万7000円)から。肝心の寝心地は包まれている感覚になれて、安心して眠れそうです。

©2018 Billy Bolton/Cuckooz
Top image: © 2018 Billy Bolton/Cuckooz.
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
ロンドン市民でさえほとんどの人はその存在を知らないと思います。自分たちの大切な文化だというのに!
旅行雑誌のカバーには決して載らないけれど、マストチェックなロンドンスポット!
ロンドンの建築デザイン事務所が、超高層ビル「The Tulip(チューリップ)」のプロジェクトを発表。通称「ガーキン」の隣に建設され、新たな観光名所になる...
ロンドンの5つ星ホテルThe Ned。その地下にあるバーのお話。
会社に行きたくない、彼氏や上司とケンカしてイライラ等、「ミレニアルズ」のお悩みを漢方で解決!世代を越え、漢方を広めている神奈川県鎌倉にある「杉本薬局」の三...