このためにロンドンに行ってもいい「金庫を改装したバーラウンジ」

仕事柄、いろいろなホテルに宿泊する機会があります。なかでも、ここ数年でダントツのインパクトを受けたのがThe Nedです。ロンドンのシティエリアに位置する5つ星ホテル。ご縁があって滞在することができたのですが、とにかくカッコイイの一言。

「元銀行の建物を改装している」とか「客室のインテリアがヴィンテージ」とか、ポイントは多々ありますが(ちなみに歯磨き粉はMARVISでした)、なんといってもバーラウンジが圧巻!

こんな空間は他にはない、と自信を持ってオススメします。

ここで一杯やるためにロンドンを訪れていい。

© thenedlondon/Instagram

上の写真が、件の『The Vault Bar&Lounge』のエントランス。

扉からして只事じゃない。それもそのはず、実際に使われていた金庫をそのまま活用しているんです。なので、ホテルのバーなのに最上階ではなく地下にある。元銀行ならでは、です。

こんなの映画でしか観たことない……と思っていたら、どうやら007シリーズの撮影で実際に使われたそうで。

View this post on Instagram

This way to the lock-in 🗝 #TheNed #TheVault

The Nedさん(@thenedlondon)がシェアした投稿 -

© thenedlondon/Instagram

こちらが中の様子。

ちなみにホテルのバーラウンジって、基本的にはリラックスして楽しむ場だと思うんですが、ここはあんまりくつろげませんでした(笑)。

だって、当然ですが営業中はこんなに明るくないんですよ!

いや、ただ暗いだけなら何も珍しくないんですが、なんせここは銀行の金庫。薄暗い金庫の中って相当イカついです。ギラギラしたシルバーの壁とか怖い……。

とはいえ、高級感とは別の次元で緊張感のあるバーでの一杯は貴重なエクスペリエンス。自分のような庶民としては、テーマパークのアトラクションのような感じで楽しかったです。

そうそう、こんなにもイケてる店内は写真を撮りたくなるに決まってるんですが、当然ながらNGです。

© thenedlondon/Instagram

この金庫バー『The Vault Bar&Lounge』は、The Nedの宿泊者およびNed's Clubの会員のみが利用可能。

宿泊費は時期にもよりますが、最低5万円からといったところ。そこはロンドンを代表する5つ星ホテル、仕方ありません。でも、このバーに入れるなら奮発する価値はあると思います。

ちなみに、宿泊者でなくともこの扉の前までは行けます。

Top image: © Willy Barton / Shutterstock.com
ロンドン・ヒースロー空港での食事。制限区域内にある『キャビア ハウス アンド プルニエ シーフード バー』は「イギリスだから料理が不味い」の概念を覆します。
絵を売りながら旅をしていたMaxwell Tileseさん。イギリスへ行った時に、ロンドン市内にあった歴史あるパブに魅せられ、パブの絵を描いた。ロンドンへ...
旅行雑誌のカバーには決して載らないけれど、マストチェックなロンドンスポット!
長期休暇でせっかく海外へ行くなら、できるだけ多くの街を巡りたい。そんな旅が好みの人に、とっておきの記事を紹介しよう。「Central London Apa...
アフリカにある自転車式洗濯機。元は、当時大学生だった男性が卒業制作でつくったものだった!
平成の終わりとともに迎えた、平成ポップカルチャーを支えた5人の解散。「終わり」というものを、きっといろんな人が、様々なかたちで意識した。
クイーンズ・パーク・レンジャーズFC(通称QPR)のホームスタジアムがロンドン西部にある「ロフタス・ロード」。
ロンドン市内に、新しいコンセプトのレンタカーが登場しました。なにが新しいって、これ観光専用なんです。もちろんレンタカーだから自分で運転だってできます。けど...
ロンドンを拠点に活動するフォトグラファー、Alex Bartschさんのプロジェクト。写真集には40ヶ所以上の「聖地」が収録されている。
ロンドンにある「Cereal Killer Cafe」は、シリアルをモチーフにしたカフェ。シリアルがトッピングされた可愛いドリンクがたくさん!
色合いやレイアウトは美味しいミルクシェイクが楽しめそうなレストラン。映画で観たことがあるような“アメリカ”!
セント・ポール大聖堂を、ロンドンの一般的な道に再現しようというプロジェクト「LUCIDA BASILICA」の紹介。
国が違えば宗教も違う、そうなると食べるものだって当然違いが出るものです。では、ロンドンに暮らす人たちの食事情はどんなもの?
2013年に稼働終了した「Shepton Mallet Prison」。最近になり、重い扉がまた開かれた。17世紀に建てられたこの古い刑務所では、現在ゴー...
ロンドンのウエスト・エンドに位置するバードストリート。ここに、「歩いて発電する道路」が設置されています。
カバのマークに、ころんとしたフォルムのカバ型カラメルソースの容器……。静岡・熱海の小さなプリン専門店で作られる「熱海プリン」がかわいいです。
誰も踏み入れていない地をあえて散策することに、意味があると思うんです。だから春休みにどこに行こうか迷っているのなら、みんなが選ばない都会や文化をあえて探っ...
2月中旬、ロンドンの中心へ、はるばる福島県からやってきた日本人がいた。
ロンドンのストリートライフを中心に撮影するEdo Zolloは、夜もふける頃にだけ感じることができる“邪悪なロンドン”を写し出す。彼いわく、深夜だけに聞こ...
欧州連合を抜けようと抜けまいと、この王国は、今日も一連帯。これから先のことはまったくわからない状態ですが、ロンドンは相変わらず世界屈指の高級ホテルに溢れ、...
今年9月に行われたロンドンファッションウィークに先駆けてロンドンの中心街ゲリラ的に行われたファッションショーがありました。主催は下着ブランド「Bluebe...
「Mandem Safe」はAdidasとNikeの箱に収まるようにデザインされた金庫です。
一人で行くならあまりこだわらないけれど、ふたりで行くなら宿泊先は重要。スウェーデン北部のJukkasjärviにある「ICEHOTEL」は、そのすべてが雪...
6月11日にシティ・オブ・ロンドンは、同地区で必要とされる電力を2018年10月までに全て再生可能エネルギーで賄うと宣言しました。