このためにロンドンに行ってもいい「金庫を改装したバーラウンジ」

仕事柄、いろいろなホテルに宿泊する機会があります。なかでも、ここ数年でダントツのインパクトを受けたのがThe Nedです。ロンドンのシティエリアに位置する5つ星ホテル。ご縁があって滞在することができたのですが、とにかくカッコイイの一言。

「元銀行の建物を改装している」とか「客室のインテリアがヴィンテージ」とか、ポイントは多々ありますが(ちなみにトゥースペーストはMARVISでした)、なんといってもバーラウンジが圧巻!

こんな空間は他にはない、と自信を持ってオススメします。

ここで一杯やるためにロンドンを訪れていい。

© thenedlondon/Instagram

上の写真が、件の『The Vault Bar&Lounge』のエントランス。

扉からして只事じゃない。それもそのはず、実際に使われていた金庫をそのまま活用しているんです。なので、ホテルのバーなのに最上階ではなく地下にある。元銀行ならでは、です。

こんなの映画でしか観たことない……と思っていたら、どうやら007シリーズの撮影で実際に使われたそうで。

© thenedlondon/Instagram

こちらが中の様子。

ちなみにホテルのバーラウンジって、基本的にはリラックスして楽しむ場だと思うんですが、ここはあんまりくつろげませんでした(笑)。

だって、当然ですが営業中はこんなに明るくないんですよ!

いや、ただ暗いだけなら何も珍しくないんですが、なんせここは銀行の金庫。薄暗い金庫の中って相当イカついです。ギラギラしたシルバーの壁とか怖い……。

とはいえ、高級感とは別の次元で緊張感のあるバーでの一杯は貴重なエクスペリエンス。自分のような庶民としては、テーマパークのアトラクションのような感じで楽しかったです。

そうそう、こんなにもイケてる店内は写真を撮りたくなるに決まってるんですが、当然ながらNGです。

© thenedlondon/Instagram

この金庫バー『The Vault Bar&Lounge』は、The Nedの宿泊者およびNed's Clubの会員のみが利用可能。

宿泊費は時期にもよりますが、最低5万円からといったところ。そこはロンドンを代表する5つ星ホテル、仕方ありません。でも、このバーに入れるなら奮発する価値はあると思います。

ちなみに、宿泊者でなくともこの扉の前までは行けます。

Top image: © Willy Barton / Shutterstock.com
ロンドンの人気レストラン「Bourne& Hollingsworth Garden Room」に、今年3月新しくバーがオープン。店内に所狭しと置かれている...
ロンドン・ヒースロー空港での食事。制限区域内にある『キャビア ハウス アンド プルニエ シーフード バー』は「イギリスだから料理が不味い」の概念を覆します。
旅行雑誌のカバーには決して載らないけれど、マストチェックなロンドンスポット!
ロンドン市民でさえほとんどの人はその存在を知らないと思います。自分たちの大切な文化だというのに!
「Nike」の「JORDAN BRAND」をパートナーに、「Dior」が手がける今回の「Air Diorコレクション」。パーカーやMA-1といった定番のス...