ロンドンに行ったら、美味しい食べ物は空港内にあった

旅行好きは「イギリス料理は不味い」なんて噂や言葉を聞いたことあるのではないでしょうか?
残念ながら、嘘か真か長年そう言われ続けてるのは事実です。
なので、西ヨーロッパのハブ空港である、ロンドン・ヒースロー空港を利用する機会は数あれど、「イギリスだから」を理由に食事に期待しないという人も多いはず。

ですが、ヒースロー空港の制限区域内にある「キャビア ハウス アンド プルニエ シーフード バー」は、そんな噂を吹き飛ばします。

「イギリス料理は不味い」って言ったの誰?
空港のスモークサーモンが美味過ぎなんだけど

© charliepaw/instagram

お店の構えもカウンター席のみのシーフードバーでメニューも豊富。

提供されているキャビアは絶品ですし(ただし、100ポンド以上!)、空港内なのにプリッとした生牡蠣だって食べられたりします。
次のフライトの機内食を待つより、空港でこんな贅沢な食事を済ませておくほうがよっぽど高い満足度。 

© ievazeltina/instagram
© iqrthomas/instagram

で、この店にきたらやっぱりお目当はスモークサーモン
きざんだチャイブをふりかけ、レモンを絞っていただくイギリス伝統スタイル。
このスモークサーモンだけは、イギリスの食事はダメって言われ続けた時代でも美味しいと評判を得ていました。
しかも、メニューの中で一番安く、大人ふたりでも十分なくらいの量もあります。

合わせる飲み物は、パブ文化が発展したイギリスらしいビールもいいですし、シャルドネなどの白ワインもいい。

© donnalreeves/instagram
© narimanmakeup/instagram

お店のあるエリアもそうですし、空港全体はガラス窓で光が入りやすい綺麗なデザイン。
世界各国の飛行機がこれでもかと集まるヒースローなら、席からゆったりとたくさんの飛行機を眺めながら、何杯もいけちゃいそうです。

絶品サーモンを堪能しながら世界の交わりを眺める旅のひと時。この「トランジット飯」だから過ごせる贅沢。
ついつい長居して、乗り遅れにも注意ですよ。ヒースローは搭乗口まで遠い巨大空港ですから。

「Caviar House & Prunier Seafood Bar」

所在地:イギリス/ロンドン/ヒースロー空港

©Alexandre Rotenberg / Shutterstock.com
とにかく人が多いアジア最大クラスサイズの香港国際空港。ちょっと歩けばゆったり過ごせる「鏞記酒家」にて、名物「ローストグース(ガチョウのロースト)」を食します。
ドイツ・ミュンヘン空港内にある醸造所兼レンストラン「Airbräu(エアブロイ)」。都市の玄関口である空港に醸造所があるのは、世界でもミュンヘンだけのようです。
マレーシアにあるアジア最大のハブ空港、クアラルンプール国際空港で食べるのは、南ア生まれのチキン料理、辛いけど絶品な「Nando’s(ナンドーズ)」のペリペ...
世界第3位に輝くメキシカンサンドウィッチ=トルタをだすお店『TORTAS Frontera(トルタスフロンテア)』。シカゴのオヘア国際空港でオススメです。
ノルウェーのトロムソにあるロッジ「Volda Floating Home」。1960年代のフェリーを改装していて、中はまるで広々とした家のよう。ゆっくりオ...
世界中の人々(特に男性)から多くの共感を集めるインスタアカウント「miserable_men」。妻や恋人のためにショッピングに付き合う男性たちが待ちぼうけ...
乗り継ぎ時間のケアいらずで、三ツ星シェフの味を堪能できるフェウミチーノ空港の『Attimi By Heinz Beck(アッティミ・バイ・ハインツベック)』。
旅行雑誌のカバーには決して載らないけれど、マストチェックなロンドンスポット!
世界でも3番目に忙しい空港と言われるダラス・フォートワース国際空港。「テキサスきたー!」のイメージ通りな『Cousin's BBQ(カズンズ バーベキュー...
台湾の桃園国際空港を利用するとき、安く賢い旅をするなら、夜市のようなフードコートで食い倒れるのがオススメ! 台湾らしさも感じられます。
去る11月、パリでテディベアが大量発生したというニュースが、世界中を駆け巡ったことをご存知ですか?カフェで休んだり街灯のポールに登ったり……。とにかく可愛...
ロンドン市民でさえほとんどの人はその存在を知らないと思います。自分たちの大切な文化だというのに!
ロンドンで最先端のクリエイターが集る場所と聞けば、多くの人はソーホーを思い浮かべるかもしれません。でも、僕ならサウス・ロンドンの郊外にあるペッカムを推します。
ロンドンの企業「BeRightBack(brb)」が、旅のサプスクリプションサービスを展開しています。199ポンド(約2万9000円)を払えば、ロンドンか...
Wi-Fi、飛んでる?いつしか、そんな言葉が海外旅行へ行ったときの決まり文句になりました。とくに、現地に到着してすぐ、空港でインターネットを使いたい人も多...
バンコクのスワンナプーム国際空港は、混雑具合がえげつない! なので、目指すべきは『Magic Food Point』。ひっそり存在するお得な食堂があります。
みなさんはバスケットボールは好きですか?ロンドンの私が育った地域では、バスケはまったく人気がありませんでした。イギリスではサッカーやラグビー、陸上やボクシ...
7月30日、TSA(米運輸保安庁)が新型のX線スキャン装置をアメリカの40ヶ所の空港に試験導入すると発表しました。
旅行は楽しみだけど、飛行機の待ち時間は、少し憂鬱。そんなときはハイセンスなバーで一杯いかがでしょうか?今回は「oyster.com」にまとめられていた、世...
絵を売りながら旅をしていたMaxwell Tileseさん。イギリスへ行った時に、ロンドン市内にあった歴史あるパブに魅せられ、パブの絵を描いた。ロンドンへ...
ロンドンの建築デザイン事務所が、超高層ビル「The Tulip(チューリップ)」のプロジェクトを発表。通称「ガーキン」の隣に建設され、新たな観光名所になる...
ロンドンの5つ星ホテルThe Ned。その地下にあるバーのお話。
Virgin Holidaysのパッケージツアーを申し込んでいれば、誰でも無料で遊び放題です。
ロンドンにある「Cereal Killer Cafe」は、シリアルをモチーフにしたカフェ。シリアルがトッピングされた可愛いドリンクがたくさん!