10時間でいけるヨーロッパの玄関では「地元名物ソーセージ」を食べる!

近年、フィンランドの首都ヘルシンキと、日本を結ぶ便が増えています。2018年の時点で、日本とヘルシンキを結ぶ路線は週31便。日本人にとってヘルシンキ・ヴァンター国際空港は、10時間ほどで行けてしまう欧州有数の玄関口です。

サウナを満喫や北欧雑貨巡りもよし。ムーミンやサンタクロースの故郷を尋ねる旅だってアリですが、ヨーロッパ各国への乗り継ぎに利用するのも便利!日本から遠くまで飛ぶご機嫌な道中にするには、まず玄関口でのこんなトランジット飯がオススメ。

ガブッと豪快にかぶりつけ!
フィンランド名物のハンドグルメ

ゲート52付近にあるのは『Helsinki Sausage Co.』。地元、ヘルシンキで作られたソーセージを堪能できるお店。皮がしっかり固めで、バリッと弾けると同時に溢れ出てくるのは旨味の凝縮された肉汁!それをキャッチするバンズの旨さにも舌が唸ります。

日本で見慣れているひょろっとしたタイプのソーセージではなく、だいぶ肉厚なのでミートガイにはたまらないでしょう〜。ソーセージとピクルスのみバンズに挟まれた状態で渡され、ソースはお好みでかけ放題。肉そのものの味がしっかりあって、ヨーロッパのソーセージってほんっと美味しいんですよね……。

お値段は、ホットドッグとドリンクのセットで約1100円。この値段、一見高そうに思うかもしれませんが、そのボリュームと味わいに納得できるはず。

ソーセージと言えばドイツのイメージが強いですが、「グリッリ・マッカラ」と呼ばれる大ぶりサイズのソーセージは、ここフィンランドの名物料理。

皮がパツパツになるまでグリルで焼き、熱々のうちにマスタードをかけて頬張る。片手にはキンキンに冷えたビールがフィンランド流。彼らにとって、バーベキューといえば「グリッリ・マッカラ」が定番!寒さが厳しい冬でも、キャンプが気持ちいい新緑の季節でも、幸福な食卓をつくる上では欠かせない存在です。

ドイツ人に負けないくらいソーセージ愛の深い、地元フィンランドで丁寧に作られた肉厚ジューシーなホットドッグ。ビールとセットで召しあがれ!

©Dainis Derics/Shutterstock.com

『Helsinki Sausage Co.』
所在地:フィンランド/ヴァンター国際空港

Top image: © 2019 TABI LABO
他の記事を見る
ここは、カクテルを飲む習慣がない人にこそ行って欲しいお店。恵比寿の名店「Bar TRENCH」です。このお店のメニューには、ジントニックやモヒート、マンハ...
ANAの特別機内食。たまにはこんなスペシャルなミールはいかがでしょう?
外国に行って複数の都市を豪華客船で巡る「海外クルーズ」をオーストラリアでしてきたんですが、思い出としては「ロイヤルな英国旅!?」をしてきたって感じ。
ソウルじゃなくて、釜山でもなくて、第三の都市・大邸(テグ)。ここは甘党向けです。
安くて近くて直行便もでている、韓国・大邱(テグ)。街の屋台をめぐると、手軽で美味なるフードが盛りだくさん。
目度が高まる韓国第三の都市、大邱(テグ)。この街には「麻薬パン」と言う名物があります!
NSX。エンジンをスタートした瞬間に“音”で存在感を表すのがスポーツカーですが、NSXは他と比べて静寂の一言。スーパースポーツの姿でも、静かな様子はスマー...
北部ポモージェ県にある「逆さまハウス」。見るからに上下逆さまになっているその外観はインパクト大。中に設置されている家具は、共産主義時代のもので揃えられてい...
花粉症ラスト・スパートは、これで乗りきりましょう。
空の旅も乗り継ぎ時間をどう過ごすかは永遠の課題。そんなとき空港内のグルメな情報があれば、きっとただの待ち時間から、美味しい時間になるはず。
とにかく人が多いアジア最大クラスサイズの香港国際空港。ちょっと歩けばゆったり過ごせる「鏞記酒家」にて、名物「ローストグース(ガチョウのロースト)」を食します。
世界第3位に輝くメキシカンサンドウィッチ=トルタをだすお店『TORTAS Frontera(トルタスフロンテア)』。シカゴのオヘア国際空港でオススメです。
マレーシアにあるアジア最大のハブ空港、クアラルンプール国際空港で食べるのは、南ア生まれのチキン料理、辛いけど絶品な「Nando’s(ナンドーズ)」のペリペ...
乗り継ぎ時間のケアいらずで、三ツ星シェフの味を堪能できるフェウミチーノ空港の『Attimi By Heinz Beck(アッティミ・バイ・ハインツベック)』。
「ワールドエアポートアワード」で、7年連続1位に選ばれているシンガポール・チャンギ国際空港。東南アジアを結ぶハブ空港でのオススメは『Collin's (コ...
ロンドン・ヒースロー空港での食事。制限区域内にある『キャビア ハウス アンド プルニエ シーフード バー』は「イギリスだから料理が不味い」の概念を覆します。
ドイツ・ミュンヘン空港内にある醸造所兼レンストラン「Airbräu(エアブロイ)」。都市の玄関口である空港に醸造所があるのは、世界でもミュンヘンだけのようです。
台湾の桃園国際空港を利用するとき、安く賢い旅をするなら、夜市のようなフードコートで食い倒れるのがオススメ! 台湾らしさも感じられます。
カナダに暮らすJahmaul Allenさんは、働いているトロント・ピアソン国際空港でちょっとした有名人なんです。そのワケは飛行機を先導するときにダンスを...
バンコクのスワンナプーム国際空港は、混雑具合がえげつない! なので、目指すべきは『Magic Food Point』。ひっそり存在するお得な食堂があります。
世界でも3番目に忙しい空港と言われるダラス・フォートワース国際空港。「テキサスきたー!」のイメージ通りな『Cousin's BBQ(カズンズ バーベキュー...
2018年の「世界空港ランキング」で2位に選ばれた韓国・仁川国際空港。ここでオススメしたいのが、夕方には売り切れ必至な『1964 百味堂(ペンミダン)』の...
世界の空の旅に新たな選択肢をもたらしたローコストキャリア(LCC)の台頭で、格安旅行の醍醐味は増した。コストパフォーマンスを考えれば、機内食の削減も、手荷...
大阪の空の玄関口、伊丹空港―。その滑走路から飛び立とうとする飛行機の写真が、ロマンチックすぎる!と大きな話題に。Twitterでは、絵やCGだと思ったとい...
2009年から提供されている「ツアーイスタンブール」の紹介です。
「シンガポール・チャンギ国際空港」がさらなる進化を果たし、世界一の座を揺るがないものにしようとしています。
2018年12月5日、ヘルシンキ中央駅から徒歩5分という好立地に、新しい図書館「Oodi」がオープンします。ビックリ!するくらいその大きさに圧倒されます。
観光産業が著しく成長しているスリランカですが、国の玄関のほど近くから癒やしのホテルが迎えてくれます。「The Wallawwa」は、バンダラナイケ国際空港...
先日、香港国際空港にできた「The Sanctuary by Pure Yoga」。キャセイパシフィック・ラウンジのひとつ「ザ・ピア」のビジネスクラスラウ...