10時間でいけるヨーロッパの玄関では「地元名物ソーセージ」を食べる!

近年、フィンランドの首都ヘルシンキと、日本を結ぶ便が増えています。2018年の時点で、日本とヘルシンキを結ぶ路線は週31便。日本人にとってヘルシンキ・ヴァンター国際空港は、10時間ほどで行けてしまう欧州有数の玄関口です。

サウナを満喫や北欧雑貨巡りもよし。ムーミンやサンタクロースの故郷を尋ねる旅だってアリですが、ヨーロッパ各国への乗り継ぎに利用するのも便利!日本から遠くまで飛ぶご機嫌な道中にするには、まず玄関口でのこんなトランジット飯がオススメ。

ガブッと豪快にかぶりつけ!
フィンランド名物のハンドグルメ

ゲート52付近にあるのは『Helsinki Sausage Co.』。地元、ヘルシンキで作られたソーセージを堪能できるお店。皮がしっかり固めで、バリッと弾けると同時に溢れ出てくるのは旨味の凝縮された肉汁!それをキャッチするバンズの旨さにも舌が唸ります。

日本で見慣れているひょろっとしたタイプのソーセージではなく、だいぶ肉厚なのでミートガイにはたまらないでしょう〜。ソーセージとピクルスのみバンズに挟まれた状態で渡され、ソースはお好みでかけ放題。肉そのものの味がしっかりあって、ヨーロッパのソーセージってほんっと美味しいんですよね……。

お値段は、ホットドッグとドリンクのセットで約1100円。この値段、一見高そうに思うかもしれませんが、そのボリュームと味わいに納得できるはず。

ソーセージと言えばドイツのイメージが強いですが、「グリッリ・マッカラ」と呼ばれる大ぶりサイズのソーセージは、ここフィンランドの名物料理。

皮がパツパツになるまでグリルで焼き、熱々のうちにマスタードをかけて頬張る。片手にはキンキンに冷えたビールがフィンランド流。彼らにとって、バーベキューといえば「グリッリ・マッカラ」が定番!寒さが厳しい冬でも、キャンプが気持ちいい新緑の季節でも、幸福な食卓をつくる上では欠かせない存在です。

ドイツ人に負けないくらいソーセージ愛の深い、地元フィンランドで丁寧に作られた肉厚ジューシーなホットドッグ。ビールとセットで召しあがれ!

©Dainis Derics/Shutterstock.com

『Helsinki Sausage Co.』
所在地:フィンランド/ヴァンター国際空港

Top image: © 2019 TABI LABO
旅のフライトが快適になるヒント!

関連する記事

空の旅も乗り継ぎ時間をどう過ごすかは永遠の課題。そんなとき空港内のグルメな情報があれば、きっとただの待ち時間から、美味しい時間になるはず。
世界第3位に輝くメキシカンサンドウィッチ=トルタをだすお店『TORTAS Frontera(トルタスフロンテア)』。シカゴのオヘア国際空港でオススメです。
とにかく人が多いアジア最大クラスサイズの香港国際空港。ちょっと歩けばゆったり過ごせる「鏞記酒家」にて、名物「ローストグース(ガチョウのロースト)」を食します。
マレーシアにあるアジア最大のハブ空港、クアラルンプール国際空港で食べるのは、南ア生まれのチキン料理、辛いけど絶品な「Nando’s(ナンドーズ)」のペリペ...
“今がツラい”みなさまを自由にするための12星座占い。元銀座ホステス・開運アドバイザー 藤島佑雪先生が、今週のアナタが「ツラい」と感じること、悩むことにお...
「ワールドエアポートアワード」で、7年連続1位に選ばれているシンガポール・チャンギ国際空港。東南アジアを結ぶハブ空港でのオススメは『Collin's (コ...
乗り継ぎ時間のケアいらずで、三ツ星シェフの味を堪能できるフェウミチーノ空港の『Attimi By Heinz Beck(アッティミ・バイ・ハインツベック)』。
ロンドン・ヒースロー空港での食事。制限区域内にある『キャビア ハウス アンド プルニエ シーフード バー』は「イギリスだから料理が不味い」の概念を覆します。
ドイツ・ミュンヘン空港内にある醸造所兼レンストラン「Airbräu(エアブロイ)」。都市の玄関口である空港に醸造所があるのは、世界でもミュンヘンだけのようです。
台湾の桃園国際空港を利用するとき、安く賢い旅をするなら、夜市のようなフードコートで食い倒れるのがオススメ! 台湾らしさも感じられます。
2004年に発売したNYスニーカーショップ「DQM」との名作コラボである「エアマックス90 “ベーコン”」が復刻発売。それを記念し、アメリカの大手食肉加工...
バンコクのスワンナプーム国際空港は、混雑具合がえげつない! なので、目指すべきは『Magic Food Point』。ひっそり存在するお得な食堂があります。
2018年の「世界空港ランキング」で2位に選ばれた韓国・仁川国際空港。ここでオススメしたいのが、夕方には売り切れ必至な『1964 百味堂(ペンミダン)』の...
今、悩みや迷いがある、なんだかモヤモヤしている、自分の中の何かを変えたい、正直疲れ切っている……突然ですが、そんなみなさんには是非、週末にフィンランドへ行...
2009年から提供されている「ツアーイスタンブール」の紹介です。
世界でも3番目に忙しい空港と言われるダラス・フォートワース国際空港。「テキサスきたー!」のイメージ通りな『Cousin's BBQ(カズンズ バーベキュー...
ワシントン・ダレス国際空港のコンコースAにオープン予定の「Sleepbox Nap Lounge」。ボックス型の休憩スペースで寝ることも仕事することもでき...
フィンランド・ヘルシンキで新たに展開されているサービス「Think Sustainably(シンク サステナビリティ)」。その名が示す通り、サービス提供が...
大阪の空の玄関口、伊丹空港―。その滑走路から飛び立とうとする飛行機の写真が、ロマンチックすぎる!と大きな話題に。Twitterでは、絵やCGだと思ったとい...
航空業界調査・格付け会社「SKYTRAX」が、世界の空港ランキング「世界ベスト空港2020(World’s Best Airport in 2020)」を発表。

おすすめ記事

埼玉県、名栗エリアの北欧文化を体験できる施設「Nolla naguri(ノーラ名栗)」が、グランピングエリア開業にともない2021年4月29日(木)にグラ...
米・ニューヨーク市の「ハドソン・リバー・パーク」と「ジャビッツ・センター」が増設されることが分かった。
3月16日、軽井沢にほど近い御代田町に新たなラグジュアリーホテル「THE HIRAMATSU 軽井沢 御代田」が開業。すでに予約を受付中。
今月1日、「帝国ホテル東京」がホテル内での「サービスアパートメント」をローンチ。3月15日からの入居開始に先駆け、現在、予約を受付中だ。
「ラムを作ろう、壁ではなく」というタイトルのユニークな動画広告は、オーストラリアのラム肉メーカー「Australian Lamb」が制作したもの。「私たち...
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
NBAの「ロサンゼルス・レイカーズ」に所属している選手、アンソニー・デイビスが着用し話題となっていた「ナイキ」のサステイナブルな新作バスケットボールシュー...
大分県の景勝地、耶馬渓に3日間限定でが「耶馬溪トンネルホテル」がオープン。客室となるのは道路に設置されたキャンピングカー。トンネル内には、建築家・佐野文彦...
「Minsord」はドリルではない。重さはわずか500g、服のポケットに簡単に入れられるiPhone並のサイズ感ながら、コリの最大の原因であるねじれた筋膜...
手持ちのマスクが最強になるスペシャルなマスクカバーが、トラベルギアブランド「TO&FRO」から発売。