世界一の空港では「贅沢な牛肉」を喰らえ!

世界一快適な空港を決める「ワールドエアポートアワード」で、7年連続1位に選ばれているシンガポール・チャンギ国際空港。東南アジア諸国を結ぶこのハブ空港では、映画館もマッサージチェアも子ども用のプレイスポットもぜんぶ無料って、おもてなし施設が豪華すぎるんですよね。

そんなチャンギ空港ではトランジットでも豪華な……豪快な食事をとってもらいたい!と、オススメするのが『Collin's (コリンズ)』。搭乗ギリギリまで、贅沢にいきましょう。

見た目に反した「身体に優しいごちそう」

シンガポールで、健康的かつ高品質な食材をつかった西洋料理を提供している『Collen's』。ここでオーダーするべき王道メニューは、アルゼンチン・アンガス牛のサーロインステーキです。

成長ホルモンは一切使わず、大量の穀物を食べて育てられているため、肉質はきめ細かくとにかく柔らかい。そんなアンガス牛のなかでも、『Collin's』が仕入れているのは最高品質のものだけ。「世界一」を誇るチャンギ空港には相応しい、肉汁と旨味の凝縮された極上の赤身を堪能しましょう。

シンガポールの定番、キレ味のいいTigerビールとも相性抜群。ワインもいいけど、東南アジアを感じたいなら断然コッチ!こだわり肉のステーキを豪快に頬張って、旅の疲れも吹き飛ばす栄養補給こそ、乗り換え時間の正しい使い方!?

そして、もうひとつ人気のメニューが「US Mishima Wagyu Ribey Steak」。え……日本では年に数頭しか流通しないと言われている、あの幻の見島牛!?と思って聞いてみたら、見島牛の育成法などを学んでアメリカで育てられた和牛種のようです。

でも「見島」の名に恥じないお肉のリブアイステーキは、ほどよいサシと赤身の噛みごたえ!和牛の旨さを、日本から遥か遠くへ旅立つ前に味わっておくのもまた一興。

ゆったり堪能し尽くすためにも、チャンギ空港でのトランジットはあえて待機時間が長い便を選んでおくのがオススメです。5.5時間以上あれば、市内を無料で案内してくれるツアーにも参加できるんですよ!

©Lawrence Wee/Shutterstock.com

『Collin's』
所在地:シンガポール/チャンギ国際空港

Top image: © 2019 TABI LABO
旅のフライトが快適になるヒント!
「シンガポール・チャンギ国際空港」がさらなる進化を果たし、世界一の座を揺るがないものにしようとしています。
「Wizarding World Holiday at Changi's」は、シンガポール・チャンギ国際空港のターミナル内で開催されています。
空の旅も乗り継ぎ時間をどう過ごすかは永遠の課題。そんなとき空港内のグルメな情報があれば、きっとただの待ち時間から、美味しい時間になるはず。
とにかく人が多いアジア最大クラスサイズの香港国際空港。ちょっと歩けばゆったり過ごせる「鏞記酒家」にて、名物「ローストグース(ガチョウのロースト)」を食します。
マレーシアにあるアジア最大のハブ空港、クアラルンプール国際空港で食べるのは、南ア生まれのチキン料理、辛いけど絶品な「Nando’s(ナンドーズ)」のペリペ...
世界第3位に輝くメキシカンサンドウィッチ=トルタをだすお店『TORTAS Frontera(トルタスフロンテア)』。シカゴのオヘア国際空港でオススメです。
50万以上の植物に囲まれている空港がある。 2015年3月、イギリスのリサーチ会社スカイトラックス社は、シンガポール・チャンギ国際空港を世界で1番の空港と...
ロンドン・ヒースロー空港での食事。制限区域内にある『キャビア ハウス アンド プルニエ シーフード バー』は「イギリスだから料理が不味い」の概念を覆します。
ドイツ・ミュンヘン空港内にある醸造所兼レンストラン「Airbräu(エアブロイ)」。都市の玄関口である空港に醸造所があるのは、世界でもミュンヘンだけのようです。
乗り継ぎ時間のケアいらずで、三ツ星シェフの味を堪能できるフェウミチーノ空港の『Attimi By Heinz Beck(アッティミ・バイ・ハインツベック)』。
カナダに暮らすJahmaul Allenさんは、働いているトロント・ピアソン国際空港でちょっとした有名人なんです。そのワケは飛行機を先導するときにダンスを...
台湾の桃園国際空港を利用するとき、安く賢い旅をするなら、夜市のようなフードコートで食い倒れるのがオススメ! 台湾らしさも感じられます。
世界でも3番目に忙しい空港と言われるダラス・フォートワース国際空港。「テキサスきたー!」のイメージ通りな『Cousin's BBQ(カズンズ バーベキュー...
先日、香港国際空港にできた「The Sanctuary by Pure Yoga」。キャセイパシフィック・ラウンジのひとつ「ザ・ピア」のビジネスクラスラウ...
バンコクのスワンナプーム国際空港は、混雑具合がえげつない! なので、目指すべきは『Magic Food Point』。ひっそり存在するお得な食堂があります。
旅行は楽しみだけど、飛行機の待ち時間は、少し憂鬱。そんなときはハイセンスなバーで一杯いかがでしょうか?今回は「oyster.com」にまとめられていた、世...
日本からヘルシンキ・ヴァンター国際空港までは、10時間ほどで行ける欧州の玄関口。ここでのトランジットには、フィンランドの名物料理「グリッリ・マッカラ」と呼...
2018年の「世界空港ランキング」で2位に選ばれた韓国・仁川国際空港。ここでオススメしたいのが、夕方には売り切れ必至な『1964 百味堂(ペンミダン)』の...
8月20日からアメリカ・カリフォルニア州のサンフランシスコ国際空港で、ペットボトルに入った飲料水の販売が禁止された。販売禁止に先駆けて、空港内には約100...
ワシントン・ダレス国際空港のコンコースAにオープン予定の「Sleepbox Nap Lounge」。ボックス型の休憩スペースで寝ることも仕事することもでき...