クアラルンプールの辛いチキンが断然美味い理由

クアラルンプール国際空港はアジア最大のハブ空港。マレーシア各所だけでなく、アジア各地への乗り継ぎでの利用が多いことでも知られます。

アジア文化の多様さが交差する上に、世界から訪れる旅行者やビジネスマンも多いこの空港で紹介する「トランジット飯」は、チキン料理のお店『Nando’s(ナンドーズ)』

このチキン、南アフリカ発祥だけど
マレーシアで食べる価値あり

©haireena / Shutterstock.com

この『ナンドーズ』は、実はポルトガルとモザンビークがテーマの南アフリカ発祥のカジュアル・レストラン・チェーン。
日本にはまだ未上陸ですが、世界各国に展開されているみたい。

ですが、このマレーシアを訪れるタイミングだからこそ、『ナンドーズ』のチキンを食べてもらいたい理由があります。

マレーシアは多民族多宗教国家。宗教により食べられないのが豚だったり、牛だったりします。
なので、みんなで楽しく食事ができる肉料理=鶏肉ってことなんです。
そのため、調理法やスタイルもいろいろあり、流通や競争も活発……などの理由から、マレーシアのイスラム系のレストランは大抵チキン料理が美味い。

一押しは看板メニューのペリペリチキン
ピリッとくる特製のソースに24時間漬け込んだでっかいチキンを炭火で焼き上げた一品。
サイズと辛さが選べるので、辛いのが苦手、ちょっとだけ食べたい、という方にもOK。

ちなみに、「ペリペリ」とは辛いって意味で、日本語で言えば「ピリピリ」とかと同じ。
購入したあとは数種類のソースがかけ放題なので、自分の好みを探すのも楽しい。書いているワタクシ的にはレモン&ハーブがオススメです。

カジュアルですが、店の雰囲気もよく、長い時間を過ごすのにも不便はなさそう。

世界中にある『ナンドーズ』ですが、旅の思い出として、その土地の料理文化を知るという意味でも、クアラルンプール国際空港でペリペリチキンを食べてみるのいかがでしょう。

「Nando’s」

所在地:マレーシア/セランゴール州セパン/クアラルンプール国際空港

©Tooykrub / Shutterstock.com
他の記事を見る
マレーシア・クアラルンプールのショッピングモール「Fahrenheit 88」内に、8月末オープンした「セルフィー・ミュージアム」。インスタ映えを狙ったス...
空の旅も乗り継ぎ時間をどう過ごすかは永遠の課題。そんなとき空港内のグルメな情報があれば、きっとただの待ち時間から、美味しい時間になるはず。
とにかく人が多いアジア最大クラスサイズの香港国際空港。ちょっと歩けばゆったり過ごせる「鏞記酒家」にて、名物「ローストグース(ガチョウのロースト)」を食します。
マレーシア・クアラルンプールの住宅街に一際目立つ家があります。コンクリートのファサードは鉢の役割も担っていて、40種類以上もの植物が植えられています。住人...
ドイツ・ミュンヘン空港内にある醸造所兼レンストラン「Airbräu(エアブロイ)」。都市の玄関口である空港に醸造所があるのは、世界でもミュンヘンだけのようです。
世界第3位に輝くメキシカンサンドウィッチ=トルタをだすお店『TORTAS Frontera(トルタスフロンテア)』。シカゴのオヘア国際空港でオススメです。
ロンドン・ヒースロー空港での食事。制限区域内にある『キャビア ハウス アンド プルニエ シーフード バー』は「イギリスだから料理が不味い」の概念を覆します。
乗り継ぎ時間のケアいらずで、三ツ星シェフの味を堪能できるフェウミチーノ空港の『Attimi By Heinz Beck(アッティミ・バイ・ハインツベック)』。
「ワールドエアポートアワード」で、7年連続1位に選ばれているシンガポール・チャンギ国際空港。東南アジアを結ぶハブ空港でのオススメは『Collin's (コ...
マレーシア・サバ州には、今、無国籍の子どもたちがたくさんいます。なぜ無国籍の子どもたちが生まれてしまうのか?をご説明します。
コタキナバルが属するサバ州には、「Etania Green School」という名の、国籍を持たない子どもたちのための小学校があります。
台湾の桃園国際空港を利用するとき、安く賢い旅をするなら、夜市のようなフードコートで食い倒れるのがオススメ! 台湾らしさも感じられます。
世界でも3番目に忙しい空港と言われるダラス・フォートワース国際空港。「テキサスきたー!」のイメージ通りな『Cousin's BBQ(カズンズ バーベキュー...
マレーシアのクアラルンプールにあるレストラン「Charlie's Cafe」では、食事をする人が5リンギット寄付すると、食事の引換券となり、恵まれない人た...
海外旅行で本当に使えるサコッシュ「MAISON CANVVAS」の紹介です。
マレーシアのクアラルンプールにある、スターバックス。コーヒーの豊かな香り、一杯ずつバリスタが淹れる光景、一見普通の店舗と同じように見えるかもしれませんが、...
世界の空の旅に新たな選択肢をもたらしたローコストキャリア(LCC)の台頭で、格安旅行の醍醐味は増した。コストパフォーマンスを考えれば、機内食の削減も、手荷...
バンコクのスワンナプーム国際空港は、混雑具合がえげつない! なので、目指すべきは『Magic Food Point』。ひっそり存在するお得な食堂があります。
Wi-Fi、飛んでる?いつしか、そんな言葉が海外旅行へ行ったときの決まり文句になりました。とくに、現地に到着してすぐ、空港でインターネットを使いたい人も多...
日本からヘルシンキ・ヴァンター国際空港までは、10時間ほどで行ける欧州の玄関口。ここでのトランジットには、フィンランドの名物料理「グリッリ・マッカラ」と呼...