バンコクではCAさん御用達の「隠れた食堂」を探せ!

バンコクのスワンナプーム国際空港は、日本人利用率がトップクラスで高い東南アジアのハブ空港。アメリカ、ヨーロッパ行きの経由地になることも。
よく話題にもなっていますが、この空港は成田空港の3倍も広いのにも関わらず混雑具合がえげつない。LCCユーザーの影響もあって、特に朝の時間帯は入国審査から長蛇の列……。やっと終わって、さぁ休憩しよう! と思っても、ピーク時だとカフェやレストランも同じく混雑中。
そういう時こそ、目指すべきは『Magic Food Point』
この空港の利用頻度が高くても知らなかったという人が多い穴場的スポット。

1Fのすみっこで見つけた
CAさんも御用達の24h営業食堂

kermit_nawokoさん(@kermit_nawoko)がシェアした投稿 -

© kermit_nawoko/instagram

Sutachol Soonさん(@sutachol)がシェアした投稿 -

© sutachol/instagram

『Magic Food Point』があるのは、タクシーやバス乗り場のある空港ビル1階、8番出口の隣。
どうしてこんな所にひっそりフードスポットがあるのかというと、実は空港関係者の食堂だという話。
空港の公式サイトには細かい説明がなかったので、確実にそうだ!とは言えないのですが、真相がどうであれ旅行者の利用もOK。
中には10店舗以上のお店があり、空港なのに町で食べるのと変わらない安さ。知っているとお得だし、ズラッと並んでるタイ料理の屋台に、テンション上がること間違いナシ! 

© rosalioabellanosa/instagram

まずはこの超王道から。子どもから大人までみんな大好き、ガイ・ヤーン
これが嫌いな人はいないでしょうっていうタイ料理。
甘辛のタレに漬け込まれた鳥もも肉を炭火で焼いて、皮にパリパリの焼き色をつけたら、もち米の上にど~ん。隣に添えてるスタイルも見るけれど、オン・ザ・ライスのほうが肉汁やタレが染み込むから正解。
そして、このギザギザカットされたキュウリ! もうね、これが付いてくるというローカル感に嬉しくなっちゃいます。

ガイ・ヤーンは一皿60バーツ前後(約200円)というんだから、やっぱり安い!

Jinna B.さん(@hikeaholic)がシェアした投稿 -

© hikeaholic/instagram

そして屋台メシの定番、プリップリのえびが入った海鮮パッタイ。辛さは控えめで、これまた日本人好みの味。
ライム付きなところが、現地の屋台感。
特に海鮮系のパッタイは、ライムを絞ったあと箸の進むスピードが2倍速。油多めで炒められているから、ライムの爽やかさが引き立って抜群の相性です。これで90バーツ(約300円)。

同じ空港でも、3Fのフードエリアだとこの値段では食べられません。

William Nicholsさん(@willynichols)がシェアした投稿 -

© willynichols/instagram

carolynn_yenさん(@carolynnvsy)がシェアした投稿 -

© carolynnvsy/instagram

メインでお腹を満たしたあとは、デザート。
「タイに来たら一度は食べて!」と現地の友達にゴリ推しされた「タプティムクロープ」
クワイという野菜の実をタピオカで包んだもので、実のほうはシャキシャキ、まわりはもっちりの食感。氷とタプティムクロープ、ズラッと並べられたフルーツを好きにトッピングしていただきます。
本物の屋台ではお腹を壊したりするのが怖かったけど、空港のフードコートだとなぜか安心(笑)。

空港関係者が使う食堂といわれるだけあって、『Magic Food Point』はCAさんやグランドスタッフも多く利用
空港スタッフになったつもりで、いつもとはひと味違った雰囲気のトランジット飯。まさに、「秘密にしておきたい食の玉手箱や~」でした。

『Magic Food Point』

所在地:タイ/バンコク/スワンナプーム国際空港

4772721976147968
© Photo APS/Shutterstock.com
世界の“おいしい”乗り継ぎ
とにかく人が多いアジア最大クラスサイズの香港国際空港。ちょっと歩けばゆったり過ごせる「鏞記酒家」にて、名物「ローストグース(ガチョウのロースト)」を食します。
マレーシアにあるアジア最大のハブ空港、クアラルンプール国際空港で食べるのは、南ア生まれのチキン料理、辛いけど絶品な「Nando’s(ナンドーズ)」のペリペ...
ドイツ・ミュンヘン空港内にある醸造所兼レンストラン「Airbräu(エアブロイ)」。都市の玄関口である空港に醸造所があるのは、世界でもミュンヘンだけのようです。
乗り継ぎ時間のケアいらずで、三ツ星シェフの味を堪能できるフェウミチーノ空港の『Attimi By Heinz Beck(アッティミ・バイ・ハインツベック)』。
中身を覆っているフィルム部分は水に溶けるようになっていて、ゴミは出ないし持ち運びに便利なシャンプー。
「わたしはぁ……自分の気持ちとかを大事にしたいんですぅ……」にしても、ヒロインほんとに声小さい。
ロンドン・ヒースロー空港での食事。制限区域内にある『キャビア ハウス アンド プルニエ シーフード バー』は「イギリスだから料理が不味い」の概念を覆します。
世界第3位に輝くメキシカンサンドウィッチ=トルタをだすお店『TORTAS Frontera(トルタスフロンテア)』。シカゴのオヘア国際空港でオススメです。
世界でも3番目に忙しい空港と言われるダラス・フォートワース国際空港。「テキサスきたー!」のイメージ通りな『Cousin's BBQ(カズンズ バーベキュー...
台湾の桃園国際空港を利用するとき、安く賢い旅をするなら、夜市のようなフードコートで食い倒れるのがオススメ! 台湾らしさも感じられます。
いま、東京でもっとも勢いのあるレストランを牽引する"破廉恥"シェフ(これ、ほめ言葉です)-鳥羽 周作-小学校教諭を辞め32歳で料理の世界に飛び込み、わずか...
2018年の「世界空港ランキング」で2位に選ばれた韓国・仁川国際空港。ここでオススメしたいのが、夕方には売り切れ必至な『1964 百味堂(ペンミダン)』の...
元エンジニアが、たった一人で切り盛りする東京・神保町の食堂が話題を呼んでいる。ここが、行列の絶えない人気店かといえば、さにあらず。ところが、昼時のピークに...
「群馬県には、なぜかレトロな自販機がいっぱいある」。そんなウワサを聞きつけ、やってきたのは伊勢崎にある「自販機食堂」。うどん、ハンバーガー、ラーメン、トー...
KLMオランダ航空の本拠地、アムステルダム・スキポール空港。何よりまず向かうべきは『Heineken bar(ハイネケン バー)』です!
渋谷・道玄坂の巨大クラブ「VISION」で秋の夜長を楽しむパーティ好きをセルフィー&スナップ。プライベートに迫るアンケートも公開。
Wi-Fi、飛んでる?いつしか、そんな言葉が海外旅行へ行ったときの決まり文句になりました。とくに、現地に到着してすぐ、空港でインターネットを使いたい人も多...
タイ風焼きそばと聞くと、多くの人がイメージするのが「パッタイ」でしょう。ですが、タイにはもうひとつ代表的な焼きそばがあります。屋台料理の定番「ラッナー」。...
旅行は楽しみだけど、飛行機の待ち時間は、少し憂鬱。そんなときはハイセンスなバーで一杯いかがでしょうか?今回は「oyster.com」にまとめられていた、世...
ひとり暮らしの何が大変かって、そう、メシですよね、メシ。外食ばかりだとカロリーや栄養バランスが気になるし、自炊しても食べ切れなかったりしてもったいないし、...
大阪の空の玄関口、伊丹空港―。その滑走路から飛び立とうとする飛行機の写真が、ロマンチックすぎる!と大きな話題に。Twitterでは、絵やCGだと思ったとい...
カンタス航空は、シドニー国際空港と協力しながら、一部の利用客に顔認証システムを使ったチェックインサービスを提供し始めたようです。
プラスチック容器に入った定番の屋台フードでありながら、ホテルのレストランでも提供されるカオニャオマムアンは、いわばタイの定番スイーツ。簡単なレシピなので、...
空港での時間のつぶし方を人にたずねると、その選択肢は意外と少ない。カフェやバーで飲んだり食事をするか、免税店を見て回る、もしくは早々に搭乗口へ向かい、タブ...