日本人の味覚に1ミリも合わせない、本場タイの屋台めし@池袋

日本人の味覚に1ミリも合わせない、本場タイの屋台めし@池袋

東京都内だけでも無数に存在するタイ料理店。裏を返せば、それだけ日本にジャンルとして定着しているということ。とはいえ、トムヤムクンやガパオライス、グリーンカレーといった定番メニューでは、もはや店ごとの個性を捉えることは難しい。

そこで池袋「ピラブカウ」。ここにはアヒルを使った看板メニューがある。日本人の舌に合おうが合うまいが、そんなことおかまいなし。強引でリアルなタイの屋台メシ。求めているのはコレだ!

辛、甘、爽、酸が交錯する
アヒルのサラダ

©2019 HIROMU INOUE

「アヒル挽肉のスパイシーサラダ」1680円(税込)

定義はさておき、これをサラダと称するタイ料理のフシギさよ。名物のアヒルをあらびき(それもかなりの)にし、紫玉ねぎ、レモングラスと炒め、カリッと揚げたアヒルの皮とあえた一品。

激がつく辛さ。けれど、箸が止まらない。ビールはもちろん必須、ヒリヒリの舌を癒すもち米があるとなお良し。

大量の唐辛子とともに、これでもか!な量のグリーンはバイマックルー(コブミカンの葉)。これを牛が草をはむように噛みしめると、熱帯モンスーンが運んでくるむせかえるような南国の芳香が口内で炸裂する。

ハーバルなだけに終わらない。鶏肉に比べて肉の甘みが強いアヒル。これよりさらに甘くコクのある脂が付着したクリスピーな皮。両者が辛さとアロマの奥でちゃんと主張してくる。もう、サラダかどうかなんて関係ない。ただただウマい。

辛くて、甘くて、爽やかで、ほのかに酸っぱい……完全に脳内が麻痺してくるが、これこそが本場のタイ。理性で食べるよりも、大汗をかきながら本能で味わうべし。

「ピータンは臭う」
の常識をかき消す

©2019 HIROMU INOUE

ピータンのバジル炒め1200円(税込)

他にも煮てよし、焼いてよし、蒸してよしのアヒル料理。レパートリーは広い。とくれば、その卵を使ったピータンにも食指が動く。

「ピータンのバジル炒め」は、独特のあの匂いを受け付けない人でもいけてしまう。なぜか。火を通したピータンは驚くほどマイルドな風味になるから。ゼラチンのような食感に変わった白身もたまらない。

薄く衣をつけて揚げたピータンを鶏肉、ピーマンと炒めたものだが、これだけでは味にコントラストが生まれない。それを補うのが、これまた大量のホーリーバジル。こういったハーブ使いも現地の屋台らしいところ。誤解を恐れずに言えば遠慮がない。だが、そこがいい。

過度に多ければ良しというものでもないが、またしても力強い本場のハーブの恩恵を受けることになる。

空間、客層、雰囲気、スタッフ
首尾一貫オールThai!!!

©2019 HIROMU INOUE
©2019 HIROMU INOUE

バラック小屋のような外観。店の外も内もネオンまみれ。スタッフは全員タイ人。客席を飛び交う言語ももちろんタイ語が中心。かろうじてメニューには日本語も記されているが……こうなるともう、それさえない方がエンタメだったりもする。

エスニックブーム黎明期の専門店を思い出す。好きだろうと嫌いだろうと、ひたすらタイで押してくる。料理も雰囲気も、この強引さがクセになるんだ。

「ピラブカウ」

TEL:03-3988-8889
営業時間:11:30〜24:00(LO.23:30) 
定休日:年中無休
HP:http://pirabkao.asia/

Top image: © 2019 HIROMU INOUE

おすすめ記事

東京で味わう「本場」。今夜のレストラン候補にどうぞ!

関連する記事

阿佐ヶ谷の裏路地で30年、日本人の味覚に合うタイ料理を厳選した専門店です。
タイ料理店の食卓に必ずある4つの調味料。気にしていなかったけど、とても重要なんです。
近年、トゥルサン・タイやモンスーンバレーなど、タイ料理に合わせるためのワインもつくられています。ニュートラルなブドウ品種を主体としてブレンドしてつくられる...
一人で食べるなら、見た目よりもおいしさが重要だけど、だれかに供するならば、やはり美しいひと皿を仕上げたい。タイの伝統芸術「カービング」でお客様をおもてなし...
いつでもどこでも聴ける「Podcast」より、「おいしいコンテンツ」だけをピックアップ!
黄金に輝く、タイカレー界の王様「プーパットポンカリー」。カニなんてなかなか手に入らないよ!とツッコミが入りそうですが、もちろん、カニのかわりにエビやイカで...
原宿にオープンした『Chabadi』では、タイのドリンクを買うことができます。味はもちろんのこと、ビジュアルでも楽しめる飲み物が用意されていますよ!
海外旅行中に行くなら、スーパーマーケットよりも「セブンイレブン」の方がおもしろい。タイのセブンは、本当にコンビニエンス(便利)!食べ物やお菓子が安くて美味...
プラスチック容器に入った定番の屋台フードでありながら、ホテルのレストランでも提供されるカオニャオマムアンは、いわばタイの定番スイーツ。簡単なレシピなので、...
タイ風焼きそばと聞くと、多くの人がイメージするのが「パッタイ」でしょう。ですが、タイにはもうひとつ代表的な焼きそばがあります。屋台料理の定番「ラッナー」。...
「tree.fm」では、おうちにいながら世界各地にある森林の音を聴け、まるでそれぞれの森の中にいるような気分を味わえる、デジタル森林浴を体験できるのだ。「...
タイ料理おなじみのナンプラー(魚醤)やパクチーをつかった鶏ひき肉サラダ!真夏のムシムシした暑さをスカッとさせてくれますよ。ムシ暑い真夏に食べたい!タイ風ひ...
「え、そんなとこにも?」という国の新緯度帯ワインをご紹介。世界からも注目を浴びるタイの赤ワイン「グランモンテ・ヘリテージ・シラー」。サミットの晩餐会ワイン...
池袋駅の北口エリアに「新華僑」が誕生させた「池袋チャイナタウン」の実態とは?
建設コストや温室効果ガスの排出量を減らすことにも成功しています。
タイ人のみらず、タイに住む外国人にもファンが多いというスープがあるのです。その名も「トムカーガイ」。
外苑前にあるワールド・ブレックファスト・オールデイは、「朝ごはんを通して世界を知る」がコンセプト。 その土地ならではの歴史や文化、栄養、楽しい生きかたのヒ...
横浜や神戸、長崎などとは異なり、東京・池袋の雑踏のなかに息づく「中国人コミュニティ=中華街」を歩くレポート企画。
スペシャルティコーヒー専門店「猿田彦珈琲」が手がけるベーカリーブランド「Oquinho(オキーニョ)」のポップアップストアが、11月6日(金)、池袋駅の西...
夏にぴったりな爽やかなサラダがタイにあります。柑橘系のサラダの「ヤムソムオー」。「ソムオー」というタイでは大人気のボーリング玉ぐらいの大きさもある果物を使...

おすすめ記事

大分県の景勝地、耶馬渓に3日間限定でが「耶馬溪トンネルホテル」がオープン。客室となるのは道路に設置されたキャンピングカー。トンネル内には、建築家・佐野文彦...
埼玉県、名栗エリアの北欧文化を体験できる施設「Nolla naguri(ノーラ名栗)」が、グランピングエリア開業にともない2021年4月29日(木)にグラ...
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
「Goldwin」の2021年春夏シーズンのコレクションがローンチ。
「ラムを作ろう、壁ではなく」というタイトルのユニークな動画広告は、オーストラリアのラム肉メーカー「Australian Lamb」が制作したもの。「私たち...
今月1日、「帝国ホテル東京」がホテル内での「サービスアパートメント」をローンチ。3月15日からの入居開始に先駆け、現在、予約を受付中だ。
1月4日、米「中央情報局(CIA)」の公式サイトが刷新され、現代風にアップデートされたロゴが公開された。どうやら若者へ向けた採用活動を大きく進めるためのリ...
米・ニューヨーク市の「ハドソン・リバー・パーク」と「ジャビッツ・センター」が増設されることが分かった。
「Minsord」はドリルではない。重さはわずか500g、服のポケットに簡単に入れられるiPhone並のサイズ感ながら、コリの最大の原因であるねじれた筋膜...
手持ちのマスクが最強になるスペシャルなマスクカバーが、トラベルギアブランド「TO&FRO」から発売。