ソムリエ直伝。タイ料理に合う「ワイン」

タイ料理を食べる際、ペアリングはどうしてます?
「とりあえずビールで」と言ってしまうんじゃ。定番ですから。
 
いやいや、それよりもワインでしょ!
 
と、タイ料理道。なんでも最近はビールはもちろん、ワインとともにタイ料理を楽しむ人が増えているんだとか。タイ料理が世界的に人気を博するに従い、とくにグルメステイタスの高い人たちの間で、ワインとのペアリングを楽しみたいという声が高まったことがキッカケなのだそう。
 
タイ料理は辛いので、すっきりした飲み口の白ワインや、赤ワインならピノ・ノワールなど軽快なイメージのものが合うかも。ハーブをたくさん使っている料理にはアロマティックなワインを。
 
そのなかでもとくにワインに合うタイ料理を、ソムリエの私市収さんが教えてくれました。

01.
前菜編

「生春巻き」×「スパークリングワイン」

©2018 Seiji Nomura

ポピア・ソット(生春巻き)には、スパークリングワインがおすすめ。比較的辛い食べ物が多いタイ料理ですが、スパークリングワインは辛いものとの相性がよいため、ピリッとするタイ料理全般に合うんです。

「春雨サラダ」×「ソーヴィニヨン・ブラン」

©2018 Seiji Nomura

ヤム・ウンセン(春雨サラダ)は、その香味野菜がソーヴィニヨン・ブランの持つハーブの香りによく合います。
ちなみにもうひとつのタイサラダの代表格ソムタム・タイ(青パパイヤのサラダ)には、豊潤なライチの香りのあるゲヴェルツ・トラミネールがGOOD。

02.
メインディッシュ編

「エビと春雨の蒸し煮」×「メルロー」

©2018 Seiji Nomura

クン・オップ・ウンセン(エビと春雨の蒸し煮)には、メルローがバッチリ。果実味あふれるまろやかな口当たりが、料理の旨味をさらに引き出してくれます。

「グリル料理」×「サンジョベーゼ」または「シラーズ」

©2018 Seiji Nomura

ガイ・ヤーン(焼き鳥)や、ヌア・ヤーン(牛肉の炙り焼き)などの肉料理には、サンジョベーゼシラーズを。ハーブを使った香り高い肉料理にはサンジョベーゼの熟成感がピッタリ。こしょうの効いた料理には似たような香りを持つシラーズが◎。
互いに引き立て合い最高のペアリングを発揮します。

「鶏肉のバンダンリーフの巻き揚げ」×「ピノ・ノワール」

©2018 Seiji Nomura

ガイ・ホー・バイ・トーイ(鶏肉のバンダンリーフ巻き揚げ)は、バンタンリーフの香りと鶏肉の香ばしさが、ピノ・ノワールの繊細さとマッチ。

タイ料理向けワインも登場!?

これまでは軽快なワインやハーブの要素を持ったワインと合わせるのが基本でしたが、近年、トゥルサン・タイモンスーンバレーなど、タイ料理に合わせるためのワインもつくられています。
こうしたワインはニュートラルなブドウ品種を主体としてブレンドしてつくられるので、タイ料理全般と合うのです。

タイで栽培されたブドウでつくったモンスーンバレーのワインがタイ料理に合うのは、ワインの世界でいう「テロノワール」の考え方からいっても自然なこと。

今後、タイ料理とワインのペアリングを楽しむ人がさらに増えそうな予感がしますね。


次タイ料理屋さんにいくときは、定番のビールだけでなく、ぜひワインも試してみて。

※この内容は、書籍『タイ料理大全:本場のレシピ100』(誠文堂新光社)から一部抜粋、編集したものです。

Top photo: © 誠文堂新光社, © Shebeko/Shutterstock.com
Licensed material used with permission by 誠文堂新光社
「え、そんなとこにも?」という国の新緯度帯ワインをご紹介。世界からも注目を浴びるタイの赤ワイン「グランモンテ・ヘリテージ・シラー」。サミットの晩餐会ワイン...
タイ料理店の食卓に必ずある4つの調味料。気にしていなかったけど、とても重要なんです。
阿佐ヶ谷の裏路地で30年、日本人の味覚に合うタイ料理を厳選した専門店です。
一人で食べるなら、見た目よりもおいしさが重要だけど、だれかに供するならば、やはり美しいひと皿を仕上げたい。タイの伝統芸術「カービング」でお客様をおもてなし...
そう遠くない未来に実用化されるかもしれない自動車コンセプトを紹介。
料理はもちろん、空間、客層、スタッフ、雰囲気と首尾一貫オールThai!!で攻めまくりの屋台メシ。
新世界ワインから、日本産のワインを紹介。丹波ワインの「京都青谷産スパークリング城州白梅ワイン」。いわゆる「日本ワイン」とはひと味どころじゃなく違うけど、め...
黄金に輝く、タイカレー界の王様「プーパットポンカリー」。カニなんてなかなか手に入らないよ!とツッコミが入りそうですが、もちろん、カニのかわりにエビやイカで...
米オレゴン州でのびのび育ったぶどう品種「ゲヴェルツトラミネール」100%でつくったワイン。「スワロー ゲヴェルツトラミネール」
「第4のワイン」として注目されはじめている「オレンジワイン」はじつはアウトドアに最適なアルコール。ここではその理由と、キャンプとワインを愛するソムリエがオ...
ゲーム界における最新のトレンドといえば、定額制のサブスクゲームサービス。そんなクラウドゲーミングサービスに米「Amazon」が参入すると発表した。
ワインソムリエ吉川大智さんに、3000円以下で買えるおすすめワインを選んでもらいました。味よし、コスパよし、おまけに料理との相性もいい。(欲張りすぎ?) ...
家庭でワインを保管するにはどうすればいいのか? ソムリエ吉川大智さんに伺いました。
ソムリエ吉川大智さんがオススメするのは、南アフリカ共和国が世界に誇る高品質のスパークリングワイン「グラハムベックブリュット NV」(通称グラハムベック)。
39階からの夜景×ワイン×本格タイ料理 オーストラリア発のモダン・タイ・レストランLongrain TOKYO〒150-0013 東京都渋谷区恵比寿4丁目...
飲み残して酸化してしまったワインを利用してつくる「サングリア」のご紹介。
2006年、バンクシーが手を加えてイギリス中の音楽ショップにばらまいたパリス・ヒルトンのデビューCD500枚。そのうちの1枚が、10月14日までオークショ...
Soberは、英語で「しらふ」と言う意味。つまり「SoberOctober」とは、10月の一ヶ月間禁酒をするチャレンジのことを示します。普段お酒を飲む頻度...
ヨーロッパやカナダで販売されているお菓子、ワインガム。ガムというよりも、グミみたいな食感で、国によってはかなりメジャーな存在です。
独自の自然発酵を促す「クヴェブリ製法」により、唯一無二の味わいを生み出すオレンジワイン「パパリ・ヴァレー スリー・クヴェブリ・テラスズ ルカツィテリ」。
タイ料理おなじみのナンプラー(魚醤)やパクチーをつかった鶏ひき肉サラダ!真夏のムシムシした暑さをスカッとさせてくれますよ。ムシ暑い真夏に食べたい!タイ風ひ...
タイ風焼きそばと聞くと、多くの人がイメージするのが「パッタイ」でしょう。ですが、タイにはもうひとつ代表的な焼きそばがあります。屋台料理の定番「ラッナー」。...
ワインの印象を左右するグラス選び。きちんと理解してますか? ワイングラスにフォーカスし、ソムリエ吉川大智さんにグラスの種類とその適切な選び方を教えてもらい...
「チーズ」といえば「ワイン」と思いがちだけど、同じ発酵物の「ビール」も最高に合うんです。でもそのかわり、この3つのルールをしっかり覚えてくださいね?最悪の...