ソムリエ直伝。タイ料理に合う「ワイン」

タイ料理を食べる際、ペアリングはどうしてます?
「とりあえずビールで」と言ってしまうんじゃ。定番ですから。
 
いやいや、それよりもワインでしょ!
 
と、タイ料理道。なんでも最近はビールはもちろん、ワインとともにタイ料理を楽しむ人が増えているんだとか。タイ料理が世界的に人気を博するに従い、とくにグルメステイタスの高い人たちの間で、ワインとのペアリングを楽しみたいという声が高まったことがキッカケなのだそう。
 
タイ料理は辛いので、すっきりした飲み口の白ワインや、赤ワインならピノ・ノワールなど軽快なイメージのものが合うかも。ハーブをたくさん使っている料理にはアロマティックなワインを。
 
そのなかでもとくにワインに合うタイ料理を、ソムリエの私市収さんが教えてくれました。

01.
前菜編

「生春巻き」×「スパークリングワイン」

©2018 Seiji Nomura

ポピア・ソット(生春巻き)には、スパークリングワインがおすすめ。比較的辛い食べ物が多いタイ料理ですが、スパークリングワインは辛いものとの相性がよいため、ピリッとするタイ料理全般に合うんです。

「春雨サラダ」×「ソーヴィニヨン・ブラン」

©2018 Seiji Nomura

ヤム・ウンセン(春雨サラダ)は、その香味野菜がソーヴィニヨン・ブランの持つハーブの香りによく合います。
ちなみにもうひとつのタイサラダの代表格ソムタム・タイ(青パパイヤのサラダ)には、豊潤なライチの香りのあるゲヴェルツ・トラミネールがGOOD。

02.
メインディッシュ編

「エビと春雨の蒸し煮」×「メルロー」

©2018 Seiji Nomura

クン・オップ・ウンセン(エビと春雨の蒸し煮)には、メルローがバッチリ。果実味あふれるまろやかな口当たりが、料理の旨味をさらに引き出してくれます。

「グリル料理」×「サンジョベーゼ」または「シラーズ」

©2018 Seiji Nomura

ガイ・ヤーン(焼き鳥)や、ヌア・ヤーン(牛肉の炙り焼き)などの肉料理には、サンジョベーゼシラーズを。ハーブを使った香り高い肉料理にはサンジョベーゼの熟成感がピッタリ。こしょうの効いた料理には似たような香りを持つシラーズが◎。
互いに引き立て合い最高のペアリングを発揮します。

「鶏肉のバンダンリーフの巻き揚げ」×「ピノ・ノワール」

©2018 Seiji Nomura

ガイ・ホー・バイ・トーイ(鶏肉のバンダンリーフ巻き揚げ)は、バンタンリーフの香りと鶏肉の香ばしさが、ピノ・ノワールの繊細さとマッチ。

タイ料理向けワインも登場!?

これまでは軽快なワインやハーブの要素を持ったワインと合わせるのが基本でしたが、近年、トゥルサン・タイモンスーンバレーなど、タイ料理に合わせるためのワインもつくられています。
こうしたワインはニュートラルなブドウ品種を主体としてブレンドしてつくられるので、タイ料理全般と合うのです。

タイで栽培されたブドウでつくったモンスーンバレーのワインがタイ料理に合うのは、ワインの世界でいう「テロノワール」の考え方からいっても自然なこと。

今後、タイ料理とワインのペアリングを楽しむ人がさらに増えそうな予感がしますね。


次タイ料理屋さんにいくときは、定番のビールだけでなく、ぜひワインも試してみて。

※この内容は、書籍『タイ料理大全:本場のレシピ100』(誠文堂新光社)から一部抜粋、編集したものです。

Top photo: © 誠文堂新光社, © Shebeko/Shutterstock.com
Licensed material used with permission by 誠文堂新光社
「え、そんなとこにも?」という国の新緯度帯ワインをご紹介。世界からも注目を浴びるタイの赤ワイン「グランモンテ・ヘリテージ・シラー」。サミットの晩餐会ワイン...
新世界ワインから、日本産のワインを紹介。丹波ワインの「京都青谷産スパークリング城州白梅ワイン」。いわゆる「日本ワイン」とはひと味どころじゃなく違うけど、め...
タイ料理店の食卓に必ずある4つの調味料。気にしていなかったけど、とても重要なんです。
一人で食べるなら、見た目よりもおいしさが重要だけど、だれかに供するならば、やはり美しいひと皿を仕上げたい。タイの伝統芸術「カービング」でお客様をおもてなし...
保護性もデザイン性も機能性も大事だけど、カスタムして遊ぶっていう感覚もアリだと思います。
ブルーチーズと発酵バターのソフトクリームが楽しめるフランス生まれのチーズ&バター専門店beillevaire〒106-0046 東京都港区元麻布3丁目11...
タイ風焼きそばと聞くと、多くの人がイメージするのが「パッタイ」でしょう。ですが、タイにはもうひとつ代表的な焼きそばがあります。屋台料理の定番「ラッナー」。...
「チーズ」といえば「ワイン」と思いがちだけど、同じ発酵物の「ビール」も最高に合うんです。でもそのかわり、この3つのルールをしっかり覚えてくださいね?最悪の...
タイ料理おなじみのナンプラー(魚醤)やパクチーをつかった鶏ひき肉サラダ!真夏のムシムシした暑さをスカッとさせてくれますよ。ムシ暑い真夏に食べたい!タイ風ひ...
ワインの用語を勉強する中で感じたのが、「~ジュ」って単語がとにかく多い!ということで、参考までにワインを語れるよう自分の勉強ノートからワードをいくつかご紹...
一般的には常識外れな亜熱帯の台湾で造られるウイスキー「KAVALAN(カバラン)」。造り方とか調べると、けっこう“台湾としての個性”を感じさせる面白いお酒です。
国産ぶどう100%使用して日本で醸造される「日本ワイン」からオススメの1本。大和葡萄酒の「番イ(つがい) 2016」は刺身との相性がいい白ワイン。一緒に飲...
この夏を爽快にする白ワイン「KWV クラシック・コレクション シュナン・ブラン」。1,000円もしないのに、エチケットのデザインや美しいオリーブ色の液体に...
黄金に輝く、タイカレー界の王様「プーパットポンカリー」。カニなんてなかなか手に入らないよ!とツッコミが入りそうですが、もちろん、カニのかわりにエビやイカで...
イスラエル北部のゴラン高原にの白ワイン「ガムラ・リースリング」。最先端を行く科学技術と伝統的な醸造法を組み合わせることで、国際的な評価の高い白ワイン。焼き...
「Helios Touch」は、一つひとつは小さな六角形のライトですが、それらを組み合わせて、自分が好きなカタチにできるというのが特徴。要するに、モジュー...
原宿にオープンした『Chabadi』では、タイのドリンクを買うことができます。味はもちろんのこと、ビジュアルでも楽しめる飲み物が用意されていますよ!
外苑前にあるワールド・ブレックファスト・オールデイは、「朝ごはんを通して世界を知る」がコンセプト。 その土地ならではの歴史や文化、栄養、楽しい生きかたのヒ...
名前から自然派ワインとわかるオーストラリアの「ナチュラル・ワイン・カンパニー シラーズ」。ゴクゴク飲めて味わいも非常にクリーンなので安心してオススメできる...
国産ぶどう100%使用して日本で醸造される「日本ワイン」からオススメの1本。まるき葡萄酒の「まるき ルージュ」は和食との合わせがバツグン。そこには120年...
ワイン選びにお困りというアナタに少しヒントになるTips。ワインボトルのラベル、フランス語でいう「エチケット」を少し知っておけば、ワンランク上のワイン好き...
 タイ料理というとすぐに思い出すのは、超辛いトムヤンクンやピリっとした肉のサテ。でもこういうガツンと刺激のある料理だけじゃなく、酸っぱ甘くてさわやかなサラ...
東京・赤坂にあるレストランCROSS TOKYOにて先日行われたイベント、「ノムリエの会 meets 一関」。一流スタッフにより振る舞われる岩手県一関市の...
リーデルは、オーストリアのワイングラスやシャンパングラスを扱うガラスメーカー。ソムリエからも圧倒的な支持を受けている世界最高のグラスだ。