まるでワインに精通しているかのようにオーダーする「5つのコツ」

ちょっといいレストランで食事をしようとするとき、避けては通れないのが「ワインの注文」。どうせならかっこよく、まるで詳しい人かのようにオーダーしてみたいですよね。

ここでは、ワイン評論家のMike Peterson氏がまとめた、ワインを頼む際のとっておきの方法を紹介しましょう。ここぞというデートの時に役立つかも?

01.
選んだらダメなのは
「2番目に安いワイン」

2c499c9491d0d1f0c624018218521e04ae6261c2

メニューのなかで一番安いワインを選ぶのは、なんとなく抵抗がありますよね?ついつい「2番目に安いワイン」を頼んでしまったことはないでしょうか。

レストラン側もそのことはよくわかっているので、最もよく頼まれる2番目に安いワインを、一番利益率が高い価格に設定していることが多いのです。利益率が高いということは、コストパフォーマンスが悪いということ。変に見栄を張ってレストランの策略にハマるのはやめましょう。

逆に、1番安いワインは品質相応の値段に設定されています。これが、なかなかおいしいものなんですよ。

02.
3杯以上飲むなら
ボトルのほうがお得

グラスで頼むべきか、ボトルで頼むべきか、悩む人も多いでしょう。ボトル1本はだいたいグラス4杯分ですが、グラス4杯のほうがボトル1本より高い場合がほとんどです。もし同じワインを3杯以上飲むなら、ボトルで頼みましょう。

ただ、割高だからといってグラスで頼むべきでないのかといえば、そうではありません。ワインは料理との相性が大切です。いろいろなワインを試すことができるのは、グラスならでは。

03.
ソムリエに伝えるべき
ポイント

40a9ec45eda5b07aaa9c55cf72d7b3ce1c9f3ef0

よほどワインに精通していない限りは、無理せずソムリエに相談しましょう。病気に正しい診断ができるのは医者だけなのと同じで、結局はワインも専門家に頼るのが一番です。

ソムリエには、次の4つのポイントを伝えましょう。

・色:赤か白か
・産地:新世界(フルーツの香り)か旧世界(土の香り)か
・コクの強さ:ライトボディ、ミディアムボディ、フルボディか
・予算

この希望さえ伝えれば、ぴったりのワインを選んでくれますよ。

04.
予算を言いたくないときは
メニューを指差す

誰にだって懐具合はあるものです。ソムリエに予算を伝えればその範囲内で選んでくれるとはいえ、デートなどで正直に予算が言えないときもあるでしょう。

そんなときは、メニューをソムリエに見せながら、ワインの価格を指差して「こんな感じで」と伝えましょう。ソムリエも予算を明らかにしたくないときがあることは心得ていますから、これで察してくれます。

05.
テイスティングでNGな香りは
「濡れた新聞紙」

A0a3d90ce3ae15150381fb50486e8d3b4c11f4e3

ワインが来たら、いよいよテイスティングです。これは、ワインに異常がないかをチェックするためのもので、味が好みかどうかを見るものではありません。

ソムリエがコルクの栓を抜いて、少量のワインを注いでくれます。数回グラスを回し、しっかりと香りを吸い込んだあと、味見をします。ここでもし濡れた新聞紙やダンボールのような匂いがしたら、迷わずソムリエに伝えてください。これは「コルクテイント(ブショネ)」と言って、稀に起きるワインにコルクの匂いが移ってしまう現象で、3〜5%くらいの確率で発生する事故のようなものです。これは開栓するまでわからないので、こうしたテイスティングが必要になるわけです。

コルクテイントが発生した場合は、無料で別のボトルに変えてもらうことができます。

Licensed material used with permission by Mike Peterson, ( Twitter)
同じワインなのに、レストランで飲んだ味と違う…。そんな経験があるなら、それは温度のせいかも。「Kelvin(ケルビン)」ならおいしかったあの味を家でも楽し...
紫いもで作った「日本芋酒(にほんいもざけ)」は、ワインでもなければ焼酎でもない、さらに言えば日本酒でもない、全く新しい日本初の「生酒」なんです。
リーデルは、オーストリアのワイングラスやシャンパングラスを扱うガラスメーカー。ソムリエからも圧倒的な支持を受けている世界最高のグラスだ。
千葉県の飲食店「珈琲とワインのある暮らし25」から登場したのは、ワインの甘味や酸味を表現したコーヒー豆。「お酒を飲めない時でも、ワインを飲んだ時のような、...
よほどのワイン好きでなくたって、なんとなくでもワインの良し悪しの判断基準が、自分のなかにあるもの。けれど、それを見つけるための代償として、ジャケ買いしたり...
ワインって、もっと身近な飲みものって捉えた方がいい気がする。かしこまって飲んでも美味しくないって思うのは僕だけじゃないはず。ならば、この「Guzzle B...
ワインを注ぐときに、イヤなこと。それは垂れること。テーブルクロスや洋服を汚しかねないから慎重にやるけど、やっぱり垂れちゃう。しかも、ワインの染み抜きって時...
酔っ払いたいけど、体重が気になるあなたへ。飲むお酒をワインひと筋にしてみてはいかがでしょうか?ビールほどむくまないし、酔っ払っても上品さがキープできるワイ...
2月23日(金)からhako galleryで、14~15世紀のフランスで親しまれていたスパイスワイン「hypocras(イポクラス)」が飲める。体の内側...
世界トップレベルでワインの消費量が多い国であるイギリス。誰もがワインを愛する反面、空になったワインボトルのゴミ処理は、国内でも大きな問題になっています。
「Rebel Coast Winery」による、カリフォルニア産ソーヴィニヨンブランを使ったワインには、アルコールが入っていません。だから、いくら飲んでも...
オーストラリアのワインコミュニティーサイト「The Wine Wanker」によると、カンタス航空はこの夏、国際線など一部の長距離フライトで、希望のあった...
ヨーロッパで支持され、いよいよアメリカへ。不思議な変化を遂げた「ワインボトルの一輪挿し」が、こちらです。
飲み残したワインの保存方法として、抜いたコルクで栓をするのは誰でも想像が付くアイデア。ワイン好きなら、ボトルの空気を抜くためのワインセーバーやワインポンプ...
とは、「Thought Catalog」のライターChrissy Stockton氏の弁。どちらかというと、あまりワインが好きではない、もしくは嫌いではな...
さすがは「アメリカでもっともヘルシーなスーパー」という看板を担うだけあって、トップ5にもヘルシーやエコの観点を欠くことはありません。
大きなスクリーンで映画鑑賞しながら、テーブル付きの座席まで運ばれてくる本格的な料理を味わい、ビールやワインに酔いしれるーー。そんな映画館が2016年4月2...
「オーダーメイド」と聞くと、どこかハードルが高い印象。当然、普通のモノに比べると割高だし、そもそもどこでどう依頼したらイイのか分からない人も多いはず。でも...
東京・赤坂にあるレストランCROSS TOKYOにて先日行われたイベント、「ノムリエの会 meets 一関」。一流スタッフにより振る舞われる岩手県一関市の...
知っている人にとっては常識。ですが、知らない人にとっては、まさに「今さら聞けない…」のが、ここで話題にするシャンパン、スパークリングワインの違い。あらため...