まるでワインに精通しているかのようにオーダーする「5つのコツ」

ちょっといいレストランで食事をしようとするとき、避けては通れないのが「ワインの注文」。どうせならかっこよく、まるで詳しい人かのようにオーダーしてみたいですよね。

ここでは、ワイン評論家のMike Peterson氏がまとめた、ワインを頼む際のとっておきの方法を紹介しましょう。ここぞというデートの時に役立つかも?

01.
選んだらダメなのは
「2番目に安いワイン」

2c499c9491d0d1f0c624018218521e04ae6261c2

メニューのなかで一番安いワインを選ぶのは、なんとなく抵抗がありますよね?ついつい「2番目に安いワイン」を頼んでしまったことはないでしょうか。

レストラン側もそのことはよくわかっているので、最もよく頼まれる2番目に安いワインを、一番利益率が高い価格に設定していることが多いのです。利益率が高いということは、コストパフォーマンスが悪いということ。変に見栄を張ってレストランの策略にハマるのはやめましょう。

逆に、1番安いワインは品質相応の値段に設定されています。これが、なかなかおいしいものなんですよ。

02.
3杯以上飲むなら
ボトルのほうがお得

グラスで頼むべきか、ボトルで頼むべきか、悩む人も多いでしょう。ボトル1本はだいたいグラス4杯分ですが、グラス4杯のほうがボトル1本より高い場合がほとんどです。もし同じワインを3杯以上飲むなら、ボトルで頼みましょう。

ただ、割高だからといってグラスで頼むべきでないのかといえば、そうではありません。ワインは料理との相性が大切です。いろいろなワインを試すことができるのは、グラスならでは。

03.
ソムリエに伝えるべき
ポイント

40a9ec45eda5b07aaa9c55cf72d7b3ce1c9f3ef0

よほどワインに精通していない限りは、無理せずソムリエに相談しましょう。病気に正しい診断ができるのは医者だけなのと同じで、結局はワインも専門家に頼るのが一番です。

ソムリエには、次の4つのポイントを伝えましょう。

・色:赤か白か
・産地:新世界(フルーツの香り)か旧世界(土の香り)か
・コクの強さ:ライトボディ、ミディアムボディ、フルボディか
・予算

この希望さえ伝えれば、ぴったりのワインを選んでくれますよ。

04.
予算を言いたくないときは
メニューを指差す

誰にだって懐具合はあるものです。ソムリエに予算を伝えればその範囲内で選んでくれるとはいえ、デートなどで正直に予算が言えないときもあるでしょう。

そんなときは、メニューをソムリエに見せながら、ワインの価格を指差して「こんな感じで」と伝えましょう。ソムリエも予算を明らかにしたくないときがあることは心得ていますから、これで察してくれます。

05.
テイスティングでNGな香りは
「濡れた新聞紙」

A0a3d90ce3ae15150381fb50486e8d3b4c11f4e3

ワインが来たら、いよいよテイスティングです。これは、ワインに異常がないかをチェックするためのもので、味が好みかどうかを見るものではありません。

ソムリエがコルクの栓を抜いて、少量のワインを注いでくれます。数回グラスを回し、しっかりと香りを吸い込んだあと、味見をします。ここでもし濡れた新聞紙やダンボールのような匂いがしたら、迷わずソムリエに伝えてください。これは「コルクテイント(ブショネ)」と言って、稀に起きるワインにコルクの匂いが移ってしまう現象で、3〜5%くらいの確率で発生する事故のようなものです。これは開栓するまでわからないので、こうしたテイスティングが必要になるわけです。

コルクテイントが発生した場合は、無料で別のボトルに変えてもらうことができます。

Licensed material used with permission by Mike Peterson, ( Twitter)
近年、トゥルサン・タイやモンスーンバレーなど、タイ料理に合わせるためのワインもつくられています。ニュートラルなブドウ品種を主体としてブレンドしてつくられる...
あの子が「料理上手」なワケは、このポイントを抑えているから。知ってるのと知らないのとでは、雲泥の差。今日から使える料理知識をまとめてみました。
この夏を爽快にする白ワイン「KWV クラシック・コレクション シュナン・ブラン」。1,000円もしないのに、エチケットのデザインや美しいオリーブ色の液体に...
紫いもで作った「日本芋酒(にほんいもざけ)」は、ワインでもなければ焼酎でもない、さらに言えば日本酒でもない、全く新しい日本初の「生酒」なんです。
メルローズアベニューのポールスミスの壁に「Go Fuck Ur Selfie」という落書きがされてしまいました。
渋谷・道玄坂の巨大クラブ「VISION」で音とお酒と踊りを楽しむパーティ好きをセルフィー&スナップ。プライベートに迫るアンケートも公開。
同じワインなのに、レストランで飲んだ味と違う…。そんな経験があるなら、それは温度のせいかも。「Kelvin(ケルビン)」ならおいしかったあの味を家でも楽し...
キャッチフレーズは”にごりワインの”ヒトミワイナリーというほど、濁ったワインにこだわりをもつ造り手による赤ワイン「h3 IKKAKU イッカク 2017 ...
リーデルは、オーストリアのワイングラスやシャンパングラスを扱うガラスメーカー。ソムリエからも圧倒的な支持を受けている世界最高のグラスだ。
「ちょっと高くても美味しいワインを」としてオススメしたチリワイン「コラゾン・デル・インディオ ヴィニャ・マーティ」。値段は2,000円台前半。プレミアムワ...
「え、そんなとこにも?」という国の新緯度帯ワインをご紹介。ベトナム最大の街・ホーチミンから北へ約300kmの美しい高原地帯で生産される赤ワイン「ダラットワ...
まるでミックスネクターってくらいにフルーティさが際立つ、アメリカ、カリフォルニアの「アイアンストーン・オブセッション・シンフォニー」。超・超フルーティな香...
赤ワインをおいしい状態に仕上げるには、一定の長さ空気に触れさせておく必要がありますが、そのデカンタージュを代わりに果たしてくれるアイテムが登場しました。
国産ぶどう100%使用して日本で醸造される「日本ワイン」からオススメの1本。まるき葡萄酒の「まるき ルージュ」は和食との合わせがバツグン。そこには120年...
千葉県の飲食店「珈琲とワインのある暮らし25」から登場したのは、ワインの甘味や酸味を表現したコーヒー豆。「お酒を飲めない時でも、ワインを飲んだ時のような、...
ミッドソールには「転売用じゃないよ」、シュータンには「ちゃんと履いてね」などのメッセージが入っています。
新世界ワインから、日本産のワインを紹介。丹波ワインの「京都青谷産スパークリング城州白梅ワイン」。いわゆる「日本ワイン」とはひと味どころじゃなく違うけど、め...
東京・赤坂にあるレストランCROSS TOKYOにて先日行われたイベント、「ノムリエの会 meets 一関」。一流スタッフにより振る舞われる岩手県一関市の...
近年、シアトルでは街中や郊外にワイナリーが増加中。そのきわめつけが、都心部から車で30分の場所にあるワイン村・Woodinville(ウィッディンビル)。...
イスラエル北部のゴラン高原にの白ワイン「ガムラ・リースリング」。最先端を行く科学技術と伝統的な醸造法を組み合わせることで、国際的な評価の高い白ワイン。焼き...