ぽかぽかあたたまる。とろりとあまいホットチョコレートワイン。

今日1日がんばったご褒美に。とろとろあまくて、ぽかぽかあたたまる。美味しいホットチョコレートワインはいかがでしょうか。ホットチョコレートとホットワインの美味しいところをぎゅっとまとめた、とびきりしあわせな飲み物です。作り方はとっても簡単。ていねいに作って、ひとくちひとくちを大切に味わいましょう。

4b533e0e09420c02ffacef26cebc067e0d611797

材料(作りやすい分量)

チョコレート…板チョコ1枚(およそ50グラム)
牛乳…300cc(カップ1・1/2杯)
赤ワイン…200cc(カップ1杯)


作り方


1 チョコレートを刻みます。
2 鍋に牛乳を入れ、弱火で温めたら、チョコレートを入れ、木ベラでよくかき混ぜます。牛乳は煮立てないように気をつけましょう。
3 チョコレートが完全に溶けたら、赤ワインを入れます。ふたたび木ベラで混ぜ合わせ、全体が温まったら火を止めます。家に余ったワインから使いましょう。
4 茶漉しで漉して、お気に入りのカップに注いだら出来上がりです。

身体にいいこと
こんなにたくさん!

チョコレートとワインに含まれているポリフェノールには抗酸化作用があり、シミやシワを防ぎ美肌にする効果があります。また、温めていただくことで、血行が良くなりますので、これからの季節にぴったりの飲みものと言えるでしょう。

仕事が終わった自分へのご褒美やホームパーティでのおもてなし、冬のキャンプなどにもぴったりです。お気に入りのカップを用意してゆったりした時間を過ごしてみてください。

0d3d503834bc7b14f6a1244fc225ecdc03c2c6e2

板チョコ1枚刻むときは、このくらいの粗さで大丈夫。

Fce0284f96365d97b147a41489066312fc6285ab

おやつに、ナッツとドライフルーツと一緒にいただいても。

Licensed material used with permission by Purewow
赤ワインにダークチョコ。口に含んで鼻に抜ける香りをしみじみ味わえば、どちらも至福のひとときをもたらしてくれます。もともと好相性なこのふたつですが、ここ数年...
このチョコレートは「食前酒」→「スープ」→「魚料理」→「シャーベット」→「肉料理」→「カフェ」の順番でお召し上がりください。
溶かしたチョコレートにナッツやビスケットを入れて固めるだけ。
紫いもで作った「日本芋酒(にほんいもざけ)」は、ワインでもなければ焼酎でもない、さらに言えば日本酒でもない、全く新しい日本初の「生酒」なんです。
今年のバレンタインはどんなチョコレートをもらった?板チョコはちょっとがっかりだけど、それが「ビーントゥバー」なら話は別。数年前から話題になっているビーント...
千葉県の飲食店「珈琲とワインのある暮らし25」から登場したのは、ワインの甘味や酸味を表現したコーヒー豆。「お酒を飲めない時でも、ワインを飲んだ時のような、...
2月23日(金)からhako galleryで、14~15世紀のフランスで親しまれていたスパイスワイン「hypocras(イポクラス)」が飲める。体の内側...
「Rebel Coast Winery」による、カリフォルニア産ソーヴィニヨンブランを使ったワインには、アルコールが入っていません。だから、いくら飲んでも...
チョコレート界隈が騒がしくなる時期がやってきました。バレンタインのチョコというと、カラフルなチョコや、クリームが中に入っているようなトリュフを思い浮かべる...
元来チョコレート好きで、いろんな変わり種チョコレートも食べ歩いてきた私も驚いてしまった。梅干し、奈良漬、柚子酒に山椒!? ロンドンで行われたチョコレートの...
ワインって、もっと身近な飲みものって捉えた方がいい気がする。かしこまって飲んでも美味しくないって思うのは僕だけじゃないはず。ならば、この「Guzzle B...
ボルドーワインと聞けば、多くの人が重厚な赤ワインを思い浮かべるだろう。しっかりとしたお肉料理にどっしりと重いフルボディの赤。しかし太陽がさんさんと降り注ぐ...
ホットウィスキーが気づかせてくれたのは、お花見は「さくらを眺めるとき」でもあり、「年度最後の寒さを感じるとき」だということ。そんな風に思えば、少しは寒さが...
新しいもの、おいしいものが好きな博多の人たちには、嬉しいニュースかもしれません。Bean to Barの火付け役のひとつとも言える「ダンデライオン・チョコ...
世界トップレベルでワインの消費量が多い国であるイギリス。誰もがワインを愛する反面、空になったワインボトルのゴミ処理は、国内でも大きな問題になっています。
ライターAshley Fern氏が、この記事で一番伝えたいことは「ワインこそが女性の最高の友である」ということ。女性がワインにどっぷりハマってしまう理由を...
ヨーロッパで支持され、いよいよアメリカへ。不思議な変化を遂げた「ワインボトルの一輪挿し」が、こちらです。
ジンジャーエールとビールを混ぜた「シャンディ・ガフ」や、トマトジュースを混ぜた「レッド・アイ」など、ビールを使ったカクテルは日本でも一般的ですが、こんな飲...
安い赤ワインを使ったあるカクテルが、いまブルックリンの若者を中心に人気が高まってきているらしい。それが「Kalimotxo(カリモーチョ)」と呼ばれる、め...
家飲みの終盤、グラスにちょっとだけワインが余ってしまうことがあります。こんなときのハッピーな解決策をご紹介。ローマの南、コーリという小さな町の銘菓「チャン...