ワインみたいでワインじゃない。紫いもで作った「日本芋酒」ってなに?(日本初)

そうそう、こうやって食卓には色鮮やかな赤ワインを用意して、と思ったら…。え、ワインじゃないの!?

これは、紫いもで作った「日本芋酒(にほんいもざけ)」と呼ばれるもので、ワインでもなければ焼酎でもない、さらに言えば日本酒でもない、全く新しい日本初の「生酒」なんです。

赤ワイン同様に
ポリフェノールたっぷり

「日本芋酒」は、焼酎のように蒸留せず、日本酒のように絞って作った醸造酒なので、正確には「その他の醸造酒」に分類される全く新しいお酒だとか。ちなみにアルコール度数は13%。

ポリフェノールは赤ワインと同じくらい含まれていて、さらにお酒としては珍しく紫いも由来の食物繊維や、ミカン2個分のクエン酸も含まれているとか。ヘルシーで女性にも人気が出そうですね。

肉料理やトロ
ウニとの相性もいい!

宮崎県にある製造元の「神楽酒造」によれば、

香りはほんのり芋の香りがします。味はほのかな甘みがありますが、焼酎麹由来の酸味もあり、すっきり飲みやすいお酒です。

肉料理やトロ、ウニ、肝など濃厚な食材との相性も抜群です。さらに、レーズンバターのようなおつまみや、チョコレートなどのデザートにも合います。

とのこと。

そんなお酒好きならずとも気になってしまう「日本芋酒」。現在はインターネット販売のみですが、4月27日(水)まで渋谷の東急百貨店にて試飲&即売会を開催中とのこと。価格は1本3,500円(税込)。

いまだかつてない味覚体験、楽しんでみては?

『日本芋酒 試飲即売会』
期間:~4月27日(水)まで(※その後、同店舗にて継続販売予定)
場所:東急百貨店 渋谷駅・東横店 地下1階
営業時間:12:00~19:30
アクセス:JR、東京メトロ渋谷駅直結

Licensed material used with permission by 神楽酒造株式会社
他の記事を見る
「日本酒は体にいい」古くからそう言われてきたように、米と水からつくられるお酒には、日本酒由来の成分があります。「shu re」はそこに着目。
スコッチウイスキー「シーバスリーガル」の樽で日本酒「満寿泉」を熟成させ、ブレンドした「リンク 8888」。ホリデーシーズンのパーティや宴で、お世話になった...
9年連続ミシュラン1ツ星を獲得するシェフが「野菜とマリアージュする酒」と表現する「惣誉 生酛仕込 純米大吟醸」。実家の親に大人としての成長を感じさせるのも...
着物の襟からおっぱいポロリしている女性のイラストが描かれた、“ちょっとエッチな日本酒”「ゆきおんな」。この冬限定で、12月15日から販売中。
日本各地の女性蔵元、女性杜氏の手による日本酒。市松模様が施されたスタイリッシュなラベルからも、女性ならではのセンスや繊細さが感じられます。それなのに、「男...
国産ぶどう100%使用して日本で醸造される「日本ワイン」からオススメの1本。まるき葡萄酒の「まるき ルージュ」は和食との合わせがバツグン。そこには120年...
国産ぶどう100%使用して日本で醸造される「日本ワイン」からオススメの1本。大和葡萄酒の「番イ(つがい) 2016」は刺身との相性がいい白ワイン。一緒に飲...
平成元年に醸造された熟成酒が平成最後の年に満を持して登場!
ここのところ、家飲みには欠かせなくなってしまった日本酒。酒蔵を巡るのも好きだけど、もっと試飲がたくさんできたらいいのにな〜と思ってたら、埼玉の川越市にある...
福井県吉田郡永平寺町にある日本酒蔵「吉田酒造有限会社」。その酒造りを今年から取り仕切る杜氏が吉田真子さん。弱冠24歳の、日本最年少女性杜氏です。彼女がつく...
ワインのように熟成させることは珍しい鮮度命の日本酒生酒。酒造が設定している解禁日にでも見学しない限り、なかなか「しぼりたて」を当日中に飲むことはできない。...
本物のお酒が入ったBoozy Soaps。一つひとつ手作りされていて、バーボン・ウイスキーなどのお酒のほか、ローズマリーの葉やクランベリーの種といった天然...
新世界ワインから、日本産のワインを紹介。丹波ワインの「京都青谷産スパークリング城州白梅ワイン」。いわゆる「日本ワイン」とはひと味どころじゃなく違うけど、め...
フルーツが傷んできたときに覚えておくといいのが、水や砂糖で煮込むコンポート。通常はワインを入れてつくるものですが、カラダのことを考えると同じお酒でも日本酒...
「懐かし〜」より「斬新!」な、カクテルベースになるたまご酒。
注文方法は、顔の画像を添付して送るだけ。
一般的にレモンを搾ってツルり。ですよね。ここに紹介するのは、ひと味違うおいしさを体験できる食べ方です。
11月末に代々木公園で開催される「大江戸和宴 〜そばと日本酒の博覧会〜」。2年目となる今年も、昨年に続いて全国のそば処、酒処から選りすぐりの逸品が集合する...
岡山県の農家が1859年に発見し、現在も岡山県が生産量の95%を占める酒造好適米、「雄町」。広く普及している酒米「山田錦」や「五百万石」のルーツとなった品...
「酒造りの神様」の異名を持ち、日本最高峰の醸造家である農口尚彦さん。酒造りの最高責任者である杜氏(とうじ)として、1970年代以降低迷が続いていた日本酒市...