赤、白、ロゼ、最も「二日酔い」になりやすいワインは・・・?

赤、白、ロゼ、アルコール度数が一緒なら、酔い方だって同じはずと思っている人たちへ。ワインの色によって「二日酔いの度合い」がまったく違うという事実を覚えておきましょう。週半ば、明日も朝から大事な仕事。そんな夜に避けるべき色は……?

“二日酔い”しやすいのは
「赤」ワイン

答えは「赤ワイン」。でも、ちょっと待て。タンニン、カテキン、フラボノイドといったポリフェノールを多く含有し、抗酸化作用も注目される赤ワインは、「体にいいもの」という印象があるはずだ。

けれど実際のところは、白<ロゼ<赤の順で二日酔いを誘因しやすい。と、「INSIDER」は飲み方指南をを交えて解説している。

原因は、発酵によって
生成される不純物にアリ

では、なぜそう言えるのか?これを科学的に調査したのが、豪パースにある国立薬物研究所のSteve Allsop教授。曰く、翌朝気分が悪くなるかどうかは、ワインに含まれる不純物の量に関係し、二日酔いの強さは、口にするワインに含まれる“コンジナー”の量によるもの、とAllsop教授は「ABC News」の記事の中で説明した。

この聞きなれない「コンジナー」とは、ブドウや穀類など原料中のタンパク質と糖質が発酵するときに生成される副産物のこと。この物質が二日酔いの不快感を引き起こす張本人なんだとか。

果汁のみ使用する白ワインと違い、赤ワインはブドウの皮や種も一緒に醸造するため、当然ながらコンジナーの量も多くなる。ゆえに、ワインの中では白<ロゼ<赤の順で、二日酔いしやすくなるという話。

ところがこのコンジナー、ワインの色や香りを決定づける「風味」としても一役買っている。それゆえの副産物。一概に「コンジナー=悪の元凶」という位置付けにもできない。

日本酒、ビールなど
ほどほどにしたい醸造酒

もちろん、このコンジナーが二日酔いの可能性を測るための唯一の指標ではない。ワインの温度を原因とする人もいれば、炭酸入りのスパークリングワインの方が、酔いが回るという意見も。これは、炭酸によって血中へのアルコールの吸収が促進されるため。

そうなると、すべては「体質による?」と思いたくなるが、色よりもまずは、不純物、添加物の量で測ってみることが重要。ぜひ一度試してみて欲しい。

ちなみにワインだけでなく、日本酒、ビールといった種類のお酒はどれも「醸造酒」。その醸造酒を気化・冷却することで純度を高めた「蒸留酒」は、一般的に二日酔いしにくいと言われている。ウィスキーや焼酎などがそれ。

よく耳にする「ワインは悪酔いする」、「日本酒は次の日残る」は、ある意味ホントということだけは間違いないようだ。

※本記事では、一部誤りがあったため訂正を加えております。2016/08/18 15:00

Reference:INSIDER, ABC News
「Rebel Coast Winery」による、カリフォルニア産ソーヴィニヨンブランを使ったワインには、アルコールが入っていません。だから、いくら飲んでも...
紫いもで作った「日本芋酒(にほんいもざけ)」は、ワインでもなければ焼酎でもない、さらに言えば日本酒でもない、全く新しい日本初の「生酒」なんです。
お店で提供しているようなペアリングや日本酒のアレンジは、自宅で簡単に再現できる?
「日本酒は体にいい」古くからそう言われてきたように、米と水からつくられるお酒には、日本酒由来の成分があります。「shu re」はそこに着目。
「世界で飲まれる日本酒づくり」をコンセプトにしている、山形発の酒造メーカー「WAKAZE」。この度、パリに酒造を新設します。
国産ぶどう100%使用して日本で醸造される「日本ワイン」からオススメの1本。大和葡萄酒の「番イ(つがい) 2016」は刺身との相性がいい白ワイン。一緒に飲...
ブラジルのお酒カシャッサ(またはカシャーサ)は、サトウキビから造られる蒸留酒のこと。近年、クラフト・カシャッサが国際品評会で次々とメダルを獲得。なかでもカ...
国産ぶどう100%使用して日本で醸造される「日本ワイン」からオススメの1本。まるき葡萄酒の「まるき ルージュ」は和食との合わせがバツグン。そこには120年...
スコッチウイスキー「シーバスリーガル」の樽で日本酒「満寿泉」を熟成させ、ブレンドした「リンク 8888」。ホリデーシーズンのパーティや宴で、お世話になった...
新世界ワインから、日本産のワインを紹介。丹波ワインの「京都青谷産スパークリング城州白梅ワイン」。いわゆる「日本ワイン」とはひと味どころじゃなく違うけど、め...
本物のお酒が入ったBoozy Soaps。一つひとつ手作りされていて、バーボン・ウイスキーなどのお酒のほか、ローズマリーの葉やクランベリーの種といった天然...
最近「お酒の量がめっきり減った」のは、体力的な問題?そう自問自答する人へ向けた記事がこちら。「Elite Daily」が、医療ジャーナリストのKevin ...
9年連続ミシュラン1ツ星を獲得するシェフが「野菜とマリアージュする酒」と表現する「惣誉 生酛仕込 純米大吟醸」。実家の親に大人としての成長を感じさせるのも...
フルーツが傷んできたときに覚えておくといいのが、水や砂糖で煮込むコンポート。通常はワインを入れてつくるものですが、カラダのことを考えると同じお酒でも日本酒...
「懐かし〜」より「斬新!」な、カクテルベースになるたまご酒。
着物の襟からおっぱいポロリしている女性のイラストが描かれた、“ちょっとエッチな日本酒”「ゆきおんな」。この冬限定で、12月15日から販売中。
日本各地の女性蔵元、女性杜氏の手による日本酒。市松模様が施されたスタイリッシュなラベルからも、女性ならではのセンスや繊細さが感じられます。それなのに、「男...
イスラエル北部のゴラン高原にの白ワイン「ガムラ・リースリング」。最先端を行く科学技術と伝統的な醸造法を組み合わせることで、国際的な評価の高い白ワイン。焼き...
メディカルクリニックの院長・馬渕知子さんは、著書『朝のコーヒー、夜のビールがよい仕事をつくる』(クロスメディア・パブリッシング)のなかで、医学的な視点から...
ドイツの200年以上歴史をもつ醸造所と、歴史は浅いけどアメリカで新世界ワインの開拓者として活躍を続けてきたワイナリーのコラボブランドがつくった白ワイン。そ...