【世界初】「二日酔いの人だけ」が入れるBARが誕生。でもじつは…

週末飲んではしゃいで、天国みたいに楽しい時間を過ごしたのはいいけれど、あとから地獄のような二日酔い…。

そんなつらいハングオーバー(二日酔い)を癒してくれる、楽園のようなBARが存在します。その名も「ハングオーバー・バー」。

お酒が抜けない人を
とことん癒します

そのバーがあるのは、オランダのアムステルダム。入り口では呼気による血中アルコール濃度チェックも行われるほどの徹底ぶり。生粋の二日酔いの人しか、入れません。営業時間は金〜日曜日の10時から18時と、飲みすぎた翌日に体を癒すのにぴったりな時間帯です。

しかも監視員がいて、本当に二日酔いかどうかを定期的に見て回っているそうです。まさに、二日酔いを「癒す」ことだけに特化したバー。

「ふかふかベッド」や
「新鮮なスムージー」も

緑いっぱいの店内には、気持ちいいふかふかのベッドがズラリ。すべてのベッドにはスクリーンもついていて、恋人や友だちとゆっくり映画を見ながら体を休めることもできます。

さらに、飲みすぎの人は脱水状態になりやすいため、ビタミンを補給できる新鮮なジュースやスムージーも完備。お腹が空いたらフードデリバリーの「foodora」がプロデュースする、二日酔い専用メニューをオーダーすることも可能。

さらに、頭をリフレッシュするための酸素吸入マシンまであるというから驚きです。

ここまできたらお分かりかもしれませんが、このBARにはビールもワインも、アルコール類は一切置いてません。

仕掛けたのは
「マットレス」の会社

じつはこの「ハングオーバー・バー」は、2016年9月よりスタートした期間限定のお店。主催しているのは、マットレスをつくるベンチャー企業「Matt Sleeps」です。用意してあるふかふかのマットレスは、すべてMatt Sleeps社製だったのです。

たしかに地獄のような二日酔いのときにこんなに優しくしてもらったら、思わず1セットくらい買ってしまうかも…という、1本取られたマーケティグ手法でした。

Licensed material used with permission by Matt Sleeps
「Rebel Coast Winery」による、カリフォルニア産ソーヴィニヨンブランを使ったワインには、アルコールが入っていません。だから、いくら飲んでも...
KLMオランダ航空の本拠地、アムステルダム・スキポール空港。何よりまず向かうべきは『Heineken bar(ハイネケン バー)』です!
一流のBARがこぞって力を入れているのが、じつはノンアルコールカクテルなんだそうな…??
メディカルクリニックの院長・馬渕知子さんは、著書『朝のコーヒー、夜のビールがよい仕事をつくる』(クロスメディア・パブリッシング)のなかで、医学的な視点から...
ここは、カクテルを飲む習慣がない人にこそ行って欲しいお店。恵比寿の名店「Bar TRENCH」です。このお店のメニューには、ジントニックやモヒート、マンハ...
最近「お酒の量がめっきり減った」のは、体力的な問題?そう自問自答する人へ向けた記事がこちら。「Elite Daily」が、医療ジャーナリストのKevin ...
やっぱ世界は広い!つい、こう言いたくなるような話題です。日本では、二日酔いの朝といえば「しじみの味噌汁」や「梅干し」が代表的。では、世界中の人たちはどんな...
赤、白、ロゼ、アルコール度数が一緒なら、酔い方だって同じはずと思っている人たちへ。ワインの色によって「二日酔いの度合い」がまったく違うという事実を覚えてお...
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
アジアNo.1の女性パティシエが手がける。 デザートとお酒が夜遅くまで楽しめる、日本初のデザートバーJANICE WONG DESSERT BAR〒151...
欧米メディアで今年大注目の「ターメリックミルク」。肝臓に良いとされているウコンの粉を練ってつくるわけだから、当然お酒を飲む前後に飲むことで二日酔いの予防に...
従来とは違う新しいお酒の楽しみ方として、かなり奇抜だと注目を集めているのがこの「Alcoholic Architecture」。ミスト状のアルコールが充満...
飲み会は楽しいけれど、辛いのは翌日の二日酔い。朝から予定があったりすると、なおさら大変です。この症状に対抗すべく、シリコンバレーのエンジニアが立ち上がりま...
 ノンアルコールビールもすっかりおいしくなり、今ではアルコールなしのカクテルが注文できるバーもたくさんあります。少し前までは特別なものだった「ノンアルコー...
アムステルダムで考案された、「自転車」と「環境」をかけ合わせたプロジェクト。自転車のペダルを漕ぐと、再生可能エネルギーを生産できるというもの。
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
アボカドサラダにトッピングされている様子は、とっても美味しそう!
「世界で飲まれる日本酒づくり」をコンセプトにしている、山形発の酒造メーカー「WAKAZE」。この度、パリに酒造を新設します。
「Marry an Amsterdammer(アムステルダムの人と結婚せよ)」アムステルダムで始まった新しい旅の企画です。地元の人と指輪交換含むウェディン...