女性を守ろう!BARの化粧室の「貼り紙」がナイス

フロリダ州の、とあるBARの女性用化粧室に貼られた、一枚の紙。

そこに書かれていたのは、もしも危険なデートで男性から逃げたいシチュエーションのとき、女性を救うための合言葉でした。

しつこい「お誘い」から
女性を助けるBARの取り組み

その合言葉とは、「エンジェルショット」というカクテルをオーダーすること。すると、BARのスタッフがこっそり助けてくれるだけでなく、オーダー方法によってもその方法が異なるそうです。

たとえば、こんな風に。

「ストレート」→バーテンダーが、移動できるようにエスコート
「アイス」→バーテンダーがUberかLyftを手配してくれる
「ライム」→バーテンダーが警察を呼んでくれる

ヒミツの「合言葉」で
危険を回避する

A092fc72b0d29932db60c0925185e44a9abba8d9

BARで頼むメニューが合言葉になっているなんて、まるでスパイ映画みたいですが、これは女性にとっては差し迫った問題です。

普通に助けを求めればいいのでは?と思うかもしれませんが、そうもいかないことだってたくさんあります。「自分とデートしている最中に女性に助けを求められた」とわかったら、そのあと仕返しをされる可能性もあります。つまり、こうやってこっそり助けを求めることができれば、女性も安心なのです。

ちなみに、これはこのBARが独自に決めている合言葉なので、他のBARでは使えないのでご注意を。あまり評判が広がりすぎると意味がなくなってしまうのですが、こうした工夫で危険に巻き込まれる女性が少しでも減少するといいですよね。

Licensed material used with permission by @yogiwan_kenobi
週末飲んではしゃいで、天国みたいに楽しい時間を過ごしたのはいいけれど、あとから地獄のような二日酔い…。そんなつらいハングオーバー(二日酔い)を癒してくれる...
従来とは違う新しいお酒の楽しみ方として、かなり奇抜だと注目を集めているのがこの「Alcoholic Architecture」。ミスト状のアルコールが充満...
一流のBARがこぞって力を入れているのが、じつはノンアルコールカクテルなんだそうな…??
暑さを言い訳にして、ついつい何杯も飲んじゃいそうなオレンジ色したレモネード。いちごとバジルの香りがスッキリしていて、うだるような暑さも気持ちよく感じられるかも!
青梅ではなく完熟梅を使ってつくる自家製のポン酢。今の時期だけのおたのしみ。
BARに行ったとき、ウイスキーをニート(ストレート)で飲む女性を見ると、思わずなんてカッコいいんだろう、と思うんです。でも男性からすると、少し近寄りがたく...
2015年11月に東京・中目黒にオープンした「green bean to bar CHOCOLATE」は、その名の通り、「Bean to Bar」のチョコ...
、認知能力をあげ、頭の回転を早くするための「栄養バー」なるものの存在を知ってますか?
気になる彼との初デートほど、ドキドキで不安なものはありませんよね。そして女性なら誰もが、そこで彼の人間性を見極めたいと思うもの。「Elite Daily」...
男性と女性だと、恋愛の考え方がかなり違うのかもしれません。…と、頭では理解していても、あまりにデリカシーがないと、どんなに心が広い女性でもイラッとしてしま...
用途もデザインも、両方兼ね備えていないとダメっていう、うるさい(めんどくさい)料理男子たちへ。
フォーブス・トラベルガイドの「眺めのイイ世界のベストバー」を筆頭に、数々の受賞歴を持つ「絶景バー」をご紹介。場所は、インドネシアの人気リゾート地・バリ島。...
Lisette Pylantさんは26歳の誕生日に友達の紹介で、ある男性(Justin)とバーに行くことに。友人が働いているバーでお酒を飲んでいたのですが...
子どもたちがキャーキャー言いながら「ボールプール」で遊んでいるのを見ると、ついこう思ってしまいますよね。「あの中に混ざって一緒に遊びたい…!」そんな欲望を...
いかにもセクシー服装をしている女性の姿より、セクシーじゃない女性の普段の姿や行動が、男性にとってそそられるそうです。例えば、歩く姿やユーモアのある時や、好...
男性のみなさん、気になる女性と2人きりで初めて食事に行ったとき、お会計はどうしていますか?全部自分で払うのが当然、と思っている人が多いかもしれません。でも...
自分は完璧な女性と結婚することができた、と振り返るSteven Aitchison氏。そんな彼がブログで、男性が手放すべきでない女性の特徴を紹介しています...
中国でキャッシュレス化がどんどん進んでいるっていうのはよく耳にする話。で、他の国はどうなんだろう?と思って、いろいろ調べているうちに、意外な国が目に留まり...
「自宅で専属のバーテンダーが、毎晩カクテルを作ってくれる」。これ、ロボットが叶えてくれます。
「何が不満なのか分からない」、「どこまで指導していいのか迷ってしまう」……。企業における女性社員の現場で、女性部下の「取り扱い」について頭を抱えている男性...
ビジネスコーチのMelanie Gormanさんと著者のJohn Grayさんが共同で寄稿した「Your Tango」の記事は、女性が意見することを激励し...
ライターSara Calivaがわざわざ「Elite Daily」で記事にしたのは、デートを重ねるごとに見出してきた好感度アップのサインと、その逆のダウン...
本気で自分を愛した男性が、どうなるのかを知っている女性は、同時に、愛し方を知っている。愛するということは、愛し方を教えるのに等しい。
「ブロンド美女と付き合ってみたい」と思う男性たちには、『外人女性交際マニュアル』(トランス・ワールド・ジャパン)がオススメ。外人女性といかに付き合うのかと...