女性を守ろう!BARの化粧室の「貼り紙」がナイス

フロリダ州の、とあるBARの女性用化粧室に貼られた、一枚の紙。

そこに書かれていたのは、もしも危険なデートで男性から逃げたいシチュエーションのとき、女性を救うための合言葉でした。

しつこい「お誘い」から
女性を助けるBARの取り組み

その合言葉とは、「エンジェルショット」というカクテルをオーダーすること。すると、BARのスタッフがこっそり助けてくれるだけでなく、オーダー方法によってもその方法が異なるそうです。

たとえば、こんな風に。

「ストレート」→バーテンダーが、移動できるようにエスコート
「アイス」→バーテンダーがUberかLyftを手配してくれる
「ライム」→バーテンダーが警察を呼んでくれる

ヒミツの「合言葉」で
危険を回避する

BARで頼むメニューが合言葉になっているなんて、まるでスパイ映画みたいですが、これは女性にとっては差し迫った問題です。

普通に助けを求めればいいのでは?と思うかもしれませんが、そうもいかないことだってたくさんあります。「自分とデートしている最中に女性に助けを求められた」とわかったら、そのあと仕返しをされる可能性もあります。つまり、こうやってこっそり助けを求めることができれば、女性も安心なのです。

ちなみに、これはこのBARが独自に決めている合言葉なので、他のBARでは使えないのでご注意を。あまり評判が広がりすぎると意味がなくなってしまうのですが、こうした工夫で危険に巻き込まれる女性が少しでも減少するといいですよね。

Licensed material used with permission by @yogiwan_kenobi
アジアNo.1の女性パティシエが手がける。 デザートとお酒が夜遅くまで楽しめる、日本初のデザートバーJANICE WONG DESSERT BAR〒151...
ここは、カクテルを飲む習慣がない人にこそ行って欲しいお店。恵比寿の名店「Bar TRENCH」です。このお店のメニューには、ジントニックやモヒート、マンハ...
週末飲んではしゃいで、天国みたいに楽しい時間を過ごしたのはいいけれど、あとから地獄のような二日酔い…。そんなつらいハングオーバー(二日酔い)を癒してくれる...
従来とは違う新しいお酒の楽しみ方として、かなり奇抜だと注目を集めているのがこの「Alcoholic Architecture」。ミスト状のアルコールが充満...
餃子×オニオングラタン×ワイン フランス流!表参道で味わう新感覚の餃子専門店GYOZA BAR Comme a Paris〒150-0002 東京都渋谷区...
ノンアルコール飲料の需要は年々高まっており、イギリス・ロンドンでは新しいジャンルとしてバーやカフェなどでも「MOCKTAILS(モクテル)」というノンアル...
BARに行ったとき、ウイスキーをニート(ストレート)で飲む女性を見ると、思わずなんてカッコいいんだろう、と思うんです。でも男性からすると、少し近寄りがたく...
株式会社ツドイは、本格的ノンアルコールドリンクのみを提供する「Bar Straw」をオープン。第1回は9月4日(水)19:00〜22:00に神楽坂「かもめ...
一流のBARがこぞって力を入れているのが、じつはノンアルコールカクテルなんだそうな…??
カカオ豆からの全行程を店内で手作り中目黒にあるBean to Barチョコレート専門店green bean to bar CHOCOLATE 〒153-0...
22日(金)にリニューアルオープンする新生・渋谷PARCO内で、未来型SAKEセレクトショップ&BAR「未来日本酒店/KUBOTA SAKE BAR」が営...
山形県酒田市にある楯の川酒造がつくっているお酒「ヨー子」は、「楯野川 純米大吟醸酒」と、鳥海山麓の牧場から届いた「ヨーグルト」をブレンドしたお酒。“週末だ...
東京から、たった4時間。週末トリップの目的地として常に人気のこの国には多くの魅力が溢れている、なんてこと今さら言うまでもないでしょう。むしろ「おすすめスポ...
西海岸スタイルのフォーやブンが大人気 モダンな店内で落ち着ける原宿のベトナム麺食堂Pho 321 Noodle bar〒150-0001 東京都渋谷区神宮...
2015年11月に東京・中目黒にオープンした「green bean to bar CHOCOLATE」は、その名の通り、「Bean to Bar」のチョコ...
コーヒービール、炭酸入りエスプレッソ、超クリーミーなマキアート3種の限定ドリンクが楽しめる、東京ミッドタウン店 Starbucks Reserve Bar...
「Amazon」は、9月18日~23日に期間限定バー「Amazon Bar ~Tasting Fest~」をオープンする。場所は、天王洲のキャナルエリア。...
気になる彼との初デートほど、ドキドキで不安なものはありませんよね。そして女性なら誰もが、そこで彼の人間性を見極めたいと思うもの。「Elite Daily」...
男性と女性だと、恋愛の考え方がかなり違うのかもしれません。…と、頭では理解していても、あまりにデリカシーがないと、どんなに心が広い女性でもイラッとしてしま...
本気で自分を愛した男性が、どうなるのかを知っている女性は、同時に、愛し方を知っている。愛するということは、愛し方を教えるのに等しい。