なぜ、BARでウイスキーを頼む女性に惹かれてしまうのだろうか?

BARに行ったとき、ウイスキーをニート(ストレート)で飲む女性を見ると、思わずなんてカッコいいんだろう、と思うんです。でも男性からすると、少し近寄りがたく感じる存在なのかもしれません。

ですが、勇気を振り絞って何杯か共にすると、いつしか彼女の虜に…。お酒に強く、たくましい彼女にあえて声をかけるべき10の理由を「Elite Daily」の恋愛エキスパートDan Scottiさんが語ります。

01.
お酒に強いから
夜も長く付き合ってくれる

バカルディをショットするたびに食べ物で調和しないといけない女性は、ワインなら2杯ほどでお腹いっぱいになるのが目に見えている。そんなの楽しくないだろう?

高級レストランに行くときは別として、それなりに飲んでくれたほうが夜も長続きするってもの。

つまり、ウイスキーのニートを飲んでいる女性なら安心、ということだ。

02.
自信家のたくましい女性って
素敵だよね

そもそも、ある程度自分に自信がないと、ウィスキーなんて頼まないだろ?

僕が思うに、自信家の女性は「根性」が座っているんだ。つまり、芯がしっかりしているということだ。バーテンダーにどう思われようと欲しいものを頼む彼女たちの姿勢は、人生のあらゆる場面にも反映されているんじゃないかな。

03.
彼女たちは
中途半端がキライ

お酒の頼み方が普段の行動パターンを映す鏡だとするならば、彼女たちは何事も途中では諦めないタイプだろう。週末になるたび女友達とBARへ出かけては、本気で男を落とそうとする。

結局、つぶれて吐いて終わる夜もあるかもしれないけど、一晩中なにも行動せず「帰りたい…」と、ごねているだけの子よりは、魅力を感じるんだ。

04.
自然と異性を惹きつける

「セクシーさ」を感じないお酒や状況ってあると思うんだ。僕的には炭酸水も論外だけど、安い酒場で「白ワインちょうだい!」と叫ぶ女性には、正直ガッカリするほかない。

ところがなぜか、ウイスキーをショットする女性にはグッときてしまうんだよな。

05.
ウイスキー女子は
洗練されていて知的だ

ウイスキーが好きな女性は洗練されていると思う。そして、だいたい謎めいた趣味を持っていたりする。

冷蔵庫の上にジム・ビームのボトルを置いている子は、夜中の2時から読書を始めるようタイプだ。

06.
大人の意見を
持っている

ウイスキーを飲むのは、大人な女性だと思うんだ。まるで彼女自身がウイスキーのようだ。

そんな彼女には、下ネタを振っても失笑されるのが関の山だ(笑)。でも、くだらない話だけじゃなく、大人な意見を交換し合える相手を求めているなら、この手の女性が一番だよ。

07.
お酒の味に
こだわりを持っている

彼女たちは、早く酔っ払いたいからウイスキーを飲むんじゃない。周りに「自分は強い」と証明したいわけでもない。言ってしまえば彼女たちは、単なるお酒好きだ。品のあるウイスキーに純粋に惹かれ、飲み始めただけなんだ。

安いウォッカのショットだってやろうと思えばできるけど、悪酔いすることなんてまったくもって求めていない。

ちょっとずつウイスキーを流し込むことに幸せを感じているんだ。

08.
社交的ではないけど
芯は強い

正直言って彼女たちは、社交的とは呼べない。そもそもウイスキーを飲み始めたのも、おとなしさゆえの「照れ隠し」とも言えるだろう。

わざわざ自分と合わないメンバーと遊ぶこともない。でも、見ず知らずの人に失礼な態度をとられたときは、黙って見過ごすことはない。たとえ少し攻撃的になったり、翌朝後悔するハメになったとしてもだ。

09.
じつは情熱的で
熱い心を持っている

ウイスキーを立て続けに飲むと、さすがに本心が垣間見えてくる。

こういうタイプは「人に無関心」なんて思われがちだけど、数杯飲んで語らい合えば、秘めているアツい心を見せてくれるんだ。

10.
ちょっとSEXYだよね

ウイスキーを飲む人は、そんな印象を持たれがちだし、多くの人はその通りの印象を貫いてくれる。

オートバイには乗れないかもしれない。ベースやギターは弾けないかもしれない。でもウイスキーの量で彼女たちの「SEXYなワルさ」は静かに伝ってくるはず。

Licensed material used with permission by Elite Daily
フロリダ州の、とあるBARの女性用化粧室に貼られた、一枚の紙。そこに書かれていたのは、もしも危険なデートで男性から逃げたいシチュエーションのとき、女性を救...
一般的には常識外れな亜熱帯の台湾で造られるウイスキー「KAVALAN(カバラン)」。造り方とか調べると、けっこう“台湾としての個性”を感じさせる面白いお酒です。
パウチパックでウイスキーが飲める。それもお試しサイズのグラス1杯分。
山形県酒田市にある楯の川酒造がつくっているお酒「ヨー子」は、「楯野川 純米大吟醸酒」と、鳥海山麓の牧場から届いた「ヨーグルト」をブレンドしたお酒。“週末だ...
12月1日〜25日の間、『FANZA(ファンザ)』が特別企画『TOKYO・LOVE・TREE』を実施します。「一緒に見るだけでお互いに惹かれ合う」をコンセ...
2017年、バルセロナで開催されたデザインコンテスト「7th jumpthegap」で大賞を受賞した『Panacea』。置く場所やシーンによって、形を変え...
従来とは違う新しいお酒の楽しみ方として、かなり奇抜だと注目を集めているのがこの「Alcoholic Architecture」。ミスト状のアルコールが充満...
子どもたちがキャーキャー言いながら「ボールプール」で遊んでいるのを見ると、ついこう思ってしまいますよね。「あの中に混ざって一緒に遊びたい…!」そんな欲望を...
映画『ウイスキーと2人の花嫁』は、5万ケースものウイスキーを積んだ貨物船SSポリティシャン号が座礁した事件の実話をベースにした物語。ナチス・ドイツによる空...
酒と共に生き、推理小説家として史上最高とも称されるかのレイモンド・チャンドラーは、かつてこんな名言を残したという。 ーこの世に味の悪いウイスキーは存在しな...
薪木でグリルしたステーキ、スモア、フォンデュが楽しめる。 日本初!キャンプファイヤー料理店Campfired Grill & Cafe THE BANFF...
日本各地の女性蔵元、女性杜氏の手による日本酒。市松模様が施されたスタイリッシュなラベルからも、女性ならではのセンスや繊細さが感じられます。それなのに、「男...
海外賞レースでの好成績やNHK朝の連続テレビ小説『マッサン』などのトピックから火がついた国産ウイスキー人気。それ自体は喜ばしいことですが、人気ゆえに国産モ...
本物のお酒が入ったBoozy Soaps。一つひとつ手作りされていて、バーボン・ウイスキーなどのお酒のほか、ローズマリーの葉やクランベリーの種といった天然...
東京から、たった4時間。週末トリップの目的地として常に人気のこの国には多くの魅力が溢れている、なんてこと今さら言うまでもないでしょう。むしろ「おすすめスポ...
使い勝手はどれもフツー。めちゃくちゃフツーです。
週末飲んではしゃいで、天国みたいに楽しい時間を過ごしたのはいいけれど、あとから地獄のような二日酔い…。そんなつらいハングオーバー(二日酔い)を癒してくれる...
アメリカ最古の蒸留酒製造所を持ち、2016年には150周年を迎えたアメリカン・ウイスキーの代表格「ジャック ダニエル」。ボリューム感のある四角いボトルに満...
クラウドファンディングサイト「Kickstarter」に登場するやいなや、世界中の酒好きから絶大な支持を獲得。わずか数日で目標金額を達成してしまった「Oa...
一流のBARがこぞって力を入れているのが、じつはノンアルコールカクテルなんだそうな…??
2015年11月に東京・中目黒にオープンした「green bean to bar CHOCOLATE」は、その名の通り、「Bean to Bar」のチョコ...
学生時代の恋愛では、なかなか気づけなかったこと。
憧れの「大人の女性」。年齢を重ねればいつか私も…なんて思っていたら大きな間違いです。いつまでたっても中身は「女の子」なんていう女性にならないために、読んで...
コーヒービール、炭酸入りエスプレッソ、超クリーミーなマキアート3種の限定ドリンクが楽しめる、東京ミッドタウン店 Starbucks Reserve Bar...