呼吸するだけで泥酔?アルコールが「吸える」BARがロンドンで大人気

従来とは違う新しいお酒の楽しみ方として、かなり奇抜だと注目を集めているのがこの「Alcoholic Architecture」。ミスト状のアルコールが充満したBARになっており、お酒を飲むのではなく吸引するお店。飲むより酔いが早く回るそうです。

かな〜り怪しげな雰囲気を醸し出していますが、一体どんな様子なのか…。見てみましょう。まずはレインコートを着用してからお店に入ります。

アルコールミストで
ほろ酔い体験!

中はもちろんアルコールミストで充満!ジメジメするし髪も濡れちゃう…とも思っちゃいますが、この「Alcoholic Weather System」を開発した2人組のオーナー「Bompas & Parr」曰く、湿気が高い方が人間の嗅覚や味覚が敏感になってよりお酒を楽しめるんだとか。

必ずしもカウンターに並んでお酒を注文する必要はなく、そこにいるだけで酔ってしまいます。その斬新すぎるスタイルにはロンドンのミーハー達の心も鷲掴みにされているようですね。

ネオン看板には「呼吸は自己責任」との案内も。

前売りチケットを購入してからの入店となり、入店時間は1日に50分までと決められています。吸引によるアルコール中毒を避けるために安全面の管理はなされており、これまでに2日酔いになった人もいないのだそう。

吸引によって肺から吸収するだけでなく、眼球からもアルコールが入っていくそうでちょっと怖い感じもしますが、それでも好奇心がくすぐられちゃうイベントですよね。


チケット売り切れ
続出中…

気になるチケットの値段は12.50ポンド(約2,300円)。WEBサイトで予約購入ができます。日中の早い時間帯は少し安い10ポンド(約1,800円)でも購入可能ですが、話題になっていることから既に週末やアフターファイブにはソールドアウトしている場合も。

お店の運営は2016年の1月までの期間のみ。ロンドンに行く予定がある人は早めにチェックしておきましょう!

Licensed material used with permission by Bompas & Parr

ノンアルコール飲料の需要は年々高まっており、イギリス・ロンドンでは新しいジャンルとしてバーやカフェなどでも「MOCKTAILS(モクテル)」というノンアル...
ロンドンの人気レストラン「Bourne& Hollingsworth Garden Room」に、今年3月新しくバーがオープン。店内に所狭しと置かれている...
ロンドン市民でさえほとんどの人はその存在を知らないと思います。自分たちの大切な文化だというのに!
一流のBARがこぞって力を入れているのが、じつはノンアルコールカクテルなんだそうな…??
6月26日、グラフィックデザイナーとして初めて「アメリカ国民芸術勲章文化勲章」を授与されたミルトン・グレイザー氏が、マンハッタンの自宅で死去した。91歳だった。
 ノンアルコールビールもすっかりおいしくなり、今ではアルコールなしのカクテルが注文できるバーもたくさんあります。少し前までは特別なものだった「ノンアルコー...
ロンドンの5つ星ホテルThe Ned。その地下にあるバーのお話。
旅行雑誌のカバーには決して載らないけれど、マストチェックなロンドンスポット!
今回は代々木上原にある「No.」のオシャレノンアルコールカクテル。わざわざ酔っぱらわなくてもオシャレな雰囲気でおいしいカクテルが飲めるらしい。っちゅうこと...
ロンドンにある「Cereal Killer Cafe」は、シリアルをモチーフにしたカフェ。シリアルがトッピングされた可愛いドリンクがたくさん!
今年9月に開業予定の「東京ポートシティ竹芝」内に、ヒューマノイドロボットが商品陳列を担う「ローソン Model T 東京ポートシティ竹芝店」が開店すると発...
ロンドンで最先端のクリエイターが集る場所と聞けば、多くの人はソーホーを思い浮かべるかもしれません。でも、僕ならサウス・ロンドンの郊外にあるペッカムを推します。
ここは、カクテルを飲む習慣がない人にこそ行って欲しいお店。恵比寿の名店「Bar TRENCH」です。このお店のメニューには、ジントニックやモヒート、マンハ...
ロンドン・ヒースロー空港での食事。制限区域内にある『キャビア ハウス アンド プルニエ シーフード バー』は「イギリスだから料理が不味い」の概念を覆します。
株式会社ツドイは、本格的ノンアルコールドリンクのみを提供する「Bar Straw」をオープン。第1回は9月4日(水)19:00〜22:00に神楽坂「かもめ...
Bella Foxwellさんのアカウント「The Doors of London」には、ロンドンにある「ドア」の写真が投稿されています。
世界屈指のIT先進国・エストニアは、7月1日から外国人向けの「デジタルノマドビザ」を導入。国外の雇用主との雇用関係や事業活動をおこなっていて、それがテレワ...
6月18日、「フォード」がマスタングシリーズの新型EV「マスタング・マッハE」に、手を離した運転を可能にする技術を搭載すると発表した。アメリカ50州とカナ...
2019年から、同年にカリフォルニアのディズニーランドでオープンが予定されている『スター・ウォーズ』をテーマにした新エリア「Star Wars: Gala...
ロンドンの企業「BeRightBack(brb)」が、旅のサプスクリプションサービスを展開しています。199ポンド(約2万9000円)を払えば、ロンドンか...
新型コロナウイルス感染防止対策で手指消毒用エタノールの供給が不足しているなか、高まる高濃度アルコール需要に対応するため、「菊水酒造」(高知県安芸市)が高濃...
欧米のミレニアルズの宗教離れが進んだと同時に、人気が高まってきたと言われる星占い。ロンドンのバー「Barts」が、今夏限定で星座ごとの特徴を反映したカクテ...
インペリアル・カレッジ・ロンドンとスタートアップ企業の「Arborea」がタッグを組み、大気汚染の軽減に一役買うと期待される「BioSolar Leaf」...
アメリカの高プロテインバー「SOBAR」はアルコール吸収率をカットするために開発された商品。その驚きの効果とは?