呼吸するだけで泥酔?アルコールが「吸える」BARがロンドンで大人気

従来とは違う新しいお酒の楽しみ方として、かなり奇抜だと注目を集めているのがこの「Alcoholic Architecture」。ミスト状のアルコールが充満したBARになっており、お酒を飲むのではなく吸引するお店。飲むより酔いが早く回るそうです。

かな〜り怪しげな雰囲気を醸し出していますが、一体どんな様子なのか…。見てみましょう。まずはレインコートを着用してからお店に入ります。

アルコールミストで
ほろ酔い体験!

中はもちろんアルコールミストで充満!ジメジメするし髪も濡れちゃう…とも思っちゃいますが、この「Alcoholic Weather System」を開発した2人組のオーナー「Bompas & Parr」曰く、湿気が高い方が人間の嗅覚や味覚が敏感になってよりお酒を楽しめるんだとか。

必ずしもカウンターに並んでお酒を注文する必要はなく、そこにいるだけで酔ってしまいます。その斬新すぎるスタイルにはロンドンのミーハー達の心も鷲掴みにされているようですね。

ネオン看板には「呼吸は自己責任」との案内も。

前売りチケットを購入してからの入店となり、入店時間は1日に50分までと決められています。吸引によるアルコール中毒を避けるために安全面の管理はなされており、これまでに2日酔いになった人もいないのだそう。

吸引によって肺から吸収するだけでなく、眼球からもアルコールが入っていくそうでちょっと怖い感じもしますが、それでも好奇心がくすぐられちゃうイベントですよね。


チケット売り切れ
続出中…

気になるチケットの値段は12.50ポンド(約2,300円)。ホームページで予約購入ができます。日中の早い時間帯は少し安い10ポンド(約1,800円)でも購入可能ですが、話題になっていることから既に週末やアフターファイブにはソールドアウトしている場合も。

お店の運営は2016年の1月までの期間のみ。ロンドンに行く予定がある人は早めにチェックしておきましょう!

Licensed material used with permission by Bompas & Parr

 ノンアルコールビールもすっかりおいしくなり、今ではアルコールなしのカクテルが注文できるバーもたくさんあります。少し前までは特別なものだった「ノンアルコー...
一流のBARがこぞって力を入れているのが、じつはノンアルコールカクテルなんだそうな…??
ロンドンの5つ星ホテルThe Ned。その地下にあるバーのお話。
ロンドン市民でさえほとんどの人はその存在を知らないと思います。自分たちの大切な文化だというのに!
12月、パリの地下鉄で起きたイタズラが話題となりました。電車内に藁と干し草が敷き詰められるという“事件”。これ、満員電車に痺れを切らした人々の抗議でした。...
ガラス張りの巨大な焙煎所がある学芸大学のコーヒーラボ&カフェ神乃珈琲〒152-0001 東京都目黒区中央町1丁目4-15https://www.kanno...
旅行雑誌のカバーには決して載らないけれど、マストチェックなロンドンスポット!
ロンドンにある「Cereal Killer Cafe」は、シリアルをモチーフにしたカフェ。シリアルがトッピングされた可愛いドリンクがたくさん!
2019年から、同年にカリフォルニアのディズニーランドでオープンが予定されている『スター・ウォーズ』をテーマにした新エリア「Star Wars: Gala...
ロンドンで最先端のクリエイターが集る場所と聞けば、多くの人はソーホーを思い浮かべるかもしれません。でも、僕ならサウス・ロンドンの郊外にあるペッカムを推します。
ベルリンが、2017年、ナイトクラブの防音対策に約1億2000万円(100万ユーロ)の予算を割り当てることを発表。2018年11月30日より、ナイトクラブ...
ロンドン・ヒースロー空港での食事。制限区域内にある『キャビア ハウス アンド プルニエ シーフード バー』は「イギリスだから料理が不味い」の概念を覆します。
週末飲んではしゃいで、天国みたいに楽しい時間を過ごしたのはいいけれど、あとから地獄のような二日酔い…。そんなつらいハングオーバー(二日酔い)を癒してくれる...
ロンドンの企業「BeRightBack(brb)」が、旅のサプスクリプションサービスを展開しています。199ポンド(約2万9000円)を払えば、ロンドンか...
友人がロンドンでルームシェア先を探していた時、とんでもない条件を突きつけられたと言う@rxdaznさん(ツイッターのアカウント名)。募集した人からのメール...
ロンドンの建築デザイン事務所が、超高層ビル「The Tulip(チューリップ)」のプロジェクトを発表。通称「ガーキン」の隣に建設され、新たな観光名所になる...
このタペストリーは、2017年に北アイルランドの観光キャンペーンで製作されました。それぞれのエピソードで起きた出来事が再現されているので、最終章に合わせて...
このマップは、ロンドン各地にゆかりのあるバンドの名前や曲名、歌詞で表現。ミュージシャンの生まれた場所や暮らしていた場所を知れるだけでなく、レコーディングス...
セント・ポール大聖堂を、ロンドンの一般的な道に再現しようというプロジェクト「LUCIDA BASILICA」の紹介。
醸造所が併設されているロンドンのパブ「Long Arm Pub & Brewery」。ここではMillennial Stoutと名付けられたアボカドビール...
ロンドンでは、2月21日から、シャチのフォルムをした乗り物を体験できるアクティビティーが始まるそうです。水上では最大時速100kmで、水中では60km/h...
ロンドンを拠点に活動するフォトグラファー、Alex Bartschさんのプロジェクト。写真集には40ヶ所以上の「聖地」が収録されている。
ロンドンのウエスト・エンドに位置するバードストリート。ここに、「歩いて発電する道路」が設置されています。
ロンドンで20年間もフィッシュ&チップスを提供してきたレストラン「Sutton and Sons」は、ヴィーガンフードの需要が増えてきたことをいち早く察知...