呼吸するだけで泥酔?アルコールが「吸える」BARがロンドンで大人気

従来とは違う新しいお酒の楽しみ方として、かなり奇抜だと注目を集めているのがこの「Alcoholic Architecture」。ミスト状のアルコールが充満したBARになっており、お酒を飲むのではなく吸引するお店。飲むより酔いが早く回るそうです。

かな〜り怪しげな雰囲気を醸し出していますが、一体どんな様子なのか…。見てみましょう。まずはレインコートを着用してからお店に入ります。

アルコールミストで
ほろ酔い体験!

2fdeb5fcb07b4239629004afcc032ee5bf1ce7b8Bbb8a005cfddb9d733759cf3400d20232073962dBc350a434833925a1fd5e3bc2e2f0e0605699953

中はもちろんアルコールミストで充満!ジメジメするし髪も濡れちゃう…とも思っちゃいますが、この「Alcoholic Weather System」を開発した2人組のオーナー「Bompas & Parr」曰く、湿気が高い方が人間の嗅覚や味覚が敏感になってよりお酒を楽しめるんだとか。

必ずしもカウンターに並んでお酒を注文する必要はなく、そこにいるだけで酔ってしまいます。その斬新すぎるスタイルにはロンドンのミーハー達の心も鷲掴みにされているようですね。

ネオン看板には「呼吸は自己責任」との案内も。

056342e21de7a229b7cb8e4779935de89790071e37cc5cd8fe5fba7dfeed7703b61997aedf6a04792927509c06d78c4b79181edff947a5e35ee23cc70174ee94739f48577fcd9a8f22a40731990f6ea7

前売りチケットを購入してからの入店となり、入店時間は1日に50分までと決められています。吸引によるアルコール中毒を避けるために安全面の管理はなされており、これまでに2日酔いになった人もいないのだそう。

吸引によって肺から吸収するだけでなく、眼球からもアルコールが入っていくそうでちょっと怖い感じもしますが、それでも好奇心がくすぐられちゃうイベントですよね。


チケット売り切れ
続出中…

気になるチケットの値段は12.50ポンド(約2,300円)。ホームページで予約購入ができます。日中の早い時間帯は少し安い10ポンド(約1,800円)でも購入可能ですが、話題になっていることから既に週末やアフターファイブにはソールドアウトしている場合も。

お店の運営は2016年の1月までの期間のみ。ロンドンに行く予定がある人は早めにチェックしておきましょう!

Licensed material used with permission by Bompas & Parr

 ノンアルコールビールもすっかりおいしくなり、今ではアルコールなしのカクテルが注文できるバーもたくさんあります。少し前までは特別なものだった「ノンアルコー...
一流のBARがこぞって力を入れているのが、じつはノンアルコールカクテルなんだそうな…??
週末飲んではしゃいで、天国みたいに楽しい時間を過ごしたのはいいけれど、あとから地獄のような二日酔い…。そんなつらいハングオーバー(二日酔い)を癒してくれる...
どこまでもアボカドのおいしさを追求したい。そんなフリークが至った至高のメニュー。
天気とともに毎日を過ごしているような感覚になれる、不思議な水槽。
ロンドンのウエスト・エンドに位置するバードストリート。ここに、「歩いて発電する道路」が設置されています。
絵を売りながら旅をしていたMaxwell Tileseさん。イギリスへ行った時に、ロンドン市内にあった歴史あるパブに魅せられ、パブの絵を描いた。ロンドンへ...
ロンドンでは、2月21日から、シャチのフォルムをした乗り物を体験できるアクティビティーが始まるそうです。水上では最大時速100kmで、水中では60km/h...
ロンドン市内に、新しいコンセプトのレンタカーが登場しました。なにが新しいって、これ観光専用なんです。もちろんレンタカーだから自分で運転だってできます。けど...
飲酒運転が、ゼロになる日が!?アメリカで開発が進む「DADSS(Driver Alcohol Detection System for Safety)」。...
外国人シェフ最少年の28歳でミシュランガイドの星を獲得した料理人・松嶋啓介。現在、ニースと東京・原宿に『KEISUKE MATSUSHIMA』を構える、オ...
呼気からアルコール濃度を検知し、その日のペース配分や、明日への影響、お酒が抜けるまでの時間などをアドバイスしてくれるポケットサイズのアイテム。その名も「T...
お酒を飲む人にとっては、飲み過ぎて記憶をなくした経験は誰もが一度は持っているかもしれない・・・。人間関係を潤滑にしたり、ストレスを発散したり、適量を飲んで...
ロンドンのストリートライフを中心に撮影するEdo Zolloは、夜もふける頃にだけ感じることができる“邪悪なロンドン”を写し出す。彼いわく、深夜だけに聞こ...
2月中旬、ロンドンの中心へ、はるばる福島県からやってきた日本人がいた。
今年9月に行われたロンドンファッションウィークに先駆けてロンドンの中心街ゲリラ的に行われたファッションショーがありました。主催は下着ブランド「Bluebe...
国が違えば宗教も違う、そうなると食べるものだって当然違いが出るものです。では、ロンドンに暮らす人たちの食事情はどんなもの?
なかなか馴染みがないクラシックコンサート。ですが、一部のビジネスパーソンや海外では、教養を深めるため、そしてネットワークを構築するために愛されています。その
オーストリアのグラーツ大学の研究チームによれば、多少のアルコール摂取が創造性が上がると判明。ただし、過剰摂取だと創造性が上がらないという結果も出たうえで、...
カナダ生まれの「ロンドン・フォグ」は、今や欧米でも大人気のドリンク。アールグレイティーにバニラシロップ、温めたミルクを合わせ、ふわふわのフォームミルクをの...
イギリスに住む人々の悩みのひとつが、高騰する家賃。顕著なのがロンドン中心部で、1ベッドルームで1,000ポンド(約14.5万円)が平均的な相場のようだ。そ...
カラフルなアイスキャンディー。なぜ大人限定なのかというと、お酒が入っているからなんです。「poptails」は、フレッシュなフルーツとアルコールだけを使用...
3月の初旬、ロンドンにあるパターノスター広場に、突如としてスイセンのお花畑が現れました。じつは、これはすべて造花なのですが、夜になるとライトアップされるの...
パリとロンドン。電車でわずか2時間半ほどの距離にある2都市の間には、言語以外にもさまざまな違いがある。そう主張するのは、パリを拠点にさまざまな情報を発信す...