ロンドンのバーに貼られたネガティブな「文章」。そこに隠された、本当のメッセージとは?

ロンドンのとあるバーに貼られていたという、一枚の紙。そこに書かれていたのはとてもネガティブな「文章」でした。

Reference:Twitter

日本語に訳すと、こんな内容に。

今日は、今までで最低の日だった。そして、毎日いいことがあるだなんて、ぼくに言わないでほしい。だって、目を凝らしてよく見てみると、この世界はかなり邪悪な場所だから。満足感や幸福感が長続きしない中、ちょっとした親切に照らされることがあったとしてもそれは変わらない。そして、全ては精神と心にあるだなんて真実じゃない。なぜなら、本当の幸せは、周りの環境が優れている場合にのみ手に入れられるものだからだ。いいことが存在するなんて真実じゃない。あなたも認めるはずだ。現実世界がぼくの態度をこうしている。それは、ぼくにはどうしようもないことなんだ。そして、今後もあなたがぼくの口から“今日はいい日だった”なんて言葉を聞くことはないだろう。(今度は下から読んでみて)

なんとも後ろ向きな…。読んでるほうもゲンナリとしてしまいます。でも、メッセージの最後には「下から読んでみて」とあります。
今度は文章を下から順番に読んでみましょう。英文と日本語訳を紹介します。

Today was a good dayAnd you'll never in a million years hear me say that It's all beyond my controlMy attitude Creates The reality I'm sure you can agree that It's not true that good existsOnly if one's surroundings are goodTrue happiness can be obtained BecauseIt's all in the mind and heartAnd It's not true thatSatisfaction and Happiness don't last.Some goodness does shine through once in a while Even If This world is a pretty evill placeBecause, when you take a closer look,There's something good in everyday And don't try to convince me that Today was the acsolute worst day ever 今日はいい日だった。そして、あなたが僕の口から“どうしようもない”なんて言葉を聞くことはないだろう。僕の態度が現実を創っている。きっとあなたも認めるはずだ。いいことは周りの影響によってのみ存在するものじゃない。本当の幸せは手に入れられるんだ。なぜなら、それは自分の精神と心にあるものだから。満足感と幸福感が持続しないなんて真実じゃない。この世界がかなり邪悪な場所だったとしても、いいことは起こるものだ。だって、目を凝らしてよく見てみれば、何かしらいいことがあるものだから。だから、ぼくに“今日は今までで最低の日だった”なんて言葉を投げかけないで欲しい。

まさに正反対!とってもポジティブなメッセージになっていてビックリしちゃいます。米・メディア「Elite Daily」によれば、実はこの回文は、もともとChanie Gorkinさんというブルックリン在住の学生からネット掲示板に投稿された詩なのだとか。

アメリカの掲示板からロンドンのバーまで飛び火するとは、インターネットのある現代らしいニュースと言えるかも。

Reference:Twitter
Licensed material used with permission by Elite Daily

ロンドン市民でさえほとんどの人はその存在を知らないと思います。自分たちの大切な文化だというのに!
ロンドンで最先端のクリエイターが集る場所と聞けば、多くの人はソーホーを思い浮かべるかもしれません。でも、僕ならサウス・ロンドンの郊外にあるペッカムを推します。
たとえ職場を変えても、新たな街に移り住んだとしても、ネガティブな人というのは必ずいて、あなたに付いてまわります。周りを変えることはできないからこそ、ポジテ...
ロンドンの5つ星ホテルThe Ned。その地下にあるバーのお話。
プロポーズしたある男性。彼女の指に指輪をはめようとしたその瞬間、大きすぎたソレは排水口の中にポチャッ。その後、警察がリアルとネットを使った“本気の捜索活動...
入場料(1500円)を払って入店したら、何時間でも滞在できる。文学、雑誌、漫画など3万冊の本があり、喫茶店もあり、本好きにはたまらない空間です。もちろん本...
もしあなたがネガティブだとしても諦めないでください。悲観的な考えをしてしまうからと言って、前向きになれないわけではないのです。ここに今すぐ試せる6つのこと...
ロンドンにある「Cereal Killer Cafe」は、シリアルをモチーフにしたカフェ。シリアルがトッピングされた可愛いドリンクがたくさん!
旅行雑誌のカバーには決して載らないけれど、マストチェックなロンドンスポット!
何か気がかりなことがあって、ネガティブな思考に捕らわれてしまうと、普段できていることができなくなったり、楽しいときもどこか憂うつな気分が抜けなかったり。「...
インド・コルカタ発ムンバイ行きのJet Airwaysの機内で、事件は起きました。
ロンドン・ヒースロー空港での食事。制限区域内にある『キャビア ハウス アンド プルニエ シーフード バー』は「イギリスだから料理が不味い」の概念を覆します。
ロンドンの企業「BeRightBack(brb)」が、旅のサプスクリプションサービスを展開しています。199ポンド(約2万9000円)を払えば、ロンドンか...
人生、このままじゃダメだとわかっていても、一度ネガティブ思考のスパイラルに陥ってしまうと、そこから抜け出すのは簡単ではありません。ここでは「Elite D...
ちょっと皮肉めいてるものもあるけど、それもまたクリエイティブ?
オランダの子供服ブランド「adam & aoki」が、さらされた紫外線量に応じて袖の色が変わるTシャツを開発!
「Higher Perspective」にポジティブに生きるための5つの習慣が掲載されています。自分をネガティブだと捉えている人たちの中には、前向きになり...
心理学を教えていた元高校教師でもあるライターAndrea Shulman氏は、科学的な視点で様々な情報を紹介する「Expanded Consciousne...
フォトグラファーIwona Pinkowiczさんのプロジェクト「Chasing Dreams」は、ロンドンの街角で知り合った人々の夢を伝えるもの。そこに...
ロンドン市内に、新しいコンセプトのレンタカーが登場しました。なにが新しいって、これ観光専用なんです。もちろんレンタカーだから自分で運転だってできます。けど...
セント・ポール大聖堂を、ロンドンの一般的な道に再現しようというプロジェクト「LUCIDA BASILICA」の紹介。
今年9月に行われたロンドンファッションウィークに先駆けてロンドンの中心街ゲリラ的に行われたファッションショーがありました。主催は下着ブランド「Bluebe...
楽天的な人は何も考えていないという事はない。彼らはむしろ、ネガティブな事が起きた時に軌道修正ができたり、物事に対して冷静な判断を下せたりする。ライターのS...
3月の初旬、ロンドンにあるパターノスター広場に、突如としてスイセンのお花畑が現れました。じつは、これはすべて造花なのですが、夜になるとライトアップされるの...