ネガティブが伝染らないように…マイナス思考の人との「正しい付き合い方」

心配性で、発言はいつも後ろ向き。「大丈夫だよ」と励ましても、効果はまったくなし。そんなネガティブな人、きっとあなたの周りにもいますよね。彼らとうまく付き合うには、一体どうすればいいのでしょう?

もしかすると、「Higher Perspective」のこの記事が解決の糸口となるかもしれません。ぜひ、アプローチする時の参考にしてみて!

01.
“親切”が必ずしも
効果的ではないと知る

何ごとも否定的に捉えてしまう人は、ときにこちらの親切を望んでいない場合があります。自分のエネルギーをムダ使いしないためにも、付き合う時間を考えましょう。

02.
ときには相手の
気持ちを優先する

たとえ相手がうんざりするような人でも、相手が付き合いを望んでいるのであれば、その気持ちを受け入れることも必要。今までは悲観的だった人でも、徐々に性格が変わることがあります。頑なにに拒もうとするのは考えようです。

03.
マイナス思考を
自分のせいだと思わない

もしネガティブな人が悲しみを抱えていたり機嫌が悪くても、あなたに責任はありません。マイナスな気持ちは彼ら自身でを乗り越えるしかないのです。自分を責めないように。

04.
発言にイラっとしても
聞き流す

あなたを傷つけるようなことを言っても、あまり気にしないようにしましょう。彼らは、自分の感情をコントロールできない時があるのです。言われたことは、真に受けず流しましょう。

05.
“勝てない”口論はしない

あなたが間違っていなかったとしても、ネガティブな人と口論をして言い負かすのは至難の技。皮肉な考えを持っている相手は、何を言ってもムダなので放っておきましょう。

06.
考えすぎて
泥沼にハマらないように

いつもイライラしているなど、喜怒哀楽が激しい。そんな彼らが前向きになれないのは、あなたのせいではありません。もしかしたら、過去に何か不幸な出来事があったのかも。とにかく、深く考えすぎないようにしましょう。

07.
サポートのしすぎに注意

ネガティブな人のために、自分を犠牲にしないよう気をつけましょう。彼らのために頑張りすぎていないか、常に考えるように。あなたのサポートで素直に考えを変えることがあればよし。もしそうでないなら、「関わらない」が賢明です。

08.
最終手段!
変わらないと諦める

繰り返しますが、彼らのネガティブな言動は、あなたの責任ではないので、自分のせいだと思うのはやめましょう。人の性格を変えることは難しいものなのです。

Licensed material used with permission by Higher Perspective
もしあなたがネガティブだとしても諦めないでください。悲観的な考えをしてしまうからと言って、前向きになれないわけではないのです。ここに今すぐ試せる6つのこと...
たとえ職場を変えても、新たな街に移り住んだとしても、ネガティブな人というのは必ずいて、あなたに付いてまわります。周りを変えることはできないからこそ、ポジテ...
何か気がかりなことがあって、ネガティブな思考に捕らわれてしまうと、普段できていることができなくなったり、楽しいときもどこか憂うつな気分が抜けなかったり。「...
人生、このままじゃダメだとわかっていても、一度ネガティブ思考のスパイラルに陥ってしまうと、そこから抜け出すのは簡単ではありません。ここでは「Elite D...
代々木上原で話題!体に優しくて、美味しい。 フラワーショップ併設のオーガニック・レストランbotanical table Offf 〒151-0066 東...
平成元年に醸造された熟成酒が平成最後の年に満を持して登場!
マイナス思考は、人生をつまらなくします。ネガティブなことに振り回されずに生きていけたら、人生は今より楽しくなるに違いありません。でも、どうすれば自信が持て...
悲観主義の人々は、過去にどれだけの成功を収めようとも、今回は違う結果が起こり得ると考えて、悪いほうに傾いた可能性を想像しすぎる傾向があります。けれど不安を...
心理学を教えていた元高校教師でもあるライターAndrea Shulman氏は、科学的な視点で様々な情報を紹介する「Expanded Consciousne...
生きることは悩み、考えること。誰もがふとした瞬間に自分の生き方について、つい考えてしまうのではないでしょうか?ここでは、家入一真さんが発案し、絶望名言委員...
キャンドルが溶ければ顔のカタチをしたスタンドから、“鼻血”がタラーっと垂れるようになっています。
「Higher Perspective」にポジティブに生きるための5つの習慣が掲載されています。自分をネガティブだと捉えている人たちの中には、前向きになり...
楽天的な人は何も考えていないという事はない。彼らはむしろ、ネガティブな事が起きた時に軌道修正ができたり、物事に対して冷静な判断を下せたりする。ライターのS...
毎日のように暗いニュースに触れる日々。ポジティブでいようとしても、「またこんなニュースか」「将来どうなるんだろう」とマイナス思考になってしまうのも無理はあ...
生きていればいろいろなことが起こります。辛いことも、悲しいこともありますが、ちょっと視点を変えれば、その出来事は人生の大切な教訓になるかもしれません。「T...
ネガティブな言葉は、自分の中から生まれてくる「わるい思考」です。間違ったクセである「思考の負債」を背負わず、ポジティブに生きていくためのヒントを紹介しまし...
餃子×オニオングラタン×ワイン フランス流!表参道で味わう新感覚の餃子専門店GYOZA BAR Comme a Paris〒150-0002 東京都渋谷区...
どうしても抜けない腰の痛み。何もしていないのに首の調子がおかしい…。もしかしたらその痛みは、心の不安が原因かもしれません。心とカラダは繋がっている、と断言...
多くの人にとって、20代、30代の頃の悩みのひとつに、「上司との関係」が挙げられるのではないでしょうか。ただし、それだけに限らず、「人間関係」はしばしば悩...
気持ちのいい一日は「朝をどう過ごすか」にかかっています。「Inc.」に寄稿する女性起業家のElle Kaplanさんが提案する、ちょっとした朝の習慣を生活...
あなたの周りにも、きっといるはず。「なんでそんなこと言うの?」と思ってしまうような、ネガティブな発言ばっかりをする人。でも、もしかしたらその人自身もテンパ...
精神や心を重要視するこの時代、質の高い人生を送るためには、正しい心のあり方を知る必要がある。こう説くのは、『人生が変わるマインドフルネス』(幻冬舎)を上梓...
日常で起こる何気ないできごとでも、知らず知らずのうちにマイナス思考になっていませんか?でも、物事のどこにフォーカスを当てるかによって、その感じ方は大きく変...
ここに紹介するのは、2014年12月にElite Dailyで公開された、ちょっと古い記事。年の瀬に「こんな人との縁は年内に断ち切るべき」とした内容は、新...