自分らしく、自由に生きるために捨てるべき「5つのしがらみ」

なんだかわからないけどモヤモヤして、窮屈に感じてしまい、自分のやりたいことがわからなくなってしまう。「私の人生ってこれでいいのかな?」と不安になってしまうことはあるはずです。

そんなとき、本当の意味で自分らしく自由に生きるためには、まずは自分を押さえ込んでいる「しがらみ」について理解する必要があります。「Sprit Science」を参考に、あなたが手放すべきことについて考えてみましょう。

01.
「周囲」が期待する自分に
なろうとすること

C7d9126622b5ef84fe683461af3b12ed1dc3e4d8

大学を卒業して、就職、素敵な結婚生活…。周囲からはそんな典型的な人生を歩むように期待されがちです。

でも、必ずしも他の人と同じ選択をしなければならないわけではありません。大切なのは 「あなた」が何をしたいのか、ということ。あなたが今からやろうとしていることは、本当に自分のやりたいことなのか、それとも周りの期待に応えようとしているだけなのか。一度、立ち止まって考えてみましょう。

02.
過去に犯してしまった
「過ち」

長い人生、失敗はつきものです。ただ、過去に大失敗をしたからといって、それが未来永劫に影響するわけではありません。

過去より、今のあなたが将来に向けて起こしている行動のほうが、ずっと影響力があるのです。

03.
「自分」の気持ちを
大事にしない悪いクセ

つねに自分と他人どを比べてしまい、他人の持っているものが欲しくなってしまったり、人に自慢できることを基準に物を選んでしまったり…。でも、それって本当にあなたが心から欲しいと思っているものでしょうか?

他人を基準にすると、自分の気持ちがどんどんわからなくなってしまいます。周りに振り回されるのはやめて、自分にとって本当に必要なものは何か、を考えてみましょう

04.
この瞬間を台無しにするほどの
「将来への不安」

F96be4d7a2e31bed02a1b912bcb980986c5e09d4

先が見えない将来には、漠然とした不安がつきものです。その気持ちは、今の自分に自信がなく、失敗するのが怖いという気持ちからきています。

たとえ先が見えなくても、怖がる必要はありません。今やるべきことだけに集中して、今を素晴らしい瞬間にしようと思って行動していれば、「将来」はその続きとしてやってくるのです。

05.
お互い、前に進まない
「人間関係」

何かの縁があってつながるのが人間関係というものですが、もしも今その関係性に不満があるのなら、たとえ、かつては大切なものだったとしても、断ち切る勇気だって必要です。

一時的には相手を傷つけ、自分も痛みに耐えなければならないかもしれません。でも結果的には、お互いにもっと「一緒にいて楽しい」と思える人たちとともに時間を過ごすことになるはずです。

人生は短いのですから、自分の心の声に従って、悔いのないようにしていきましょう。

Licensed material used with permission by Spirit Science
人間の限界を超えた、超情報化社会と超大量生産経済が到来し、世の中は要らないもので溢れている。真の自由を得るためには、不要なものを見定め、思い切って捨てる覚...
もしあなたがネガティブだとしても諦めないでください。悲観的な考えをしてしまうからと言って、前向きになれないわけではないのです。ここに今すぐ試せる6つのこと...
たとえ職場を変えても、新たな街に移り住んだとしても、ネガティブな人というのは必ずいて、あなたに付いてまわります。周りを変えることはできないからこそ、ポジテ...
「Fliteboard」は電動モーターが搭載されているサーフボード。リモコンでスピードをコントロールして、最高で時速40kmも出るそうですよ。
クンクン嗅いでるところ、彼には絶対見られたくないけど。
生きていればいろいろなことが起こります。辛いことも、悲しいこともありますが、ちょっと視点を変えれば、その出来事は人生の大切な教訓になるかもしれません。「T...
「Higher Perspective」にポジティブに生きるための5つの習慣が掲載されています。自分をネガティブだと捉えている人たちの中には、前向きになり...
マイナス思考は、人生をつまらなくします。ネガティブなことに振り回されずに生きていけたら、人生は今より楽しくなるに違いありません。でも、どうすれば自信が持て...
生きることは悩み、考えること。誰もがふとした瞬間に自分の生き方について、つい考えてしまうのではないでしょうか?ここでは、家入一真さんが発案し、絶望名言委員...
過去に失敗したことが忘れられず「自分はなんてダメな人間なんだ…」と、悲観していませんか?自分を追い込んでしまい、どうにもならないとき。「Elite Dai...
ケース内に収納された真空ガラス管に食材を入れて太陽の熱を集め、火が通るのを待つだけ。アウトドアファンが待ち望んだ自然派クッカー「GoSun」に新シリーズ登場。
ここに紹介するのは、2014年12月にElite Dailyで公開された、ちょっと古い記事。年の瀬に「こんな人との縁は年内に断ち切るべき」とした内容は、新...
多くのキャリア指南書で「もっと失敗を経験すべきだ」と書かれていますが、それでも今なお、失敗=恐ろしいもの、という考えが拭えない人はたくさんいるはず。ここで...
人は得てして自分をよく見せようとするので、自分の短所や弱い部分をすすんで明かしたりはしないでしょう。口に出すのは大体、自分の長所や成功談になるのではないで...
何か気がかりなことがあって、ネガティブな思考に捕らわれてしまうと、普段できていることができなくなったり、楽しいときもどこか憂うつな気分が抜けなかったり。「...
「生きるために食べよ、食べるために生きるな」これは、古代ギリシャの哲学者ソクラテスの有名な言葉。忙しい毎日を過ごしている、現代人に響くものではないでしょう...
いつも不安やストレスを抱えている人は、自分勝手になることが1つの対処法になるかもしれません。なぜ?という理由を解明してくれるのが、「The School ...
煙突のようなこの「かぶりもの」いったいナンダ?
成功するためには失敗しなければならない。何だか、逆説的な話ですが、成功した人は、みな口を揃えてこう言うから不思議。「失敗は成功のもと」と、日本でも古くから...
人間の限界を超えた、超情報化社会と超大量生産経済が到来し、世の中は要らないもので溢れている。真の自由を得るためには、不要なものを見定め、思い切って捨てる覚...
何か大きな失敗をしてしまったとき、目の前が真っ暗になり、夢が粉々に砕け散ってしまったように思うかもしれません。自信を失い、自分はもう何もできない、と。そん...
多くの人にとって、20代、30代の頃の悩みのひとつに、「上司との関係」が挙げられるのではないでしょうか。ただし、それだけに限らず、「人間関係」はしばしば悩...
仕事に追われ、忙しい日々に追われる人たちは、自分が成し遂げた成果を省みてポジティブになるより、自分の失敗を振り返ってはネガティブになり、自分自身に厳しくな...
いらないものにすがるのは、幸せへの遠回り。ときには手放すことが大事だと語るのは、「I Heart Intelligence」のRobyn Reischさん...