不幸な人が、知らずにやってしまっている「行動パターン」

講師や作家としての顔を持つTamara Starさん。彼女のブログ「Daily Transformations」では、不幸な人に共通している7つの習慣という記事が話題になりました。不幸な人は、ある共通した習慣を持っているのですが、それに気づいていない人も多いとか。

01.
「人生は不幸なもの」
という思い込み

8706f7bd156266e4aaf91bc74b73a098d141b7ee

いつも笑顔の人は、大変な状況に陥っても悲観せず、好奇心を持って立ち向かいます。責任逃れをせず、問題解決の方法を考えるのです。

一方でネガティブな人は、自分を社会からの被害者だと感じていて、ただ悲観的に嘆くだけで問題解決をしようとしません。

02.
交流を避けて
人を信用しない

しあわせな人ほどよく人を信頼し、性善説を信じています。初めて出会った人にでも優しく接し、どんな人にも心を開きうまくコミュニケーションをとります。

反対に不幸な人は、なかなか人を信用しません。自分の殻に閉じこもり、新しい出会いのチャンスを自ら断ってしまうのです。

03.
偏った視点で
悪い面ばかりを見てしまう 

世の中には、間違っていることや正しくないこともたくさんあります。

それでもしあわせな人は、悪い面よりも良い面を探そうとします。反対に不幸な人は、悪い面を見て文句を言い、何か自分が脅かされることはないか、いつも恐怖を抱いているのです。

広い視野を持ち、偏った意見に捉われず物事を見ることができれば、毎日がハッピーになります。

04.
つねに他人と比べて
嫉妬ばかり

D33e1be1ff9af0024cfc59791d619d4403656d78

不幸な人は「誰かが自分から幸運を奪ってる!」と感じることもあるそうです。他人を羨ましく思い、嫉妬や怒りを抱いているのです。

一方で、現状に満足し、自分がどれほど幸運であるかを理解しているポジティブな人たちもいます。「自分」は世界にただ一人しかいない貴重な存在だと意識し、未来の可能性を信じているのです。

05.
人生をコントロールしようと
躍起になっている

人生の目標のために努力することと、人生をコントロールすることは全く違います。しあわせな人は目標に向かって日々努力を続けますが、人生において自分がコントロールできることなんて極わずかだということに気づいています。

不幸な人は逆で、少しでも計画がズレると悲観します。
しあわせな人は、多少計画が変わったとしても柔軟に対応する能力があります。

目標に向かって努力することは必要ですが、何か予期せぬ事態が起きたときに、それを受け止める心のゆとりを持っておくことが大切なのです。

06.
不安や恐怖に飲み込まれ
動けなくなってしまう

943cdb1ac6ce5ac131da218f557aa6413ea81c22

いつも後ろ向きな人は、失敗を恐れています。頭の中は常に不安や恐怖でいっぱい。対して前向きな人は、理想の人生を思い描き、考えることを楽しんでいます。不安や恐怖に支配されず、それを防ぐ方法を考えているのです。

07.
口から出るのは
過去の話や愚痴ばかり

不幸な人は、過去のことや不満ばかり語ります。話が尽きてしまったときは、他人の悪口やウワサ話にまで広がります。

そうではなく、現在の状況や夢、将来について語ることがしあわせへの第一歩です。前向きなパワーを持っているからこそ、好きなことや、将来の可能性を考えるだけで胸がワクワクするのです。

私たちはみな、完璧ではありません。ネガティブな気持ちになってしまうことだってあるでしょう。でも重要なことは、後ろ向きな気持ちから早く抜け出せるように考え方を変えることです。

まずは気持ちを切り替え、前向きな習慣を少しずつ続けること。それだけで今よりずっとしあわせになれるのです。

Licensed material used with permission by Daily Transformations
もしあなたがネガティブだとしても諦めないでください。悲観的な考えをしてしまうからと言って、前向きになれないわけではないのです。ここに今すぐ試せる6つのこと...
たとえ職場を変えても、新たな街に移り住んだとしても、ネガティブな人というのは必ずいて、あなたに付いてまわります。周りを変えることはできないからこそ、ポジテ...
人生、このままじゃダメだとわかっていても、一度ネガティブ思考のスパイラルに陥ってしまうと、そこから抜け出すのは簡単ではありません。ここでは「Elite D...
生きていればいろいろなことが起こります。辛いことも、悲しいこともありますが、ちょっと視点を変えれば、その出来事は人生の大切な教訓になるかもしれません。「T...
勇気っていう言葉は、なにかを始めたり、どこかへ飛び込んだり、そんなときに頭に浮かんでくるものだけれど、じつは、「自分以外のなにかを信じるとき」にこそ欲しいもの。
日本ではまだまだ知られていない博物館「The Neon Museum Las Vegas」。ここはラスベガスのダウンタウンから北に10kmほど離れた場所に...
豪邸に住むこと。憧れの仕事につくこと。理想の恋人を手に入れること…。叶わないのは、あなたの行動が知らず知らずのうちに不幸を呼び寄せてしまっているかもしれま...
マイナス思考は、人生をつまらなくします。ネガティブなことに振り回されずに生きていけたら、人生は今より楽しくなるに違いありません。でも、どうすれば自信が持て...
旅には、人生が凝縮されています。
リトアニア出身の男性Jacob Laukaitisさんは、タイを旅行中に飲酒運転の車に跳ねられる大きな事故に巻き込まれてしまいました。生還した彼は、痛々し...
高級チョコレート店「レオニダス」の隠れ人気商品。むっちり食感のフルーツゼリー。
精神や心を重要視するこの時代、質の高い人生を送るためには、正しい心のあり方を知る必要がある。こう説くのは、『人生が変わるマインドフルネス』(幻冬舎)を上梓...
「ほめ日記」を知っていますか?読んで字のごとく、日記を書くときに自分を「褒める」というものです。これをすることで、現代人が抱えやすいストレスが解消され、今...
選択肢の多い人生は、悩むことの多い人生であるとも言える。突き詰めるべきは本質のみ。自分がやるべきことは何なのか、そしてなぜそれをするべきなのか。本当にやる...
心理学を教えていた元高校教師でもあるライターAndrea Shulman氏は、科学的な視点で様々な情報を紹介する「Expanded Consciousne...
不気味な色をしたドリンク。これらはすべて、化学をテーマにカクテルを提供するバー「Viscocity」で飲めます。
生きることは悩み、考えること。誰もがふとした瞬間に自分の生き方について、つい考えてしまうのではないでしょうか?ここでは、家入一真さんが発案し、絶望名言委員...
「人間は、自分が幸福であるということを知らないから、不幸なのである」とは、 ドストエフスキーの言葉。幸せは、何気ない日常の中にあります。普段気づいていない...
どんなに辛いことがあっても「やはり前向きに生きることが大切」なのだと実感させてくれる記事を紹介。ここにある17のことを、ひとつづつ取り入れていくと、人生へ...
「優しい人になりたい」と思うことは至って自然なこと。でも、ただの“いい人”で終わってしまわないかと、少なからず抵抗をもつ人もいるかもしれない。そのようなネ...
もう何度も耳にしているかもしれないが、人生はそう長くない。真面目な人であればあるほど責任を感じることが多かったり、義務的に行動することがあるかもしれない。...
未知の言葉や表現に出会ったとき、まずは知らないことを恥じます。そして、その意味を知ると、「ちゃんと自分のものにして、いつかどこかで使ってやるぞ」って思うん...
毎日のように暗いニュースに触れる日々。ポジティブでいようとしても、「またこんなニュースか」「将来どうなるんだろう」とマイナス思考になってしまうのも無理はあ...
心配性で、発言はいつも後ろ向き。「大丈夫だよ」と励ましても、効果はまったくなし。そんなネガティブな人、きっとあなたの周りにもいますよね。彼らとうまく付き合...