ネガティブな人とスマートに付き合う「10の方法」

たとえ職場を変えても、新たな街に移り住んだとしても、ネガティブな人というのは必ずいて、あなたに付いてまわります。周りを変えることはできないからこそ、ポジティブ精神を忘れずに、誠意を持って接することが大切です。

I Heart Intelligence」のDondi Leighさんは、そんなマイナス思考な彼らとうまく付き合っていく方法を提案しています。

01.
冷静に物事を分析する。

ネガティブな人は自分の考えが「正しい」と思ってもらえるよう、洗脳するのが得意。優しくて思いやりが厚い人は、彼らが少しでも変わってくれることを信じて、新たな見解を持てるように手助けするでしょう。

ただそれでも変わる気がなく、彼らのネガティブさに引きずり込まれそうなれば、縁を切るのもひとつの手かもしれません。

02.
ポジティブな環境づくりを心掛ける。

あなたがつねにポジティブさを忘れず、周りにも同じように前向きでいてもらう「自分のなかの基準」さえ持っておけば、ネガティブな彼らは「同調するか離れるか」を選択するでしょう。

それは、酷なことでも何でもありません。基準を立てることは、メンタルを健康に保つひとつの手段なのです。

03.
先入観や偏見を持ったまま接しないこと。

まずは、偏見を持たないこと。みんなそれぞれ違うバックグラウンドがあり、ネガティブな考えを持つようになってしまったことにも、何かしらの理由があるでしょう。

偏見を持つと、言動からすぐその考えが露わになるものです。マイナス思考な人と解決案を見出すときは、先入観を持たずに話し合うことがベストです。

04.
大人な対応をする。

思ったことをすぐ口にしたり、相手を侮辱したり…。私たちはもう子どもではありません。相手に敬意を持って、大人らしく対処しましょう。

05.
とにかく笑顔で。

笑顔は、ネガティブな人に「この世も悪くない」と思ってもらえる最高の武器。彼らはよく「世界は敵だ」と思い込んでしまいがちです。

どの手段も彼らに響かないようであれば、笑顔を見せてあげること。するとパっと世界が開けるかもしれません。

06.
必要であれば休憩を。

ネガティブな人たちから一旦離れるのも、もちろんありです。自分の限界を理解し、ときには距離を置くのも正しい判断のうち。

07.
思いやりを見せてあげる。

もしかしたら、彼らは生活面で悩みを抱えているのかもしれません。たとえばお給料や職探し、または住まいに対する不満、積み重なる恋人との喧嘩の回数、など…。

日常的なストレスからとばっちりを受けているだけ、と知るだけでも気持ちは楽になります。たとえそれ以外の理由があったとしても、彼らが抱える問題を知れると、思いやりも見せやすくなるはず。

08.
ポジティブ精神を持つことを諦めない。

驚くかもしれませんが、「自分はマイナス思考だ」と、みんながみんな自覚しているとは限りません。もしかしたら、ポジティブな考え方を伝えるだけで、彼らのネガティブは打ち消されるかもしれません。

諦めず、ポジティブな主張をし続けること。

09.
彼らの行動を正当化しない。

なぜなら、そうしても意味がないからです。ネガティブな人は多くの場合、文句を言いたいだけ。そして、ただひたすらそれを聞いてくれる人が欲しいだけなんです。

そもそも、思いやりや建設的な批評は求めていません。

10.
自分のせいにしない。

これが一番難しいところでしょう。たとえネガティブな人に責められても、自分のせいにはしないこと。

私も最近、このような状況に陥りました。3人の共通の友だちの前で、1人が私のことをバカにしたんです。触れてほしくない話題に触れられ、私はその時点で耐えられなくなってしまいました。その刺々しい言葉を真摯に認めてしまい、泣きながらその場を立ち去りました。

でもそれは決して正しい言葉ではなく、彼も機嫌が悪かったから発した言葉だったのだと、あとから気づけたのです。

Licensed material used with permission by I Heart Intelligence

関連する記事

もしあなたがネガティブだとしても諦めないでください。悲観的な考えをしてしまうからと言って、前向きになれないわけではないのです。ここに今すぐ試せる6つのこと...
何か気がかりなことがあって、ネガティブな思考に捕らわれてしまうと、普段できていることができなくなったり、楽しいときもどこか憂うつな気分が抜けなかったり。「...
人生、このままじゃダメだとわかっていても、一度ネガティブ思考のスパイラルに陥ってしまうと、そこから抜け出すのは簡単ではありません。ここでは「Elite D...
「アダストリア」が、選べるデザインが限られる人に向けた服を開発・販売するインクルーシブファッションサービス「Play fashion! for ALL」を...
「どうすれば周りに頼らずに生きていける?」という質問に、神経科学者のNicole Gravagnaさんは「周りに頼らなければいい」と返答。彼の「周りとうま...
あなたの周りにも、きっといるはず。「なんでそんなこと言うの?」と思ってしまうような、ネガティブな発言ばっかりをする人。でも、もしかしたらその人自身もテンパ...
多くの人にとって、20代、30代の頃の悩みのひとつに、「上司との関係」が挙げられるのではないでしょうか。ただし、それだけに限らず、「人間関係」はしばしば悩...
心理学を教えていた元高校教師でもあるライターAndrea Shulman氏は、科学的な視点で様々な情報を紹介する「Expanded Consciousne...
人間関係は、日常生活を送る上でも欠かすことができないものですが、何かのきっかけで人を信じることができない、人間不信に陥ることがあります。人間不信のまま楽し...
東京・丸の内にサステイナブルブランド「Allbirds」の日本国内2号店「Allbirds 丸の内」が2021年6月3日(木)オープンする。
心配性で、発言はいつも後ろ向き。「大丈夫だよ」と励ましても、効果はまったくなし。そんなネガティブな人、きっとあなたの周りにもいますよね。彼らとうまく付き合...
「Higher Perspective」にポジティブに生きるための5つの習慣が掲載されています。自分をネガティブだと捉えている人たちの中には、前向きになり...
どうしても抜けない腰の痛み。何もしていないのに首の調子がおかしい…。もしかしたらその痛みは、心の不安が原因かもしれません。心とカラダは繋がっている、と断言...
この記事では、『恐ろしいほど人の本音がわかる!大人の心理テスト』から人間関係にまつわる心理テストを3つ厳選してご紹介します。人間関係に悩むあなたの深層心理...
「優しい人になりたい」と思うことは至って自然なこと。でも、ただの“いい人”で終わってしまわないかと、少なからず抵抗をもつ人もいるかもしれない。そのようなネ...
マイナス思考は、人生をつまらなくします。ネガティブなことに振り回されずに生きていけたら、人生は今より楽しくなるに違いありません。でも、どうすれば自信が持て...
傲慢な人との付き合いは周りが大変。それが家族や上司といった身近な人の場合、距離を置くこともできません。そこで今回は傲慢な人と上手に付き合う方法をご紹介。傲...
精神科医師の水島広子さんが書いた書籍『女子の人間関係』(サンクチュアリ出版)では、そのタイトル通り、女性の人間関係について困っている人の悩みに真摯に答えて...
人は得てして自分をよく見せようとするので、自分の短所や弱い部分をすすんで明かしたりはしないでしょう。口に出すのは大体、自分の長所や成功談になるのではないで...

おすすめ記事

3月16日、軽井沢にほど近い御代田町に新たなラグジュアリーホテル「THE HIRAMATSU 軽井沢 御代田」が開業。すでに予約を受付中。
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
NBAの「ロサンゼルス・レイカーズ」に所属している選手、アンソニー・デイビスが着用し話題となっていた「ナイキ」のサステイナブルな新作バスケットボールシュー...
浜松市の鉄工所がつくったジュラルミン仕様のペグ。強度はもちろん、らせん形状に秘密あり。
前編に続き、ソフトバンク孫社長の元右腕として手腕を振るってきた、プレゼンテーションクリエーターで書家の前田鎌利さんに、「勝つプレゼン」の極意を伺います。前...
平野 宏枝1981年生まれ、ビューティプロデューサー。これまでのキャリアで美容アドバイスをしてきた女性は14万人を超える。顧客の悩みに合わせた「オーダーメ...
「Elite Daily」ライター、Eitan Levine氏による働く母親を持つ娘は、成功しやすいという記事が公開され話題になっています。記事内で取り上...
「Goldwin」の2021年春夏シーズンのコレクションがローンチ。
シアトルに拠点を構える広告代理店の創業者にしてCEO、Jayson DeMers氏が、成功するために20代のうちに知っておくべきコトを「Inc.com」に...
20代を振り返って反省したり、将来のことが心配にもなってくる30代。「本当にこのままでいいのか?」と不安が襲ってくるのは、アナタだけではありません。そんな...