信頼関係を築くコツは、「弱さ」を見せること。

恋愛でも仕事でも嫌な思いをした時、無意識にそれを隠そうとしてしまうことはないでしょうか?気づかぬうちに声のボリュームが大きくなってしまったり、ふさぎ込んでしまったり。

「自分の弱さ」と感じるからこそ隠すのでしょうが、逆に見せることで得ることはたくさんあると「The School of Life」は言います。まずは、傷ついた時に私たちがやってしまいがちな行動から振り返ってみましょう。

怒ったり物に当たるのは
本当の自分を隠すため

私たちは厳しい批判にさらされた時、恥ずかしい気持ちになります。誰もが素晴らしい人というわけではないのです。プレッシャーを感じる出来事の中では、皆、怒ったりパニックになるでしょう。

他にも大声を出したりドアを勢いよく閉めたり。または、ぶつかったり物を落としたりと、ささいなことで不器用な面が出てしまいます。周りからどう見られているか、この先どうなってしまうのか、すべての事に対して不安になってしまうのです。

愛を求めていたとしても、親しい人たちに対して思いやりを持てず、自分のダメな部分を隠そうと必死になります。

傷つきそうになる時、私たちは完全にそれを隠そうとします。ネガティブなことは隠し、実際より価値があるように見せようとします。

「傷つきやすさ」は
ポジティブにもなる

既に理解しているとは思いますが、私たちは傷つきやすいという負の部分に着目してしまっています。けれど、弱さは時にとても重要な利点にもなるのです。

弱さを見せることで、関係を築き上げることもできます。自分が犯してきたミスを見せることで、相手に人間らしい印象を与えるのです。

そうすることで、互いに共通点があることに気づくはずです。また、弱さは友情関係の基盤にもなります。

相手への感心だけで成り立つのではなく、人生で困難に立ち向かう上で、支え合える関係となっていくでしょう。

弱い部分をあえて見せることで
「友情」や「愛」が生まれる

弱く傷つきやすい心となかなか向き合うことが出来ない時もあります。助けて欲しいと誰かに強く要求してしまったり、怒りとして表現してしまったり。

“良い弱さ”とは、自分じゃない他の誰かに問題を解決してもらおうとすることではなく、本当の自分を見せることで出てきます。時間はかかるかもしれませんが、自分の弱さや傷つきやすさを見せることで、相手も同じように見せてくれるでしょう。

「弱さを見せられるほど私たちは強い」ということなのです。表面ではわかりにくくても、誰もがあなたと同じように傷ついていて、不安なのです。だから本当の自分を見せることで、互いの弱い部分を認め合うことになります。

そうすることで、本当の「友情」や「愛」を手にすることができるでしょう。

Licensed material used with permission by The School of Life

関連する記事

人は得てして自分をよく見せようとするので、自分の短所や弱い部分をすすんで明かしたりはしないでしょう。口に出すのは大体、自分の長所や成功談になるのではないで...
「どうすれば周りに頼らずに生きていける?」という質問に、神経科学者のNicole Gravagnaさんは「周りに頼らなければいい」と返答。彼の「周りとうま...
世の中にはさまざまな人がいますが、人間は残念ながら決して一人だけで生きていくわけにはいきません。それぞれの人間関係においてお互いの信頼はとても大切です。そ...
多くの人にとって、20代、30代の頃の悩みのひとつに、「上司との関係」が挙げられるのではないでしょうか。ただし、それだけに限らず、「人間関係」はしばしば悩...
フロントタイヤを二輪にした「ゴールドトライアングル構造」によってバツグンの安定感を誇るニュータイプの電動キックボード型モーターサイクル「ilark」が「M...
不器用な人ほど素直な気持ちで「Inc.」のMarcel Schwantesが説く、周りから信頼を勝ち取るヒントに目を向けてみてはいかがでしょう。口にするだ...
この記事では、『恐ろしいほど人の本音がわかる!大人の心理テスト』から人間関係にまつわる心理テストを3つ厳選してご紹介します。人間関係に悩むあなたの深層心理...
精神科医師の水島広子さんの書籍『女子の人間関係』、他人から嫌われる態度ばかりで面倒な性格の女性を「女」と表現し、どのように彼女たちと付き合っていくべきかを...
長続きするカップルは知っている「ルール」「NGワード」「マンネリ解消法」「友達と恋人のバランスの取り方」「良い影響」など、いまパートナーがいる人に読んで欲...
充電せずにマスクを除菌してくれるマスクケースとマスクのセット「iLe INSTマスク」が「Makuake」に登場。
もしあなたがネガティブだとしても諦めないでください。悲観的な考えをしてしまうからと言って、前向きになれないわけではないのです。ここに今すぐ試せる6つのこと...
たとえ職場を変えても、新たな街に移り住んだとしても、ネガティブな人というのは必ずいて、あなたに付いてまわります。周りを変えることはできないからこそ、ポジテ...
ビジネスを成功させたいなら、やっぱり「人間関係」がキーワードになってきます。そこで、ポジティブな自分になって、人を巻き込み、いい流れつくるためのちょっとし...
心身ともに健康でいられるためにも、あなたに悪影響を与える「有害」な人はできるだけ早くに避けましょう。ネガティブな人、あなたを変える人、あなたを尊重しない人...
「優しい人になりたい」と思うことは至って自然なこと。でも、ただの“いい人”で終わってしまわないかと、少なからず抵抗をもつ人もいるかもしれない。そのようなネ...
「頑固な人=付き合いにくい」という悪いイメージがありますが、一概にそうとは言えません。時に長所にもなり、職人や料理人など良い意味で頑固な人もいます。大切な...
大人になるにつれ、友情のあり方も変わります。学生から社会人へ、そして年を重ねる毎に賢くなるように、友達との付き合い方も変わっていきます。でもその変化は決し...
アメリカの人気webサイト「Spirit Science and Metaphysics」の創設者であるSteven Bancarz氏は、人生には避けるべ...
卒業、就職、結婚など節目で地元を離れる人はいる。今まで仲良かった友達・仲間と離れるのは心寂しいもの。でも離れるからって友情関係が変わるとは限らない。むしろ...
人間関係の悩みは、いつの時代もつきものです。どこに行ってもすぐに人と仲良くなれる人を見ると、羨ましい気持ちにもなります。「The Smart Dating...
「嫌われるのが怖くて本音が言えない」「周りから距離を置かれている気がする」。こういった人間関係の悩みをなかなか解決できずに悶々としている人は多いことでしょ...
複雑な人間関係ーー。自分に本当に必要な人と、そうでない人間がいるとライターPaul Hudson氏は豪語する。もしも、彼の主張するような“関係を見直すべき...
「お一人様」なんて言葉もよく聞きますが、そうな言っても誰かといるときが一番安心できる、という人も多いでしょう。でも学校という環境を離れて社会に出ると、友達...
ここに紹介するのは、2014年12月にElite Dailyで公開された、ちょっと古い記事。年の瀬に「こんな人との縁は年内に断ち切るべき」とした内容は、新...
「あなたは、まわりの人から信頼されていますか?」そう言われてドキッとする人もいるでしょう。誰だって人から信頼されたいと思っているものですが、信頼とはそう簡...
周りを引き込む、自然と好かれる人がいると思います。こういう人たちはなぜに好かれるのか、そしてどんなことをしているのでしょう。そこには、11つの共通点があり...
「Higher Perspective」にポジティブに生きるための5つの習慣が掲載されています。自分をネガティブだと捉えている人たちの中には、前向きになり...
時間が経ってみないとわからないことだけど、友情が学生時代でストップしてしまう関係があります。あんなに仲がよかったのに…。その“友情期限”が長く続く人とそう...
物理的な距離の問題ってもどかしい。それは、恋人じゃなく親友でも同じこと。それでも、すぐには会えない関係の中で「親友」の関係を続けられる人たちがいる。彼女た...