デキる人は知っている!円満な人間関係を築く「10のポイント」

言葉の力は偉大。人の心を喜ばせることができるし、悲しませることもできる。何かアクションを起こすきっかけ(Trigger)にもなったりする。今回紹介する『トリガー・フレーズ 自分にスイッチを入れる170の言葉』は、そんな、自ら動き出すきっかけとなるようなコトバを集めた書籍だ。

Vol.5では「コントリビューションの言葉」から、人脈づくりについてのトリガー・フレーズをピックアップ。

自分をコントロールし、マネジメントできるようになれば、あなたの人生の質も変わっていく。


01.

人と会うのも勉強であり
いろいろな人とのつながりが
できるであろう未来に
投資することである

triggerphrase

人と会う時間は、浪費ではなく投資。積極的に人脈を広げ、意見交換をしよう。出会いが、アイデアを思いつくきっかけになり、ビジネスチャンスにつながることは少なくない。

02.

誰を知っているかではなく
誰に知られているか

いざというときに頼れる人をキープしている状態を人脈というのではない。目指すべきは、自分が頼るより、むしろ頼られるような関係。そのためには相手のために何ができるかを常に考えておくこと。

03.

「今度」「近いうち」は
永遠にこない

triggerphrase

せっかく縁あって知り合った人とは、「そのうち」ではなく、できるだけ早く親しくなろう。「また今度連絡します」と言って別れてしまうのではなく、知り合った場で次に会う約束をし、スケジュールに入れてしまうのがコツ。人との縁は、タイミングによって大きく左右されるもの。

04.

自己紹介は時間のムダ

「初対面であれば、自己紹介は不可欠」これは果たして真実だろうか?会うことが決まっている相手なら、事前にお互いのプロフィールを知らせ合っておけば、自己紹介は必要なし。会ってすぐにコントリビューションし合うこともできる。そのためにはTwitterやFacebook、、ブログを活用しよう。プロフィールをまとめたカードなど、自分のことを知ってもらうツールを用意しておくといいだろう。

05.

「この人何かおもしろそうだな」
「会ってみたいな」と
思ってもらえるような
プロフィールが必要

triggerphrase

「人脈を作りたい、広げたい」と思うなら、会ったことのない人に関心を持ってもらえるようなプロフィールを持つこと。自分ができること、関心があること、知っていることなどを思い浮かべてみよう。うまくリストアップできない場合は、何が足りないのかを考える。そして魅力的なプロフィールのために自己投資することだ。

06.

人との会話は
「10対90」で聞き役に回れ

求めていない情報をいくらアウトプットしても、単にうっとうしがられるだけ。まずは相手の話をよく聞いて。どういう情報を欲しいと思っているのか、どんなことに関心があるのかをしっかりと把握すること。こちらから話をするのは、それからだ。

07.

人間は楽しいから笑うのではなく
笑うから楽しくなる

triggerphrase

泣くから悲しくなり、笑うから楽しくなる。それなら大いに笑おう。笑える話を意識していれば、自然と楽しいエピソードが集まる。そのエピソードを披露すれば、周りの人も楽しくなる。

08.

人と会うなら
「ホーム」に呼び込め

自分が慣れていない場所は、行くだけで緊張してしまうもの。誰かと会うときはなおさらだ。相手が場所にこだわらないなら、自分がよく知った「ホーム」で会うべきだ。初めて入る店より、味もサービスもよく分かった店を選ぼう。仕事の話をするなら、自分のオフィスに来てもらうのもいいだろう。

09.

二次会には行かない

triggerphrase

不確かな要素が多い2次会には、基本的に参加しないことにしよう。始まる時間、終わる時間、予算、場所。すべてが流動的なので、ダラダラしてしまうからだ。妥協してサービスの悪い店に入り、意義のない時間を過ごす。これはあまりにロスの多いやり方だ。

10.

「ぺらぺらで完璧な英語」は、
もはや世界の主流とはいえない

世界を見渡すと、英語のネイティブスピーカーは少数派。シンガポール風邪の英語スペインなまりの英語。インドアクセントの英語。「少数派の高レベル」を目指すより現実に目を向けて、身構えずに、いろいろな人と話してみよう。

トリガー・フレーズ 自分にスイッチを入れる170の言葉
コンテンツ提供元:本田直之

「どうすれば周りに頼らずに生きていける?」という質問に、神経科学者のNicole Gravagnaさんは「周りに頼らなければいい」と返答。彼の「周りとうま...
精神科医師の水島広子さんが書いた書籍『女子の人間関係』(サンクチュアリ出版)では、そのタイトル通り、女性の人間関係について困っている人の悩みに真摯に答えて...
人は得てして自分をよく見せようとするので、自分の短所や弱い部分をすすんで明かしたりはしないでしょう。口に出すのは大体、自分の長所や成功談になるのではないで...
「Amphibio」は、デザイナー亀井潤氏によって開発された人間用のエラ。地球温暖化により、人類が地上に住めなくなったシーンを想定して作られているとのこと。
「Fliteboard」は電動モーターが搭載されているサーフボード。リモコンでスピードをコントロールして、最高で時速40kmも出るそうですよ。
哲学、教育、政治、アインシュタインは何を感じながら生きていたのか。人生論というよりは、社会をみていた彼の観点から、ハッとさせられる名言を「I Heart ...
多くの人にとって、20代、30代の頃の悩みのひとつに、「上司との関係」が挙げられるのではないでしょうか。ただし、それだけに限らず、「人間関係」はしばしば悩...
人生を晴れやかなものへと変える生き方。「自分を知る」目的としてマインドフルネスの実践を提唱する荻原順子さん。著書『人生が変わるマインドフルネス』(幻冬舎)...
生きていれば人との付き合い方や、そもそもの生き方など、考えさせられることは多いはず。人生に迷ったとき、私たちは何を信じて生きていけばいいのでしょうか?ここ...
人間関係において問われるのは、自分の感情をコントロールできるか。そして、相手の感情まで深く理解できるかどうか。極めて難しいことではあるが、いわゆる“デキる...
あんなに小さいのに、こんなに「よくできていた」んだね。
世の中にはさまざまな人がいますが、人間は残念ながら決して一人だけで生きていくわけにはいきません。それぞれの人間関係においてお互いの信頼はとても大切です。そ...
ここに紹介するのは、2014年12月にElite Dailyで公開された、ちょっと古い記事。年の瀬に「こんな人との縁は年内に断ち切るべき」とした内容は、新...
これまで50作にも及ぶ著書を記してきた本田直之氏。そのなかの22作をピックアップして、これまでに彼が綴ってきた言葉をまとめたのが『LIVE SIMPLY ...
複雑な人間関係ーー。自分に本当に必要な人と、そうでない人間がいるとライターPaul Hudson氏は豪語する。もしも、彼の主張するような“関係を見直すべき...
アメリカの人気webサイト「Spirit Science and Metaphysics」の創設者であるSteven Bancarz氏は、人生には避けるべ...
とかく人間関係とは、ストレスを抱える要因になるものです。学校でも、会社でも。風通しさえよくなれば、ストレスを抱えることなく他人と付き合えるようになると説く...
デザイン、サイズ、店舗を通して、本当の自分を表現したい全ての人を応援するアパレルブランド「The Phluid Project」。
最近、人間関係がうまくいっていない・・・。そんなあなたは、相手の感情を理解しようとしているだろうか?円満な人間関係を築くコツは、人の感情まで深く理解するこ...
精神科医師の水島広子さんの書籍『女子の人間関係』、他人から嫌われる態度ばかりで面倒な性格の女性を「女」と表現し、どのように彼女たちと付き合っていくべきかを...
「生きるために食べよ、食べるために生きるな」これは、古代ギリシャの哲学者ソクラテスの有名な言葉。忙しい毎日を過ごしている、現代人に響くものではないでしょう...
人間関係の悩みは、いつの時代もつきものです。どこに行ってもすぐに人と仲良くなれる人を見ると、羨ましい気持ちにもなります。「The Smart Dating...
精神や心を重要視するこの時代、質の高い人生を送るためには、正しい心のあり方を知る必要がある。こう説くのは、『人生が変わるマインドフルネス』(幻冬舎)を上梓...
「Higher Perspective」に掲載されている元記事のタイトルは「どんな時も参考になる名言」です。ややアバウトな印象ですが、逆にいうと、リストア...