夫婦間や職場での人間関係をスムーズにするには「先手必勝」がポイント

三浦将さんの著書『相手を変える習慣力』では、「部下の考えていることが分からない」「結婚していた当初のように夫婦関係を良好にしたい」と、人間関係がうまくいかず、悩んでいる人に向けたアドバイスが記されています。

そんなとき、まずはあなたが動くことで世界はガラリと変わります。ぜひ、参考にしてみてください。

身近な関係こそ
お互いの「承認」が大切

843b4dd6797572dd6b6f300aad1d02451d02b448

ほとんど毎日顔を突き合わせているのに、会話の内容は、用件や依頼についてがほとんど。これでは、お互いの本音がわかりません。

あなたにはこんな関係の人がいませんか?

例えば、夫婦の間で交わされる会話が、「○○の件、決めてくれた?」「○○早くやっておいて!」などの要件ベースばかり。かつてあったような雑談は、ここ数年交わした覚えがない…。

これらは、近い関係だからこそ起こりやすい問題でもあります。近い関係であるがゆえに、相手に期待することのバー設定が高く、自分では気づかないうちに、相手への甘えや、依存が起こっているのかもしれません。

期待が高いと「このくらいはわかっているだろう」というような感覚になります。そして、相手が期待通りに動いてくれないと不満や怒りを感じるのです。つまり、お互いに相手からのアクション待ちになりやすく、期待値が高いために、そのアクションに満足できなくなります。

近い関係だからこそ、日頃から相手を認めること(承認)を大切にしましょう。相手そのものの存在を承認することで、自然に感謝の気持ちも増していくので、この「承認から感謝」という流れはとても重要なのです。

感謝するのも
「先手必勝」

3e2aeadce46fe50e209a25b5bcdd99b37b7064ef

「感謝」の反対は「当たり前」。当たり前だと思っていることには、感謝の気持ちは湧いてきません。当たり前だと思っていたことが当たり前ではないと気づいたとき、初めて感謝の気持ちが生まれるのです。

妻が子育てをしながら家事をこなすのが普通でしょうか?

部下が様々な思いや不安、不慣れなこともあるなかで、指示したように動いてくれるのが当たり前のことでしょうか?

近い関係ほど、この相手に対する当たり前の感覚が起きやすいと言えます。相手を承認して、あなたに感謝の気持ちが湧き上がれば、あなたの言葉が相手の存在意識にさらに届くようになります。

そのためにも、ぜひ近しい関係の人にやってほしいことがあります。それは「先手必勝」です。感謝するのも先手必勝。相手に「これぐらいのことはやってくれるだろう」という気持ちがあるのならば、逆に同じように思っているだろうあなたへの期待を、先手必勝で満たしてあげるのです。

もし妻が仕事をしながら子育てや家事に追われていたら、何も言わずにお皿を洗ってあげてください。部下がつらそうな表情をしていたら「大丈夫か?」と声をかけてあげてください。これこそが、先手必勝なのです。

セルフコーチングを
してみる

7bfc6489444a9d4b787ee83091942a6a2f1946c1

「先手必勝する余裕なんかない…」という人もいるかもしれません。

例えば私も「忙しいのにこんなことをしている場合か!」と思いながら、妻のために皿洗いを手伝っていました。しかし考えを改め「今はこれをやることが大切なんだ。今これをやることで最高の未来を作るのだ!」とセルフコーチングをしてみました。

すると不思議なことに、それまで嫌々やっていた家事も、淡々とこなせるようになったのです。「家族に貢献している」「自分の未来に貢献している」という感覚さえ湧いたほどです。

これが習慣になると、仕事がかなり詰まっているときでも、良い意味で「やって当たり前」という感覚で家事を手伝う自分がいました。こうした習慣が身につくにつれて、妻から不満の表情がどんどん減っていき、夫婦の会話が増えたのです。

先手必勝をすることで相手の心が開き、やがては相手からの働きかけが始まります。先手必勝を続ける習慣とは、相手が持っている当たり前の心を、こちらが先に満たしてあげる習慣でもあります。この習慣は、相手が変わっていくことの第一歩。その先に、お互い腹を割って話すことのできる関係性が築かれていくでしょう。

あなたが「部下を変えたい」と思ったとき、どんな手法を使って変えようとしていますか?やはりダメ出しや説教になってしまっているのではないでしょうか。企業の人材...
多くの人にとって、20代、30代の頃の悩みのひとつに、「上司との関係」が挙げられるのではないでしょうか。ただし、それだけに限らず、「人間関係」はしばしば悩...
「上司がこういう言い方をしてくれたら」「部下がこんなふうに行動してくれたら」。働いていると、目の前の人に変わってほしいと思う場面に何度か出くわすことがある...
富裕層が地区に流れることによる地価の上昇を一般にジェントリフィケーションと呼びます。この現象にベルリンにあるクロイツベルク地区では反対運動が行われています...
、生活の場が飲食店という幼少期の実体験から学んだ人生観がおもしろい!飲食店におけるルールなれど、どんな仕事にも通づる大切にすべきことがあります。
「どうすれば周りに頼らずに生きていける?」という質問に、神経科学者のNicole Gravagnaさんは「周りに頼らなければいい」と返答。彼の「周りとうま...
精神科医師の水島広子さんが書いた書籍『女子の人間関係』(サンクチュアリ出版)では、そのタイトル通り、女性の人間関係について困っている人の悩みに真摯に答えて...
カーネーギーメロン大学の心理学者の教授、Brooke Feeney氏による研究でサポートや応援してくれるパートナーを持つ人は仕事で成功することがわかりまし...
人生を晴れやかなものへと変える生き方。「自分を知る」目的としてマインドフルネスの実践を提唱する荻原順子さん。著書『人生が変わるマインドフルネス』(幻冬舎)...
やり甲斐や達成感。仕事においてこの点を重要視する人も多いですが、一方で職場関係に苦手な人がいるとなかなか対応に困るもの。ついには「べつの仕事を当たったほう...
梅雨があけると夜になっても暑くて、帰宅する頃にはもう汗でベタベタ……。キンキンに冷えたビールもいいけど、こんな“レサワ”いかがでしょう?
もし付き合っている相手が、自分に対して不満を抱えているとしたら…。後々、「まったく気付きませんでした」とはなりたくない。特に、手遅れになるようなことには。...
「人生を楽しむのに年齢なんて、関係ない。」それを実践しているアジア系アメリカ人の微笑ましい夫婦がいます。彼らが今ハマっているのはコスプレ!しかも始めたのは...
人間関係の悩みは、いつの時代もつきものです。どこに行ってもすぐに人と仲良くなれる人を見ると、羨ましい気持ちにもなります。「The Smart Dating...
とかく人間関係とは、ストレスを抱える要因になるものです。学校でも、会社でも。風通しさえよくなれば、ストレスを抱えることなく他人と付き合えるようになると説く...
長年寄り添えば寄り添うほど、良くいえば落ち着く、わるくいえばマンネリ化するのが夫婦関係というもの。でもそんな日常の中に必ずあって欲しいのは、ふたりの愛を二...
今まで私はたくさんの家づくりの相談をお受けしてきました。その中で、素晴らしい家づくりをされたご家族・ご夫婦には、特徴的な行動パターンや習慣パターンがあるこ...
「お気に入りの本を友だちにオススメしたいですか?」という質問に対して、先生も予想しなかっただろう答えを書いています。
自分を変えるためにもいい習慣を身につけたいと思うのに、なかなか身につかない。そう思っているあなた。それはもしかすると悪い習慣が邪魔をしているのかもしれませ...
アーティストであるAnnabel Oosteweeghelの「Everlasting」というシリーズは、ある老夫婦の平穏な生活が写し出されている。誰も会っ...
精神科医師の水島広子さんの書籍『女子の人間関係』、他人から嫌われる態度ばかりで面倒な性格の女性を「女」と表現し、どのように彼女たちと付き合っていくべきかを...
「嫌われるのが怖くて本音が言えない」「周りから距離を置かれている気がする」。こういった人間関係の悩みをなかなか解決できずに悶々としている人は多いことでしょ...
ビジネスを成功させたいなら、やっぱり「人間関係」がキーワードになってきます。そこで、ポジティブな自分になって、人を巻き込み、いい流れつくるためのちょっとし...
ポイントは、「イライラしたとき」の対処法。