一流秘書がコッソリ教える。信頼される男が、絶対にやらない「5つのこと」

「あなたは、まわりの人から信頼されていますか?」

そう言われてドキッとする人もいるでしょう。誰だって人から信頼されたいと思っているものですが、信頼とはそう簡単に得られるわけではないこともわかっているはず。

trust_me1508123113

ところが、信頼される男には「絶対にやらない」と決めている共通点があったのです!何かをイチから始めるのは大変ですが、何かをやめるだけで信頼が得られるのであれば、今すぐやってみる価値があるかも!?

01.
「信頼」を口に出す人は
信頼されない

女性よりも男性のほうが「信頼」という言葉に敏感。まわりから自分が信頼されているか気にしてしまった経験が、あなたにもあるのではないでしょうか?
信頼は形のないものですが、形にしてはいけないものでもあるのです。例えば、まだ知り合って間もない人から「あなたとの信頼関係をもとに、これからもよりよい関係を築いていきたいですね」と言われたら、何だか背筋がゾクッとしませんか?

「信頼」を口に出した瞬間、それは偽物になるのです。時間をかけてお互いを知っていく過程で生まれるものが信頼。だから軽々しく信頼なんて口にしてはいけないのです。

02.
言い訳の数だけ
「信頼」は失われる

150812-21

「電車が遅延していまして…」「仕事が忙しくて、つい…」
こんな言い訳をしていませんか?

本当に信頼されている男は、決して言い訳をしません。なぜなら言い訳は自分にとっての正当論でしかなく、相手にはまったく関係のないことだから。
言い訳という名の強固な鎧はとても便利に見えますが、自己弁護を重ねることで「信頼」をみるみるうちに失っていきます。特に遅刻は「時間に対する言い訳」。たとえ数分でも相手の時間を奪うことに他なりません。自分に置き換えてみると、その失礼さがよくわかるのではないでしょうか。

03.
肩書き自慢は小物自慢

肩書きなんて、名刺を見ればすぐにわかります。なのに自ら名乗るのは、それがなければ自分は成り立たないと思っているからでは。
肩書きに惹かれて近づいてくるような人は、あなたに肩書きがなくなれば離れていってしまう人。そんな人があなたに必要ですか?信頼される男は、肩書きではなく「人となり」で人を惹きつけるのです。

04.
過去の栄光を語っても
信頼は生まれない

trust_me150814-001

最近、自分の人生のピークを「過去」に持っていってしまい、「今」を生きられていない人が多いように感じます。過去の成功話を思い出深く語られても、「この人は今何をしている人なんだろう」と不信がられてしまうだけ。

信頼される男は、慎ましく謙虚であるもの。自ら進んで過去の栄光について語るような無粋な真似はしません。「今」という一瞬一瞬を大切に生きている人は、それだけで魅力的。信頼とは、そういったところから生まれていくのです。

05.
ネガティブワードは
信頼を阻む

trust_me150814-03

「◯◯さん、昨日の会議の件だけどね、これさぁ、何とかならなかったのかな?」

あなたは、月曜の朝一番からこんな言葉を聞かされて、いい気分になるでしょうか。少なくともその相手を信頼したいとは思わないのでは?

「言葉をかける」とは、それくらい人の気分に影響を与えるものなんです。ネガティブワードはネガティブな感情を引き起こし、ポジティブワードはポジティブな感情を引き起こす。本当に信頼できる男は、決してネガティブワードを使わないものです。

一流秘書だけが知っている信頼される男、されない男
コンテンツ提供元:サンマーク出版

能町 光香/Mitsuka Noumachi

株式会社リンク代表取締役、人材育成コンサルタント。大学卒業後、商社に勤務。The University of Queensland大学院にて教育学を専攻し、帰国。10年間、一流企業のトップエグゼクティブたちを秘書として補佐してきた経験をもとに独立。2013年に「一流秘書養成スクール」を創設する。現在、幅広い業界にて社長秘書、役員秘書を指導。自身の豊富な経験に基づく実践的な解決法を伝える講演や企業研修を行っている。

人から信頼を集める男性は、ブレない軸を持っているものです。八方美人で、誰にでも媚びへつらうような人を信頼しようなんて思う人はいないでしょう。一本スジの通っ...
不器用な人ほど素直な気持ちで「Inc.」のMarcel Schwantesが説く、周りから信頼を勝ち取るヒントに目を向けてみてはいかがでしょう。口にするだ...
「あの人は口だけだよね」そんな陰口を聞いたことがある人も多いでしょう。人間は言葉でウソはつけますが、行動でウソはつけません。この人は信頼できる男なのかなと...
あなたは、この人は信頼できる、信頼できないという判断基準を持っていますか?「なんとなくは見分けられるものの、はっきりとした判断は下し難い。特に初対面の人と...
職業柄人に会うことが多いので、口臭には気を遣っています。コーヒーを飲んだ後やこってり系のご飯を食べた後には、ミントキャンディを一粒。ゴリッとカリッとした噛...
サンフランシスコに拠点をおくメンズアパレルブランド「Eison Triple Thread」は、先日テクノロジーを最大限に活用したサービス「Fits」を始...
世の中にはさまざまな人がいますが、人間は残念ながら決して一人だけで生きていくわけにはいきません。それぞれの人間関係においてお互いの信頼はとても大切です。そ...
「何」を言うかではなく、「どう」言うかだ。「Inc.」のMarcel Schwantes氏が書いた記事によれば、職場で物事を「どう」言うかで信頼度が決まる...
一流の人の周りには、不思議と人が集まるものです。よく見ていると、一流は何気ない気配りがとても上手なことが多いのです。拙著『一流になれる人、なれない人の見分...
ずっと続けていると愛想をつかされそうだけど。
ミッドソールには「転売用じゃないよ」、シュータンには「ちゃんと履いてね」などのメッセージが入っています。
基本的に「信頼」とは、一発で獲得できるものではなく、日々コツコツと努力を繰り返し、いざというときに一気に効果をあらわすもの。そこで、ビジネスコーチ馬場啓介...
「一流」と呼ばれる人たちは、私たちとは根本的な何かが違うのでしょうか。実は、当たり前のことを続けているだけなのです。ここでは、誰でもできる、チャンスを引き...
精神科医師の水島広子さんが書いた書籍『女子の人間関係』(サンクチュアリ出版)では、そのタイトル通り、女性の人間関係について困っている人の悩みに真摯に答えて...
成功は、運の良い人のところにある日突然パッとやってくるものではありません。成功する人は、運を引き寄せるような生き方をしているのです。アメリカのビジネス情報...
余談ですが“バッファローウィングフレーバー”も同時に売り出すようです。
ダメダメな自分を律して信頼される人物になりたい。と思うこともあるものですが、ぼんやりと考えを巡らせては結局答えが見つからなかった、というのがいつものパター...
ファーストクラスでお目にかかった方々が皆さん一流だったかというと、残念ながらそうとは言えません。その違いはなにか?拙著『一流になれる人、なれない人の見分け...
千葉県いすみ市にあるオーガニック農園「Brown’s Field(ブラウンズフィールド)」。ここのオーナーは、マクロビオティック料理家の第一人者である中島...
いまや、ワンマンなボスではなく、部下のやる気を奮い立たせるようなリーダーが重宝されるようになりました。そこでライターのMarcel Schwantesさん...