千葉のブラウンズフィールドで学んだ「同じ釜の飯」 が育む信頼関係とは?

千葉県いすみ市にあるオーガニック農園「Brown’s Field(ブラウンズフィールド)」。

ここのオーナーは、マクロビオティック料理家の第一人者である中島デコさんです。季節のめぐりに沿った、自然の暦とともにある暮らしから、学べること、また実践できることとは?

「掃除」から始まる
ブラウンズフィールドの朝

4971634796527616
©2018 The CAMPus

ブラウンズフィールドの朝は、掃除から始まります。住み込みで働くスタッフや研修生など、約10名で一斉にお掃除するなんて、とても気持ちのいい習慣。

とはいえ、すでに掃除の前から自分の仕事をしていたりする人もいるからすごい。たとえば前の晩の雨風の影響をチェックしに外回りを済ませていたり、その日の仕込みを始めていたり、ブラウンズフィールドのスタッフさんたちは本当に気持ちがいいくらいによく働くのです。しかもみんな、心から楽しそうに働いていることにも驚かされます。

「わたしが何にもできないからねぇ〜(笑)」

と笑うのは、他ならぬ中島デコさん。

彼女ほどのクリエイティビティの持ち主が何をおっしゃるのですか! と思わず反論してしまいましたが、その言葉の真意は、スタッフ間で日々築き上げられる信頼関係のことなんだと感じました。

みんなの仕事が
「同じ釜の飯」となる

4642610975080448
©2018 The CAMPus

朝の掃除のあとは、みんなで丸いテーブルを囲み、「同じ釜の飯」をいただきながら、前日のことや朝の体調なんかをチェックイン。

一見、なんてことない雑談ですが、安心して体調を伝え合えるというのも、共同生活をしている=同じものを食べているブラウンズフィールドならでは。それに加え、まだ日が浅い研修生に実家のことを聞くなど、さりげない会話の中にもコミュニケーションの大切さを感じさせます。

そしてもちろん、スタッフそれぞれの持ち場や状況も確認するデコさん。

「畑のあの作物はどう?」

「今日のカフェのメニューはどんな風?」

「宿泊の予約は何名なの?」

それぞれのスタッフから共有を受けます。対応を急ぐべきことや手が足りてないことがあればデコさんも自ら参加。スタッフを信頼して全面的に任せているけれど、だからといって絶対に放置するということはありません。

柔軟に助け合って
信頼関係が深まる

4714594022981632
©2018 The CAMPus

ブラウンズフィールドは、「ライステラスカフェ」や、宿泊施設を兼ね備えた「慈慈の邸(じじのいえ)」、オーガニック自然食品店の「ナチュラルストア アサナ」と、様々な業態を兼ね備えていて、スタッフ一人ひとりの担当分野がそのまま事業に影響します。

そのため、何か不測の事態が起きたとしても「あっちが大変そうだから私が入るね」「今日は収穫があるから誰か手を貸して」といった風にスタッフが自主的に対応。しかも肩に力を入りすぎず、柔軟に工夫し合っているのがよくわかります。

そうして、日々の各自の仕事が、お米としてご飯になったり、野菜のおかずになったり、お客さまを迎えるアイデアになったり、新しいイベントが生まれたりと、一つひとつが成功事例として積み上げられます。

そしてそこからまた、お互いの信頼関係が深まるんですね。

デコさんからスタッフへ
先輩から新人へ受け継ぐもの

4889598169710592
©2018 The CAMPus

ブラウンズフィールドのスタッフには、はっきりとした任期はないものの2〜3年の住み込み期間が平均的です。

季節を2周するうちに作物のシーズンを感じとり、加工品や保存食作りを学ぶのにも十分な期間のようです。住み込みスタッフとしてもうすぐ丸2年目というゆはらさんは、自身の経験をこう話してくれました。

「1年目には誰かに言われるまで気づかず出来なかったことも、次の年には自分から『あれがもうすぐ実る頃だな、今のうちにこれやっておこう』と思いつくようになるんです」

そんなスタッフのみんなの自主性に感動していると「みんな働きものでしょ〜」「しかも前任者や先輩たちから受け継いでいることがすごいと思うの」と嬉しそうなデコさん。

6015498076553216
©2018 The CAMPus

たとえば、オープン10年を迎えるという「ライステラスカフェ」でも、立ち上げたスタッフたちの考えやスピリットが今のスタッフにも継承されていて、さらに進化もしている、と感じるそうです。

デコさんからスタッフへ、先輩スタッフから新人スタッフへ。それぞれが積み上げてきた知恵や工夫や学びの結晶が、きちんと受け継がれている。簡単なようでいて、なかなかできることではありません。

一緒に食べ物を育み、収穫したてのものを一緒に食べる。「同じ釜の飯」は、家族の存在に近いくらい本質的な信頼関係を築き上げているようです。

自分の軸を、大地と繋げる

5840493929824256
©2018 The CAMPus

「一生困らないくらいの梅干しがあるんだけど、それでも毎年作るの」と、デコさん。その理由は、梅干しや梅酢を使うという目的だけではありません。「この土地で採れたものを、ここでいただくことに意味があるから」と。

わたしたちの暮らしはとても便利になり、ともすると、北米産の小麦でできたパン、南米からのコーヒー、フィリピン産のバナナといったように、本当の意味での地産地消が難しいことすらありますが、その土地のものを食べることで「自分の軸が、大地としっかりと繋がる」とデコさんは言います。

自分の中心に軸を持ち、それがしっかりと安定することで自信に変わり、何があっても「だいじょうぶ」と思える、生きる強さになる。

地元産のものを食べることは、自然のなかで暮らすための「基本のキ」なのかもしれません。

「Brown's Field(ブラウンズフィールド)」

住所:千葉県いすみ市岬町桑田1501-1
TEL:0470-87-4501
公式HP:http://brownsfield-jp.com/

本記事は、オンライン農学校「The CAMPus」に掲載された会員制コンテンツを一部抜粋し、編集したものです。

Top image: © The CAMPus
千葉県成田市といえば真言宗智山派の大本山「成田山新勝寺」があり、全国からたくさんの参拝者が訪れます。その成田山のお土産品として大人気なのが「てっぽう漬け」...
台湾のポピュラーな土産、鳳梨酥(フォンリンスー)。日本語では「パイナップルケーキ」と呼ばれているものの、多くはパイナップルが使われておらず、冬瓜が使われて...
千葉県の飲食店「珈琲とワインのある暮らし25」から登場したのは、ワインの甘味や酸味を表現したコーヒー豆。「お酒を飲めない時でも、ワインを飲んだ時のような、...
手がけているのは、以前にも紹介したHAPPY NUTS DAY。地元を大切に想う彼らが手がけた、夏を満喫する「3つのDAY TRIP」を紹介しよう。サーフ...
スロバキアのブランド「NOVESTA(ノベスタ)」。その名作「STAR MASTER CLASSIC 10」の紹介です。
「Trace Face」は、愛知県瀬戸市の陶磁器メーカー、エムエムヨシハシの職人が作る手彫り型で作ったもの。堅いイメージのある陶磁器に、柔らかい雰囲気の手...
立派な門構えから一歩足を踏み入れると、緑あふれる自然に歓迎された。その向こうには大きな日本家屋の屋根が見える。千葉の房総、長南町(ちょうなんまち)で現代に...
ここは千葉県鴨川市の「大山千枚田」。楽しめるのは、地元農家が代々守ってきた“昔ながらの棚田風景”です。ただし、普段の景色もさることながら、先日まで開催され...
おいしいコーヒーと、グルテンフリーのフードメニューで人気のカフェ「ことりうさぎ」は、秋田県北東部の鹿角市にある。温泉やスキー場といった北国らしい魅力はたく...
ちょっと一服。愛煙家ではありませんが、お茶を飲んでひと休みする時は、昔からこの表現が一番しっくりくる気がします。栃木県小山市の駅前で、この、ちょっと一服を...
いまスパークリングワインはイギリスに注目!なかでもこの1本は、シャンパンを評価するのとほぼ同じな味。
千葉県大多喜町にて、日本初のボタニカル・ブランデーを作る試みが始まっている。2015年に閉園した千葉県立薬草園跡地を2017年春に引き継ぎ、 日本初のボタ...
岐阜県との県境に位置する、愛知県瀬戸市。愛知県の県庁所在地・名古屋市から北東に約20kmと、アクセスの良いところにある瀬戸への行き方、観光スポット、旨い店...
秩父市と深谷市、埼玉県の2つの市が育んだ味が融合して生まれた絶品おかず「深谷焼きねぎ秩父味噌」。おにぎりの具や野菜スティックの付け合せ、お味噌汁にもおすす...
関西在住の女性たちがこぞって足を運ぶ。そんな神社が大阪府松原市にあるそうです。その目的は、ある「おみくじ」を引くこと。彼女たちが夢中になる理由とは一体!?
1日わずか16名限定“食とアート”が融合する体験型レストランTREE by NAKED yoyogi park〒151-0063 東京都渋谷区 富ヶ谷1丁...
福岡県宗像市の観光ではずせないのが海鮮。なかでも、全国的に有名な佐賀の「呼子のイカ」と同じ玄界灘の漁場でとれたイカは、高い鮮度のまま水揚げされるので絶品で...
東京駅から約80kmのところにある、栃木県小山市。「小山(おやま)ってどこにあるの?」という人のために、渡良瀬遊水地や城山公園などの定番スポットから、ナマ...
不器用な人ほど素直な気持ちで「Inc.」のMarcel Schwantesが説く、周りから信頼を勝ち取るヒントに目を向けてみてはいかがでしょう。口にするだ...
あったかいごはんに、菊イモと人参のきんぴら、能登の里山汁。堪らず舌先が“しっとり”してくるこの献立。2016年1月29日、石川県羽咋(はくい)市内の小中学...
牧之原台地を中心に、お茶の生産が盛んな静岡県島田市。静岡県の中央に位置するこの街は、静岡駅や掛川駅、浜松駅などの新幹線が停車する駅からのアクセスが便利です...
そう、「つくば(オス・11歳)」は、ここ茨城県つくば市にあるハンバーガーカフェ「0298(ゼロニーキュウハチ)」のデキるスタッフ犬。
同じ日本と言えども、関東と関西では食文化に大きな違いがあることはご存知のとおり。食を通して異文化体験ができてしまう。では、その違いってどこにあるかちゃんと...
Googleマップで検索すると、ハートの形をしている沖縄県南城市。ここには、海や自然を満喫できるところだけでなく、沖縄の神話にまつわるスポットもたくさんあ...