太陽光発電。敷地不足を解決する「まさかのアイデア」がついに発見される・・・

再生可能エネルギーのひとつとして注目が集まる太陽光発電。起伏に富んだ日本の国土では、あの黒いパネルを無数に設置できる発電所の敷地確保は、意外に困難なんだそう。この問題を一気に解決する壮大なプロジェクトが現在進行中。国内のみならず海外でも、大きな話題を呼んでいます。


18万平方メートルに
50,904枚の太陽発電パネル

無数に並ぶ黒いパネル。この一枚一枚が太陽発電のパネル(太陽電池モジュール)なんですが…その数じつに50,904枚!これだけの量を設置するには、広大な敷地が必要ですよね。その候補地に決まったのが、千葉県市原市山倉地先。県企業庁が管理する工業用水専用の「山倉ダム」の水面に、発電パネルを浮かせてしまおうというプロジェクトが現在進行中なのです。

京セラTCLソーラー合同会社(京セラ株式会社と東京センチュリーリースが共同出資)が開発を進めている、「千葉・山倉水上メガソーラー発電所」は2017年度内の稼働を予定。上の写真はその完成予想図です。水上設置型としては、世界最大規模のものになるんだそう。

パネルの冷却、水草抑制効果
水上ならではの“メリット”

水上に設置するのは、単にスペースの有効活用という訳でもないようです。たとえば陸上や屋根の上に設置するパネルに比べ、冷却効果を得られ、高い発電量が期待できます。さらには、猛暑の中でも水面を覆うパネルやモジュールが貯水の蒸発量を抑えたり、藻類の異常繁殖を防ぐ効果もあるんだとか。

西日本で既に稼働済み
敷地不足を有効活用

こちらはすでに稼働が始まっている兵庫県加西市の逆池(さかさまいけ)の水上メガソーラー発電所。2015年6月より関西電力への売電も開始しているそうです。一般家庭約820世帯の年間電力消費量に相当する約2,680MWhを供給。池一面を覆い尽くすように、びっしりパネル(太陽電池モジュール)が並んでいる様子が見て取れます。

2012年7月 「再生可能エネルギー発電電力の固定価格買取制度」が施行されて以降、国内でメガソーラー開発が加速しています。南北に伸び、起伏に富んだ日本列島では、大規模プラント設置が条件的に難しいんだそう。けれど、ダムや貯水池、ため池、調整池は全国各地にあります。太陽光発電に適した条件、さらには水上を有効活用することで、永続的に利用できるエネルギーを手に入れる。国土の狭さを、水上設置で補ったこの着眼点。ナイスですね。

Licensed material used with permission by 京セラ株式会社
「Science Daily」に、中国海洋大学と雲南師範大学の科学者によって開発されている、太陽光と雨粒の両方から発電可能なソーラーパネルが紹介されました...
鹿児島県鹿屋市と大崎町にまたがる事業用地に、太陽光発電所を建設する計画が発表された。およそ200万m2の広大な敷地に設置されるのは、約340,740枚の太...
ソーラーパネルと言えば屋根に取り付けるものというイメージがありますが、「SolarGaps」はカーテンブラインド型の太陽光発電システム。窓に取り付けること...
塗るだけで水素燃料を生成できるペンキの開発が、オーストラリアのロイヤルメルボルン工科大学で進んでいます。太陽光や風力といったクリーンエネルギーに続く発電方...
ペインター兼スキューバダイビングのインストラクターOlga Belkaさん。わざわざ水中で絵を画く理由は、「お金がなくてダイビングができない人にも、海の美...
着物の襟からおっぱいポロリしている女性のイラストが描かれた、“ちょっとエッチな日本酒”「ゆきおんな」。この冬限定で、12月15日から販売中。
昨年末、フランスはノルマンディーにある、Tourouvre au Percheという小さな町に、ソーラーパネルでできた道路が開通した。これまでに、太陽光発...
米・企業「SolarWindow Technologies, Inc」が開発しているのは、建物の窓ガラスが太陽光発電できるパネルになる優れもの。その見た目...
ミシガン大学(MSU)の研究チームが、太陽エネルギーを捕捉することができる透明な太陽電池パネルの開発に成功しました。サイエンス・テクノロジー分野で大きな注...
東日本大震災とそれに伴う原発事故発生を目の当たりにした、一人の若きエンジニアが、代替エネルギーに革命をもたらす事業を展開している。彼が目をつけたのは風力。...
アムステルダム国立美術館の前に設置されていた巨大な「I amsterdam」の文字が、12月3日の朝に解体されちゃいました。記念写真を撮影しようと思ってい...
水や土壌、気候に恵まれていることから、コシヒカリや山の芋など食材の生産地として有名な兵庫県丹波市。ここは全国的に知られている丹波黒大豆、丹波栗など、美味し...
スペイン・バルセロナの建築家André Broessel氏がデザインした「Rawlemon Solar Energy Generator」は、球体型のソー...
「再生利用可能エネルギー」という言葉自体はよく見かけるようになりました。が、まだまだ有効活用しているよ、という人は少ないですよね。でも、世界的には着実にそ...
6月中旬から7月上旬にかけて、ゲンジボタルより少し遅れたタイミングで観察の見頃がくる、ヒメボタル。今回は、阪神間からも近い兵庫県・丹波市のヒメボタルをご紹...
ロンドンのウエスト・エンドに位置するバードストリート。ここに、「歩いて発電する道路」が設置されています。
オックスフォード大学が運営をしている「Pitt Rivers Museum(ピットリバース博物館)」は、異なる文化に対する理解を深めるために、25人の難民...
経済産業省の発表によると、日本における太陽電池生産額は約1兆円マーケット。民家の屋根にパネルを設置している風景も目新しいものではなくなりましたよね。小型、...
再生可能エネルギーで生活できる街をつくろう。という計画は、実験段階ではあれど世界中で始まりつつあります。フロリダ・フォートマイヤーズもそのひとつ。エジソン...
関東地方にある「国立公園」の注目ポイントは、ずばり「山」です。美しい山々を前に景観を楽しむも良し、ハイキングで汗を流すも良し。東京近郊にありながら、「山の...
「持続可能な社会」に向けて、世界の様々な企業がエコな活動を進めていますが、アメリカのEnGoPLANET社が開発したのは、「太陽光」と「通行人の歩く力」が...
ドイツのスタートアップSono Motorsが2019年中に販売を始めるという電気自動車「Sion」の紹介です。
9月10日、カリフォルニア州知事は2045年までに州内すべての電力を再生可能エネルギーにする法案に署名しました。
千葉県成田市といえば真言宗智山派の大本山「成田山新勝寺」があり、全国からたくさんの参拝者が訪れます。その成田山のお土産品として大人気なのが「てっぽう漬け」...