太陽光発電。敷地不足を解決する「まさかのアイデア」がついに発見される・・・

再生可能エネルギーのひとつとして注目が集まる太陽光発電。起伏に富んだ日本の国土では、あの黒いパネルを無数に設置できる発電所の敷地確保は、意外に困難なんだそう。この問題を一気に解決する壮大なプロジェクトが現在進行中。国内のみならず海外でも、大きな話題を呼んでいます。


18万平方メートルに
50,904枚の太陽発電パネル

無数に並ぶ黒いパネル。この一枚一枚が太陽発電のパネル(太陽電池モジュール)なんですが…その数じつに50,904枚!これだけの量を設置するには、広大な敷地が必要ですよね。その候補地に決まったのが、千葉県市原市山倉地先。県企業庁が管理する工業用水専用の「山倉ダム」の水面に、発電パネルを浮かせてしまおうというプロジェクトが現在進行中なのです。

京セラTCLソーラー合同会社(京セラ株式会社と東京センチュリーリースが共同出資)が開発を進めている、「千葉・山倉水上メガソーラー発電所」は2017年度内の稼働を予定。上の写真はその完成予想図です。水上設置型としては、世界最大規模のものになるんだそう。

パネルの冷却、水草抑制効果
水上ならではの“メリット”

水上に設置するのは、単にスペースの有効活用という訳でもないようです。たとえば陸上や屋根の上に設置するパネルに比べ、冷却効果を得られ、高い発電量が期待できます。さらには、猛暑の中でも水面を覆うパネルやモジュールが貯水の蒸発量を抑えたり、藻類の異常繁殖を防ぐ効果もあるんだとか。

西日本で既に稼働済み
敷地不足を有効活用

こちらはすでに稼働が始まっている兵庫県加西市の逆池(さかさまいけ)の水上メガソーラー発電所。2015年6月より関西電力への売電も開始しているそうです。一般家庭約820世帯の年間電力消費量に相当する約2,680MWhを供給。池一面を覆い尽くすように、びっしりパネル(太陽電池モジュール)が並んでいる様子が見て取れます。

2012年7月 「再生可能エネルギー発電電力の固定価格買取制度」が施行されて以降、国内でメガソーラー開発が加速しています。南北に伸び、起伏に富んだ日本列島では、大規模プラント設置が条件的に難しいんだそう。けれど、ダムや貯水池、ため池、調整池は全国各地にあります。太陽光発電に適した条件、さらには水上を有効活用することで、永続的に利用できるエネルギーを手に入れる。国土の狭さを、水上設置で補ったこの着眼点。ナイスですね。

Licensed material used with permission by 京セラ株式会社

関連する記事

7月から9月にかけて、イギリスでは風力や太陽光、水力などの「再生可能エネルギー」による発電量が化石燃料による発電量を上回った。
鹿児島県鹿屋市と大崎町にまたがる事業用地に、太陽光発電所を建設する計画が発表された。およそ200万m2の広大な敷地に設置されるのは、約340,740枚の太...
「Science Daily」に、中国海洋大学と雲南師範大学の科学者によって開発されている、太陽光と雨粒の両方から発電可能なソーラーパネルが紹介されました...
エネルギーシンクタンク「Ember」の最新の年次報告書で、電力供給において風力や太陽光など再生可能エネルギーが石油を上回ったことを発表。
埼玉県議会で「立ち止まった状態でエスカレーターを利用しなければならない」という条例が成立。周知期間を経て、今年10月1日より県内で施行される。
塗るだけで水素燃料を生成できるペンキの開発が、オーストラリアのロイヤルメルボルン工科大学で進んでいます。太陽光や風力といったクリーンエネルギーに続く発電方...
ソーラーパネルと言えば屋根に取り付けるものというイメージがありますが、「SolarGaps」はカーテンブラインド型の太陽光発電システム。窓に取り付けること...
「セブン-イレブン・ジャパン」は9月下旬、店舗運営で使用する電力エネルギーのすべてを「再生可能エネルギー」から調達する実証実験を神奈川県内の10店舗でスタート。
水や土壌、気候に恵まれていることから、コシヒカリや山の芋など食材の生産地として有名な兵庫県丹波市。ここは全国的に知られている丹波黒大豆、丹波栗など、美味し...
昨年末、フランスはノルマンディーにある、Tourouvre au Percheという小さな町に、ソーラーパネルでできた道路が開通した。これまでに、太陽光発...
韓国自動車王手の「ヒョンデ(旧称:ヒュンダイ)」が、高級車ブランドである「ジェネシス」の中国上陸に際してCMを公開。3000台のドローンを用いたSFのよう...
唐辛子に含まれる辛味成分として知られる「カプサイシン」が、ソーラーパネルの性能を強化させるという論文を中国とスウェーデンの合同研究チームが発表。世界でもっ...
12月4日、EVメーカー「Aptera Motors」が太陽光発電のみでも走行可能な三輪のEV「Paradigm」と「Paradigm+」の予約受付を開始した。
米・企業「SolarWindow Technologies, Inc」が開発しているのは、建物の窓ガラスが太陽光発電できるパネルになる優れもの。その見た目...
ミシガン大学(MSU)の研究チームが、太陽エネルギーを捕捉することができる透明な太陽電池パネルの開発に成功しました。サイエンス・テクノロジー分野で大きな注...
6月中旬から7月上旬にかけて、ゲンジボタルより少し遅れたタイミングで観察の見頃がくる、ヒメボタル。今回は、阪神間からも近い兵庫県・丹波市のヒメボタルをご紹...
現在、「ドバイ政府」と「ドバイ電気水道局」が協力し、雨水の溜まる湖の水面に浮かぶソーラーパネルを設置している。
東日本大震災とそれに伴う原発事故発生を目の当たりにした、一人の若きエンジニアが、代替エネルギーに革命をもたらす事業を展開している。彼が目をつけたのは風力。...
兵庫県西宮市に、24時間営業の月額制プライベートサウナ「HOTTERS24」が誕生。
関東地方にある「国立公園」の注目ポイントは、ずばり「山」です。美しい山々を前に景観を楽しむも良し、ハイキングで汗を流すも良し。東京近郊にありながら、「山の...

おすすめ記事

埼玉県、名栗エリアの北欧文化を体験できる施設「Nolla naguri(ノーラ名栗)」が、グランピングエリア開業にともない2021年4月29日(木)にグラ...
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
米・ニューヨーク市の「ハドソン・リバー・パーク」と「ジャビッツ・センター」が増設されることが分かった。
3月16日、軽井沢にほど近い御代田町に新たなラグジュアリーホテル「THE HIRAMATSU 軽井沢 御代田」が開業。すでに予約を受付中。
「ラムを作ろう、壁ではなく」というタイトルのユニークな動画広告は、オーストラリアのラム肉メーカー「Australian Lamb」が制作したもの。「私たち...
桐はその性質から、古来より「木の女王」と呼ばれていました。ただ、現代では使われることも少なくなり、日常生活から遠のいていってしまった「桐」。防虫・防湿効果...
NBAの「ロサンゼルス・レイカーズ」に所属している選手、アンソニー・デイビスが着用し話題となっていた「ナイキ」のサステイナブルな新作バスケットボールシュー...
ポールマッカートニーや桑田佳祐など、著名なミュージシャンに愛用されている「ヤイリギター」。1965年の設立以来、メイド・イン・ジャパンにこだわり続けてきた...
「アーティストが住みついたビル」というコンセプトの新しいスポットが、2017年9月16日にオープンした。場所は、日本橋。一棟ビル丸ごと使ってアート・音楽・...
世界第5位のエネルギー消費国でありながら、原子力を除いたエネルギー自給率はたったの5%という日本。しかし、まだまだ活用されていない資源があるのを知っていま...