【研究結果】唐辛子がソーラーパネルの性能を強化!?

唐辛子に含まれる辛味成分として知られる「カプサイシン」が、ソーラーパネルの性能を強化させるという論文を中国とスウェーデンの合同研究チームが発表した。

研究で使用された「ペロブスカイト太陽電池」は、「桐蔭横浜大学」の日本人研究者らが発明したもので、変換効率の高さ製造コストの低さから注目を集めている太陽光電池だ。

世界中の研究者らが、この太陽光電池のエネルギー効率を高める研究がおこなっているなかで、今回の研究では、ペロブスカイト構造の前駆体にカプサイシンを振りかけることにより、太陽光から電気への変換効率21.88%を記録。

これは今のところ、世界でもっとも電力変換効率の高いペロブスカイト太陽電池の開発をしたことを意味するようだ。

気になるのは、太陽光電池に唐辛子を組み合わせるといった発想に至った経緯であるが、そこについて詳しくは明かされていない様子。

かつて、塩化マグネシウムが太陽電池の製造素材として代替可能なことを発見したジョン・メジャー氏は、塩化マグネシウムが豆腐の材料として使用されていることから「豆腐ボーイ」とのあだ名が付けられたというが、今回の研究においても実際の食品を使用した研究がおこなわれたわけではなく、化学物質を調査した地道な研究の成果であるとコメントをしている。

Top image: © ViktoriyaFivko/Shutterstock.com
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

現在、「ドバイ政府」と「ドバイ電気水道局」が協力し、雨水の溜まる湖の水面に浮かぶソーラーパネルを設置している。
薄くて長いソーラーパネルを内蔵し、懐中電灯の機能も備えたモバイルバッテリー「Roll Solar Charger」。持ちやすく軽量で、暗いところで広範囲を...
「Science Daily」に、中国海洋大学と雲南師範大学の科学者によって開発されている、太陽光と雨粒の両方から発電可能なソーラーパネルが紹介されました...
「ソーラーパネルなのにカッコイイ」。デンマークにある学校を見た時に、初めてそう思った。表面は1万2,000枚のパネルで覆われていて、年間で必要な電力の半分...
本格スパイスブランド「GABAN」とアウトドア料理のパイオニア・田中ケン氏の共同開発で生まれた、アウトドア特化型のミックススパイス。
スペイン・バルセロナの建築家André Broessel氏がデザインした「Rawlemon Solar Energy Generator」は、球体型のソー...
ドイツのスタートアップSono Motorsが2019年中に販売を始めるという電気自動車「Sion」の紹介です。

人気の記事

2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...
国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
トヨタ自動車のラグジュアリーブランド「LEXUS」が北米市場向けたゲーマー向け車両「Gamers' IS」を発表した。ゲーム配信プラットフォーム「Twit...
1月20日まで、クラウドファンディングサイト「Kickstarter」にて資金調達をしている「Tatamu stool」は、東京をベースとする建築家たちが...
3月16日、軽井沢にほど近い御代田町に新たなラグジュアリーホテル「THE HIRAMATSU 軽井沢 御代田」が開業。すでに予約を受付中。