来年サンフランシスコに行く人は「屋根」に注目して欲しい

気候変動対策の一環として、カリフォルニア州サンフランシスコが推進してきた法令が2017年1月より義務化されます。アメリカのどの州にも先駆けて、“エコフレンドリー都市”をアピールしてきた同市の次なる一手は、町中の屋根を有効活用しようという計画です。

ソーラーパネルか、
グリーンルーフか、
2017年1月より義務化

市の発表によれば、今回の決定は現在建築中、ないしは今後新たに建設される建物の屋上部に、面積の最大30%を緑で覆うグリーンルーフにするか、あるいはソーラーパネルの設置、もしくはその両方の導入を義務付けるもの。

「どうしてサンフランシスコの屋根を有効活用しないのだろう、と多くの人たちが思っていたと思います」とは、ソーラーパネルとグリーンルーフ、両案の発起人である市の行政官Scott Weiner氏のコメント。

ところで、この法案が全会一致で可決されたのは今年4月のこと。当時は、ソーラーパネルの設置を義務付けるものでしたが、その狙いは市が掲げる2020年までに再生可能エネルギーで100%電力を供給できる都市計画に基づく施策のひとつのようです。

パネル設置に対する助成金のようなものがあるのかないのか、というところまでは不明ですが、持続可能な都市づくりに積極的な姿勢、そしてこの辺りの意思決定と法整備は、さすがサンフランシスコという気がしてなりません。

それというのも…、

「環境先進都市」が目指す
持続可能な町づくり

これまでにもサンフランシスコは、2020年までの焼却・埋め立てゼロ(せろ・ウェイスト)を公約に掲げ、全市民への生ゴミのリサイクルを義務付ける条例を世界で初めて施行したことでも知られています。

観光都市であるこも大きな要因かもしれませんが、オークランドなどでは町の至るところに色分けされ分別されたゴミ箱を見かけます。家庭ゴミを出されるからと、ゴミ箱を撤去してしまう東京とはだいぶ温度感が違うことは、訪れるたびに驚かされる点。

さらにはベイエリアでのエコ・グリーン意識への高まりなど、アメリカの中でもやはり先駆的存在として、気候変動や温暖化への問題と向き合ってきました。

もちろん、その全てがワークしている訳ではないのでしょうが、“環境先進都市”としてのイメージはしっかり定着しています。

次回、彼の地を訪れる際は、建物の屋根にも注目する必要がありそうですね。

9月10日、カリフォルニア州知事は2045年までに州内すべての電力を再生可能エネルギーにする法案に署名しました。
「再生利用可能エネルギー」という言葉自体はよく見かけるようになりました。が、まだまだ有効活用しているよ、という人は少ないですよね。でも、世界的には着実にそ...
サンフランシスコ市議会は、「ロンバード・ストリート」を通る車に通行料を課すことを検討中。ここは、急な勾配と曲がりくねった坂道がマニアックなサンフランシスコ...
物価の高いサンフランシスコで、駆け出しのフリーランサーには垂涎のコワーキングスペースが誕生しました。その名も「WePark」。
「シチズン時計」は11月28日、ARで腕時計の試着体験ができる新サービス「CITIZEN AR try」を開始。
サンフランシスコの観光スポットでオススメしたい「Musée Mécanique」。年代モノのアンティークゲームマシンが200機以上も並ぶミュージアム。コイ...
Tacroは、サンフランシスコのベイエリア「Ferry Building Marketplace」にあるカフェ「Vive la Tarte」で販売。これ、...
生可能エネルギーのひとつとして注目が集まる太陽光発電。起伏に富んだ日本の国土では、あの黒いパネルを無数に設置できる発電所の敷地確保は、意外に困難なんだそう...
サンフランシスコ市は、市内にある全ての飲食店で「プラスチック製ストロー」の提供を禁じる。プラごみの海洋流出をはじめとした環境問題対策として、すでに7月1日...
水の都と謳われる都市アムステルダム。海抜がマイナスになる場所もあるこの街にとって、地球温暖化による海面上昇は非常に深刻な問題です。ソーシャル・デザイナーで...
「SUTENAI(ステナイ)シリコンストロー」は、BPAフリー、ノンプラスティックのシリコーン製ストロー。
塗るだけで水素燃料を生成できるペンキの開発が、オーストラリアのロイヤルメルボルン工科大学で進んでいます。太陽光や風力といったクリーンエネルギーに続く発電方...
「セブン-イレブン・ジャパン」は9月下旬、店舗運営で使用する電力エネルギーのすべてを「再生可能エネルギー」から調達する実証実験を神奈川県内の10店舗でスタート。
8月20日からアメリカ・カリフォルニア州のサンフランシスコ国際空港で、ペットボトルに入った飲料水の販売が禁止された。販売禁止に先駆けて、空港内には約100...
車社会アメリカならではのサービスとして1930年代より全土に広まったドライブスルー。その存在が「地球温暖化」によって消えるかもしれない。
2018年7月までにサンフランシスコが薬物注射施設をオープンすると、「San Francisco Chronicle」が報道しました。そこには、ハーム・リ...
日本未進出だった世界第4位のスマホブランド「Xiaomi」が開発した、A3サイズまで折りたためるコンパクトなeバイク「Himo H1」について。
「Google」の社内ベンチャーとしてスタートし、現在は独立して自動運転車の開発を続ける「Waymo」。米国フェニックスの一部地域で一般向けに自動運転タク...
サンフランシスコ・ジャイアンツの本拠地AT&Tパークで食べるべきグルメです。
6月11日にシティ・オブ・ロンドンは、同地区で必要とされる電力を2018年10月までに全て再生可能エネルギーで賄うと宣言しました。
日本では大したことないと思われるかもしれない改良でも、高さをとるだけで、ブルックリンの人には大きな助けになる。
サンフランシスコ市議会は、市内で電子タバコの販売を禁止する条例を可決。市長も署名する意向を示しており、成立すればアメリカの主要都市では初めての試みとなる。
奇妙な形に刈り込まれた植木の数々。
ソーラーパネルと言えば屋根に取り付けるものというイメージがありますが、「SolarGaps」はカーテンブラインド型の太陽光発電システム。窓に取り付けること...