ドライブスルー大国アメリカの変調。「乗ったままサービス」が消える?

車社会アメリカで、ドライブスルー設置を禁止する法案が可決されたのは今年8月のこと。ミネアポリス州でファストフード店の新規設置に限ったものだが、初の採決に全米が注目した。

目的はエンジンのアイドリングによる環境負荷と、プラスチックゴミの削減が主たるもの。さらには、肥満につながるファストフード摂取の抑止効果も狙ってのことだという。こちらは口実のような気がしなくもないが……。

背景にあるのは、2050年までに市が推進する「温室効果ガス80%削減」という大目標。そのテコ入れがファストフード店の新規ドライブスルー設置禁止というわけだ。

それにつけても、ミネアポリス市議会の“STOPドライブスルー”が、全米に与えた影響は少なくない。現に、カリフォルニア州やニュージャージー州、ミズーリ州の一部の地域でも、以後同様の法案が通過している。

ドライブスルー大国に変化の兆し。さて、日本はいかに?

Top image: © iStock.com/spyderskidoo
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
シャフトドライブ式自転車は多く販売されているのですが、Ceramicspeedが手がけた「Driven」は一味違います。
水の都と謳われる都市アムステルダム。海抜がマイナスになる場所もあるこの街にとって、地球温暖化による海面上昇は非常に深刻な問題です。ソーシャル・デザイナーで...
アメリカのバークレー市は、「ガス」の使用禁止を決定。地球温暖化対策として、2020年から施行されるようだ。
シェルターやその他の不幸な環境から救助された子犬・子猫を自宅やオフィスへ派遣してもらえるサービス『Rescue Time』の是非を巡って、ここ数日、アメリ...
世代を越え、漢方を広めている神奈川県鎌倉市大船にある「杉本薬局」の杉本格朗さん取材第二弾。漢方への入り口になればと開発した美味しいチャイや薬膳鍋の素の誕生...