Amazonが提案する「日用品のドライブスルー」が魅力的

時間やお金を節約したいと思えば、欲しい洋服やアクセサリーなどの買い物を我慢すればいいですよね?

けれど、食品や生活用品となれば話は別。どんなに忙しくても行かなければ!というストレスを感じたことがある人も多いはず。そんな悩みに希望の光を差してくれそうなのが「AmazonFresh Pickup」。

既存のサービス「AmazonFresh」のように商品を即日配達してくれるものとは異なり、自分で受け取りに行くスタイルですが、オンラインで注文すると店舗スタッフが最短15分で商品を用意してくれるんです。

01.
まずはオンラインで
欲しいものを選択

商品のラインナップは数千。低価格で買うことができます。

02.
すぐに商品が準備される

注文し忘れたものがあっても大丈夫。単品で追加注文も可能。

03.
後は都合がいい時間に
取りに行くだけ

オンラインで注文して取りに行くだけ。車に商品を積んでもらえることもあり、一度も重い荷物を持たずに買い物を終えられます。取りにいける店舗は現在、シアトルに2カ所。

動画には、商品を注文した後に子どもを迎えにいくお母さんの姿や、子どものサッカー観戦に行くお父さんの姿もあり、こんな風に自分の時間を有効に使えたら1日をより有意義に過ごせそう。

重いカゴを持って歩き回ることも、子どもに目を配りながら急いで買い物をする必要もなくなるので、とても便利。買い忘れもなくなりそうですし、仕事が忙しくて時間がない人にもピッタリです。

プライム会員は無料?

現在はテスト期間で、サービスを使えるのはAmazon社員のみです。本格的にスタートすれば、月額で$14.99(約1,700円)かかる「AmazonFresh」に比べ、この「AmazonFresh Pickup」は、プライム会員であれば無料で利用可能になる予定とのこと。今後どのようにサービスが展開されていくのか楽しみですね。

Licensed material used with permission by AmazonFresh Pickup
オーストラリアのABC NewsがAmazon倉庫で働いている人たちの労働環境を知ってもらう目的で、ゲームを制作しました。
1月23日から、アメリカ・ワシントン州スノホミッシュ群にて、Amazonが自動配達に挑戦しています。
主婦である私からすると、テクノロジーの革新性なんてどうでもいい話。気になるのは、利便性や品揃えです。実際にお店に行って買い物してきました。
2015年11月3日、Amazonが米シアトルに書店をオープンしました。20年以上オンラインストアを運営してきた同社がリアル店舗を持つのは初の試み。何年も...
「株式会社行雲」が運営する美観堂から「美観堂謹製 岡山パクチーしょうゆ」が新発売。
「Amazon」は、9月18日~23日に期間限定バー「Amazon Bar ~Tasting Fest~」をオープンする。場所は、天王洲のキャナルエリア。...
先日、シアトルに初のリアル店舗としてオープンした書店が、大きな話題となったAmazon。次なる注目の取り組みは、アメリカ、イギリス、イタリアに続いて4ヵ国...
米Amazonは、小売りチェーン「KOHL'S」と貨物運送「UPS」の店舗で、返品の受付を始める。その際の、梱包から返送まですべて無料でやってくれるというのだ。
素材は厚みのある塩ビ。ナイロン製のバッグよりもガッシリしているので、背負った時にバッグのカタチが崩れにくいという意外なメリットがある。もちろん、防水。1,...
現在、Amazonが慈善事業の一環として、8階建の巨大なホームレスシェルターを建設している。場所は、Amazon本社のすぐ近くであるシアトルの中心地。
シリーズ人気作の“実写版リメイク”を“8年間”かけて制作したファンが現れて大きな話題となっている。『Toy Story 3 IRL(現実世界のトイストーリ...
モノとしては珍しくもなんともないんだけど、Amazonのプライベートブランドである〈Amazonベーシック〉から発売されているコイツは、黒一色ってところが...
Amazonが9月17日に実施すると発表したのは、米国内で3万人の正社員採用を行うAmazon Career Day(キャリアデー)。6都市で開催されるの...
「The Spheres」と呼ばれるアマゾンのシアトルの新オフィスには、50カ国から集められた40,000以上の植物が生息しています。その中には、“滝”ま...
アメリカのAmazonは、自動運転で飛行するドローンを使った配送を開始すると発表。「数カ月以内」にサービスを開始する予定です。
「サプライズ」「スイーツ」「プレゼント」。ひとつずつ聞いても魅力的な言葉なのに、全部が組み合わさったらどれほど素晴らしいでしょう。ここで紹介するのは、Am...
2月15日から「Makuake」で先行販売中のモバイルバッテリー「BRICKSPOWER」の新シリーズは、無線給電、LEDライト、スピーカーなどに変化する...
古くなった同社の靴を回収して、高い技術力で修復されたのち、コレクションとして店頭で売られるという。またデザイナーによって新たにデザインされた特別な一足も発...
アメリカで利用できる「Amazon Echo」は、人工知能「Alexa(アレクサ)」に声をかけるだけでいろいろなことができるデバイス。日本では発売されてい...
WalmartはGoogleのWaymoと組んで、自動運転車によるお客さんの送迎サービスを始めました。
大容量モバイルバッテリー「Anker PowerCore 10000」が、Amazonのカスタマーレビュー数1万件を達成(2月10日18:00時点)したこ...
車社会アメリカならではのサービスとして1930年代より全土に広まったドライブスルー。その存在が「地球温暖化」によって消えるかもしれない。
英ケンブリッジに暮らす、Amazonプライム会員のリチャードさん。いつものようにタブレットでオンラインショッピングを楽しんでいます。お目当ての商品を買い物...
8月6日、米Amazonは自動配達ロボット「Amazon Scout」の実運用をカリフォルニア州アーバインでスタート。実証実験を経て、自動運転による宅配の...