Amazonが提案する「日用品のドライブスルー」が魅力的

時間やお金を節約したいと思えば、欲しい洋服やアクセサリーなどの買い物を我慢すればいいですよね?

けれど、食品や生活用品となれば話は別。どんなに忙しくても行かなければ!というストレスを感じたことがある人も多いはず。そんな悩みに希望の光を差してくれそうなのが「AmazonFresh Pickup」。

既存のサービス「AmazonFresh」のように商品を即日配達してくれるものとは異なり、自分で受け取りに行くスタイルですが、オンラインで注文すると店舗スタッフが最短15分で商品を用意してくれるんです。

01.
まずはオンラインで
欲しいものを選択

F140b2a53a520edce6e58108a7deeedb176983b5

商品のラインナップは数千。低価格で買うことができます。

02.
すぐに商品が準備される

A301c3bb4c391a821265beb74c6fec607e4ac537

注文し忘れたものがあっても大丈夫。単品で追加注文も可能。

03.
後は都合がいい時間に
取りに行くだけ

8bdb0cedc77bdf953f38b6e20450ecf352ef1997

オンラインで注文して取りに行くだけ。車に商品を積んでもらえることもあり、一度も重い荷物を持たずに買い物を終えられます。取りにいける店舗は現在、シアトルに2カ所。

動画には、商品を注文した後に子どもを迎えにいくお母さんの姿や、子どものサッカー観戦に行くお父さんの姿もあり、こんな風に自分の時間を有効に使えたら1日をより有意義に過ごせそう。

D8192db4bc37a008ca159e0115e4228e2655185a

重いカゴを持って歩き回ることも、子どもに目を配りながら急いで買い物をする必要もなくなるので、とても便利。買い忘れもなくなりそうですし、仕事が忙しくて時間がない人にもピッタリです。

プライム会員は無料?

現在はテスト期間で、サービスを使えるのはAmazon社員のみです。本格的にスタートすれば、月額で$14.99(約1,700円)かかる「AmazonFresh」に比べ、この「AmazonFresh Pickup」は、プライム会員であれば無料で利用可能になる予定とのこと。今後どのようにサービスが展開されていくのか楽しみですね。

Licensed material used with permission by AmazonFresh Pickup
先日、シアトルに初のリアル店舗としてオープンした書店が、大きな話題となったAmazon。次なる注目の取り組みは、アメリカ、イギリス、イタリアに続いて4ヵ国...
2015年11月3日、Amazonが米シアトルに書店をオープンしました。20年以上オンラインストアを運営してきた同社がリアル店舗を持つのは初の試み。何年も...
素材は厚みのある塩ビ。ナイロン製のバッグよりもガッシリしているので、背負った時にバッグのカタチが崩れにくいという意外なメリットがある。もちろん、防水。1,...
モノとしては珍しくもなんともないんだけど、Amazonのプライベートブランドである〈Amazonベーシック〉から発売されているコイツは、黒一色ってところが...
「メイン州 観光」とネットで検索すれば、たくさん良いポイントがヒットするのですが、メイン州政府はまだまだ満足していない様子。
カナダのケベック・シティにある「Hotel de Glace」は、毎年テーマが変わるアイスホテル。前回の冬、2018年のテーマはサーカスでした。2019年...
「The Spheres」と呼ばれるアマゾンのシアトルの新オフィスには、50カ国から集められた40,000以上の植物が生息しています。その中には、“滝”ま...
アメリカで利用できる「Amazon Echo」は、人工知能「Alexa(アレクサ)」に声をかけるだけでいろいろなことができるデバイス。日本では発売されてい...
「サプライズ」「スイーツ」「プレゼント」。ひとつずつ聞いても魅力的な言葉なのに、全部が組み合わさったらどれほど素晴らしいでしょう。ここで紹介するのは、Am...
WalmartはGoogleのWaymoと組んで、自動運転車によるお客さんの送迎サービスを始めました。
韓国・ソウルのカフェ「Cafe 연남동 239-20(カフェ ヨンナムドン 239-20)」の紹介です。若年層に人気のあるホンデからほど近い、ヨンナムドン...
英ケンブリッジに暮らす、Amazonプライム会員のリチャードさん。いつものようにタブレットでオンラインショッピングを楽しんでいます。お目当ての商品を買い物...
過去に、セルフ精算機がスーパーに並び始めたときにも驚いた。自分で精算していいの?という感じ。でも、その必要さえなくなってしまった。IDを認証して店内に入っ...
アメリカ西海岸の街・シアトルは、家賃とグルメレベルが連動するように高騰中。食いしん坊にはますます魅力的な街へと変貌を遂げています。そんなシアトルは今、フー...
「Amazon Key」の問題点は、知らない人を自宅に入れなければいけないこと。だけど、この「BoxLock Home」は、セキュリティを第一に考えている...
一般的には常識外れな亜熱帯の台湾で造られるウイスキー「KAVALAN(カバラン)」。造り方とか調べると、けっこう“台湾としての個性”を感じさせる面白いお酒です。
シャフトドライブ式自転車は多く販売されているのですが、Ceramicspeedが手がけた「Driven」は一味違います。
ヘビーユーザーとしては、ありがたい限りです。
人生にはいくつもの分岐点があり、意思決定を迫られるシーンが何度も訪れます。もちろんビジネスにおいても、そう。そこで、Amazonの創業者であるジェフ・ベゾ...
「100 Books to Read in a Lifetime(生きてる間に読んでおきたい100冊の本)」は、アマゾン編集者が投票で選んだ「100冊」の...
今や誰でも一夜、時には一瞬にして有名人になれる時代。Youtuberや人気ブロガー、読者モデル、ネットアイドル、ツイッタラー…顔を出そうが出さまいが、そこ...
YouTubeが2017年上半期に日本国内で注目を集めた音楽動画トップ50を発表。これは2016年12月1日以降にYouTubeで公開されたMV(ミュージ...
とかく暗いニュースが多くなりがちな昨今。みんなが憎しみ合ったり批判しあったりするのを目にする機会も多いですが、誰かの1日をハッピーにしたり、人を笑顔にする...
「Amazonで日本の会社に注文したら、こんな手紙が添えられて届いたよ!」ある日Redditに投稿された、一通の手紙。「日本のおもてなしの心って、やっぱり...