4,400億円を投じたAmazon新社屋が、リアルにアマゾンだった。

緑の多い場所では人間のクリエイティビティが高まる。

科学的にもこの効果は証明されているようです。加えて、ストレスが減少する、という話もよく耳にします。

そのため、多くの企業がオフィスの中に観葉植物を置き、少しでも働きやすいような環境を作ろうとしています。去る1月29日にオープンしたアマゾンの新オフィスも同じ。

だけど、そのレベルがずば抜けているんです。投じた金額は、なんと約4,400億円(40億ドル)。

世界中の「40,000本の植物」が
アマゾンのオフィスに

「The Spheres」と呼ばれるシアトルの新オフィスには、50カ国から集められた40,000本以上の植物が生息しています。写真では確認できませんが、滝まであるのだとか。

もちろん植物園ではないので、約12mの木に建てられたツリーハウスにはミーティングスペースもあります。

さらに、地域の学校や大学とも連携しながら、ここを課外授業の場所としても使う予定とのこと。

アマゾンのVice PresidentであるJohn Schoettlerは、新しいオフィスについて、こう言っています。

「“The Spheres”が目指すゴールは、ユニークな人が集まる場所にすることです。従業員たちがイノベイティブになれるような。

さらに、シアトルの地元コミュニティが生物多様性を学べる場所にもしたいと考えています」

あ、しっかりとAlexaも搭載されていますよ。

Licensed material used with permission by Amazon.com, Inc.
他の記事を見る
オーストラリアのABC NewsがAmazon倉庫で働いている人たちの労働環境を知ってもらう目的で、ゲームを制作しました。
2015年11月3日、Amazonが米シアトルに書店をオープンしました。20年以上オンラインストアを運営してきた同社がリアル店舗を持つのは初の試み。何年も...
1月23日から、アメリカ・ワシントン州スノホミッシュ群にて、Amazonが自動配達に挑戦しています。
人生にはいくつもの分岐点があり、意思決定を迫られるシーンが何度も訪れます。もちろんビジネスにおいても、そう。そこで、Amazonの創業者であるジェフ・ベゾ...
素材は厚みのある塩ビ。ナイロン製のバッグよりもガッシリしているので、背負った時にバッグのカタチが崩れにくいという意外なメリットがある。もちろん、防水。1,...
先日、シアトルに初のリアル店舗としてオープンした書店が、大きな話題となったAmazon。次なる注目の取り組みは、アメリカ、イギリス、イタリアに続いて4ヵ国...
モノとしては珍しくもなんともないんだけど、Amazonのプライベートブランドである〈Amazonベーシック〉から発売されているコイツは、黒一色ってところが...
主婦である私からすると、テクノロジーの革新性なんてどうでもいい話。気になるのは、利便性や品揃えです。実際にお店に行って買い物してきました。
「サプライズ」「スイーツ」「プレゼント」。ひとつずつ聞いても魅力的な言葉なのに、全部が組み合わさったらどれほど素晴らしいでしょう。ここで紹介するのは、Am...
アメリカ西海岸の街・シアトルは、家賃とグルメレベルが連動するように高騰中。食いしん坊にはますます魅力的な街へと変貌を遂げています。そんなシアトルは今、フー...
米ヒューストンにあるジョージ・ブッシュ・インターコンチネンタル空港がアップグレードされました。投じた費用は、約200億円!例えばターミナルEでは、新たに4...
アメリカで利用できる「Amazon Echo」は、人工知能「Alexa(アレクサ)」に声をかけるだけでいろいろなことができるデバイス。日本では発売されてい...
WalmartはGoogleのWaymoと組んで、自動運転車によるお客さんの送迎サービスを始めました。
英ケンブリッジに暮らす、Amazonプライム会員のリチャードさん。いつものようにタブレットでオンラインショッピングを楽しんでいます。お目当ての商品を買い物...
「Amazon Key」の問題点は、知らない人を自宅に入れなければいけないこと。だけど、この「BoxLock Home」は、セキュリティを第一に考えている...
Amazonで購入したミニサイズのLEDライト。持ち歩けるサイズだし、色が鮮やかだし、安いし(購入時550円でした)。“失敗してもいいや”という気持ちでポ...
「100 Books to Read in a Lifetime(生きてる間に読んでおきたい100冊の本)」は、アマゾン編集者が投票で選んだ「100冊」の...
heyのオフィスは広い! もったいないぐらい(笑)。
『アリババ』は、11月11日の独身の日に、約2135億元相当の購入があったと公式サイトで発表しています。日本円にすると約3兆4700億円です。
今、「高感度な男性」の間で多肉植物の一ジャンルである「塊根(かいこん)植物」が人気となっています。グラキリスからウィンゾリーまで、その魅力の虜になった「B...