「Amazon」が低価格の住宅を建設。なぜ?

「Amazon」20億ドル(約2060億円)の資金を住宅建設計画に投資することを発表した。

不動産事業を始めるため?いや、どうやら理由は別にあるようだ。

ジェフ・ベゾス最高経営責任者(CEO)によると「手ごろな家賃水準の住宅を維持し、地域に住む人々の安定した暮らしにつなげる」とのこと。

実際、ベゾス氏が指す地域では、高所得のアマゾン社員が増加したことにより家賃が高騰。地元の人たちが手頃な価格で住める場所が、どんどんなくなっていったという。

それがこの投資により、アメリカ国内の本社(ワシントン州、シアトル近郊)や他拠点地域に、少なくとも2万戸の低価格な住宅が5年間で建設される予定だそうだ。

じつはこうした住宅整備への取り組みは、「Alphabet」(「Google」の親会社)、「Facebook」「Apple」といったほかのハイテク企業も身を乗り出している。たびたびその影響力の大きさに批判が集まる巨大IT企業にとっては、やむを得ない投資なのかもしれない。

今後“巨人たち”が地域住民の日々の暮らしの侵食者ではなく、救世主になることができるかに注目だ。

Reference: Amazon
Top image: © Sundry Photography/Shutterstock.com
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

2021年2月2日に米「Amazon」が発表したのは、過去最高益を更新したという決算報告と、敏腕経営者として名高いCEOの退任という驚きのニュースだった。
オーストラリアのABC NewsがAmazon倉庫で働いている人たちの労働環境を知ってもらう目的で、ゲームを制作しました。
2019年12月にスタートした日本初の3Dプリンターによる住宅建設プロジェクトから、「Sphere」と呼ばれるプロトタイプデザインが公開された。
現在、Amazonが慈善事業の一環として、8階建の巨大なホームレスシェルターを建設している。場所は、Amazon本社のすぐ近くであるシアトルの中心地。
たとえ、誰からも理解されなくても、認められなくたって、コツコツとひたむきにひとつゴトに取り組んできた人々。人生の多くの時間を費やしてきた「愛すべきバカヤロ...
1月23日から、アメリカ・ワシントン州スノホミッシュ群にて、Amazonが自動配達に挑戦しています。
2015年11月3日、Amazonが米シアトルに書店をオープンしました。20年以上オンラインストアを運営してきた同社がリアル店舗を持つのは初の試み。何年も...

人気の記事

国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
毎度、趣向を凝らしたオリジナルの機内安全ビデオで楽しませてくれるニュージーランド航空。さすがに今年、新作を望むのは厳しいか……と思いきや、しっかりリリース...
「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
“今がツラい”みなさまを自由にするための12星座占い。元銀座ホステス・開運アドバイザー 藤島佑雪先生が、今週のアナタが「ツラい」と感じること、悩むことにお...
NBA選手3人が、フェイクミート製品会社「ビヨンド・ミート」と提携し、ホリデーシーズンを祝福するクリスマスソングのオリジナルカバー動画を公開。
「ルーブル美術館」と「ユニクロ」が2021年から4年にわたるパートナーシップを結んだことが発表された。わずか9秒でそのことに触れたティーザーがこちら。