Amazon Japanの社員も欲しいと言うサービス「サプライズスイーツボックス」が、たしかに魅力的

「サプライズ」「スイーツ」「プレゼント」。ひとつずつ聞いても魅力的な言葉なのに、全部が組み合わさったらどれほど素晴らしいでしょう。

ここで紹介するのは、Amazon JapanのPR担当者も「私も本気で使いたいくらいです」という「プライム・サプライズ・スイーツ」というサービス。Amazonが選りすぐったお菓子が毎回違う内容で箱に詰められて送られてくるというもので、届くまでなにが入っているか分からない、という楽しみがあります。

基本はダッシュボタンと同じ流れですが、少しサービスの詳細を。

01.
「スイーツ・ダッシュボタン」を
買う

「プライム・サプライズ・スイーツ」を受け取るには、まずスイーツ・ダッシュボタンをAmazonで購入するところから始めます。

ちなみに、Amazonの「ダッシュボタン」は、専用の小さなボタンを押すだけで自宅に対象の荷物が届くサービスのこと。日本でも2016年の12月に始まり、洗剤や水などがボタンひとつで買えると話題になりましたよね。

02.
好きなところにセット

スイーツ・ダッシュボタンを購入したら、ボタンを設置。机の引き出しのなか、冷蔵庫のドアなど、どこでもOK。

03.
ボタンをワンプッシュ

あとは「プライム・サプライズ・スイーツ」が欲しいときに一回ボタンを押すだけ。一箱18ドル(約2,000円)で、およそ2日間で自宅に届くそうです。

04.
届いたスイーツを
思う存分に楽しもう

言ってみれば、Amazonセレクトのスイーツ詰め合わせ。しかも、各地の職人が手作りしたカップケーキやチョコレートなどが入っていて、注文するたびに違ったお菓子に出会えます。

でも、日本上陸は未定…

「利用してみたい!」と思った人も多いかもしれませんが、今のところ日本で購入することはできず、開始時期も未定とのこと。うーん、残念!

Licensed material used with permission by Amazon
他の記事を見る
1月23日から、アメリカ・ワシントン州スノホミッシュ群にて、Amazonが自動配達に挑戦しています。
2015年11月3日、Amazonが米シアトルに書店をオープンしました。20年以上オンラインストアを運営してきた同社がリアル店舗を持つのは初の試み。何年も...
WalmartはGoogleのWaymoと組んで、自動運転車によるお客さんの送迎サービスを始めました。
先日、シアトルに初のリアル店舗としてオープンした書店が、大きな話題となったAmazon。次なる注目の取り組みは、アメリカ、イギリス、イタリアに続いて4ヵ国...
おかゆカルチャーを発信する池尻大橋にオープンしたカスタムお粥専門店CAYUZO〒153-0044 東京都目黒区大橋2丁目22-3https://cayuz...
2018年12月8日から2019年1月6日にかけて、ロンドンにあるヴィクトリア&アルバート博物館では、ジンジャーブレッドを使ってつくられた街が展示されてい...
素材は厚みのある塩ビ。ナイロン製のバッグよりもガッシリしているので、背負った時にバッグのカタチが崩れにくいという意外なメリットがある。もちろん、防水。1,...
モノとしては珍しくもなんともないんだけど、Amazonのプライベートブランドである〈Amazonベーシック〉から発売されているコイツは、黒一色ってところが...
「The Spheres」と呼ばれるアマゾンのシアトルの新オフィスには、50カ国から集められた40,000以上の植物が生息しています。その中には、“滝”ま...
英ケンブリッジに暮らす、Amazonプライム会員のリチャードさん。いつものようにタブレットでオンラインショッピングを楽しんでいます。お目当ての商品を買い物...
ホームレス問題が深刻化するカリフォルニア。状況を改善するためにロサンゼルス市長が建設会社に相談。考案されたのは、コンテナを使ったフードホールでした。
「Amazon Key」の問題点は、知らない人を自宅に入れなければいけないこと。だけど、この「BoxLock Home」は、セキュリティを第一に考えている...
アメリカで利用できる「Amazon Echo」は、人工知能「Alexa(アレクサ)」に声をかけるだけでいろいろなことができるデバイス。日本では発売されてい...
時間やお金を節約したいと思えば、欲しい洋服やアクセサリーなどの買い物を我慢すればいいですよね?けれど、食品や生活用品となれば話は別。どんなに忙しくても行か...
人生にはいくつもの分岐点があり、意思決定を迫られるシーンが何度も訪れます。もちろんビジネスにおいても、そう。そこで、Amazonの創業者であるジェフ・ベゾ...
アメリカ西海岸の街・シアトルは、家賃とグルメレベルが連動するように高騰中。食いしん坊にはますます魅力的な街へと変貌を遂げています。そんなシアトルは今、フー...
ここで紹介するのはイギリスのファッションブランド「Fabrikk」が売り出している製品で、何かを取り出そうとしたときにバッグを開けると中が明るくなる仕組み...
「100 Books to Read in a Lifetime(生きてる間に読んでおきたい100冊の本)」は、アマゾン編集者が投票で選んだ「100冊」の...
今や誰でも一夜、時には一瞬にして有名人になれる時代。Youtuberや人気ブロガー、読者モデル、ネットアイドル、ツイッタラー…顔を出そうが出さまいが、そこ...
クリスマスを控えて、そろそろお祝いの準備を進めていることでしょう。そして、いつもこの時期に迷ってしまうのが、友だちや恋人へのプレゼント。渡したあとに「そう...
過去に、セルフ精算機がスーパーに並び始めたときにも驚いた。自分で精算していいの?という感じ。でも、その必要さえなくなってしまった。IDを認証して店内に入っ...
シャンパンとマシュマロを使った大人スイーツです。春色がとってもステキですよ。
「Ovie Smarterware」はちょっと変わったタッパー。食材の保存はもちろんのことですが、賞味期限も管理してくれるんです。
保存料を使用しないスイーツを目指して試行錯誤を繰り返した結果、缶の中でスイーツを作り上げる特許製法により実現できたそうです。