もう再配達は頼まない。不在でも荷物を受け取れる新サービス。

11月の初旬、アメリカの一部の地域で利用できるようになった「Amazon Key」。不在のときでも、家の中に荷物を届けてくれるのが特徴です。だけど、いくらカメラが監視するとはいえ、知らない人を自宅に入れるのは、ちょっと抵抗感があるかもしれません。

その問題点をクリアにした「BoxLock Home」は、アメリカをはじめとした多くの国でメインストリームになりそうな予感。

「セキュリティ」を
第一に考えたサービス

「BoxLock Home」は、バーコードリーダーと南京錠がセットになったモノです。

受け取る側がやることは、玄関の外に大きな箱を用意して、これで施錠しておくだけ。あとは、配達員がバーコードをスキャンして、鍵を開けて、箱の中に入れておいてくれるそう。

つまり、知らない人が家にあがる心配もないし、仕事をしているときでも荷物を受け取れるということ。

正直、日本のマンションなどへの導入は難しいかもしれません。でも、これを宅配ボックスにつけておくと、配達員にとっても、荷物を受け取る僕たちにも便利になることでしょう。だって、お互いにバーコードをスキャンすればイイだけだから。

ちなみに、「Amazon Key」の半額以下で使えるのも嬉しいポイント。日本にやってくるのが、待ち遠しくなります。

Licensed material used with permission by BoxLock(HP), (Kickstarter)
andmore
他の記事を見る
社会問題になっている再配達増。この状況を打開するのは、ハイテクでもなんでもない、こんなアナログでシンプルな「BAG」かもしれない。
1月23日から、アメリカ・ワシントン州スノホミッシュ群にて、Amazonが自動配達に挑戦しています。
「Daily Harvest」の特長は、味はもちろん見た目にまでこだわっているところ。彼らの製品は、オシャレなカフェで提供されてそうなくらいのレベルなんです。
ピザハットが、10月30日、ピザを焼きながら配達もこなせるトラック「Tundra PIE Pro」を製造した旨を発表しました。
端的に言いましょう。DeNAとヤマト運輸が実用化を目指すこの「ロボネコデリバリー」は、スマホで受け取り先と時間を自由に設定できるサービス。欲しいときに欲し...
ドイツの自動車部品メーカー「Continental」が発表した宅配システムは、ラストワンマイルの前半は自動運転車が、後半はロボット犬が担ってくれるというシ...
1月3日、セグウェイは配達ロボット「Loomo Delivery」を発表しました。事故や盗難を恐れてのことでしょうが、まずはオフィス内やショッピングモール...
長崎の市街地や美しい離島の風景からスタートする、とある映像。「ああ、長崎県のPR動画かな?」なんて思っていたら、どうやらそういうわけでもなさそう…、という...
アメリカの自動車メーカーのフォードが宅配ロボット「Digit(ディジット)」を開発しました。このロボット、玄関先まで荷物を運んでくれる優れモノです。
カナダの新聞社『Regina Leader-Post』は学校への配達を中止しました。理由はシンプルで、マリファナに関する広告が掲載されているためです。
郵便屋さんと聞けば、制服を着た配達員がポストに手紙を届けるーー。当たり前の光景ですが、フィンランドでは庭の芝刈りまでしてくれちゃうみたいです!郵便会社「P...
アウトドアの大きくて重い荷物を運ぶなら「背負子(しょいこ)」がオススメ! モンベルからミステリーランチまで、オシャレで使える「背負子」を厳選してご紹介します。
ドローンを使った宅配サービスは日進月歩。物流各社による運用に向けたテスト飛行がこうしてニュースになることからも、近い将来、現実のものとなるのは間違いないは...
多くのミレニアル世代が使っているTinderが、アメリカの大学で新学期が始まるタイミングに合わせて、大学生限定のサービスを始めました。
アメリカでビジネスを展開するPaladin Deception Servicesは、ちょっと変わった企業。お金を払えば、スタッフがあなたのためにウソをつく...
宅配便の荷物を盗まれた元NASAエンジニアのMark Roberさんは、「Glitter Bomb Trap(グリッター爆弾の罠)」で泥棒にリベンジ!一部...
シェルターやその他の不幸な環境から救助された子犬・子猫を自宅やオフィスへ派遣してもらえるサービス『Rescue Time』の是非を巡って、ここ数日、アメリ...
ニュージーランド航空の機内安全ビデオの新作。今回のビデオには地元のミュージシャンが出演し、ラップを披露。アップテンポなノリにつられてついつい最後まで見ちゃ...
「Carstay」は、クルマで旅をしたいトラベラーと駐車場や空き地を貸して収益化したいホストをつなぐシェアリングサービス。アプリで現在地や目的地を入力し、...
個人的に、大きな荷物を抱えたまま観光することほど、ストレスフルなことはない。「何度か訪れていて土地勘がある」または「バックパックを背負っている」。そんな状...