旅で着る服を、現地でレンタルできるサービス 「BringO」

「旅では、可能な限り荷物になる服を減らしたい」「帰りにお土産を入れるスペースを空けておきたい」「現地でドレスコードのあるレストラン、パーティーに行くが、そのための服を持っていくのが面倒」……。

こんな旅行者の要望に応えるべく、旅先での服レンタルサービス「BringO」が、2019年11月23日(土、現地時間)から2020年2月8日(土、現地時間)まで、ニューヨークにおいて、サービスの試験運用をスタートさせる。今回レンタル可能な商品は、女性向けドレス及びカジュアル服だ。

使い方は以下の通り簡単。

(1)旅行先、利用のシチュエーション、服のタイプを選択。

(2)利用したい商品を選択し、サイズを選択。利用は3日以内で定額となる。

(3)カートボタンからチェックアウト画面に進み、受け取り日・返却日、受け取り・返却を行うホテルを選択。

(4)予約内容を確認し、決済を完了する。

(5)その後は、旅行先ホテルのフロントで予約した商品を受け取り、利用終了日にフロントに返却。

また、これに合わせテストモニターを募集。11月23日〜12月23日にこのサービスを利用できる人は、一定の条件のもと、無料でサービスを受けられるという。詳しくはホームページにて。

「少ない荷物で出かけたい。でも、ファッションだって手抜きしたくない」。

そんな欲張りな女子にはもってこいのサービスである。

©2019 株式会社LyL
Top image: © iStock.com/kurmyshov

BringO

【公式ホームページ】https://reservation.bringo-tokyo.com

好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
「Carstay」は、クルマで旅をしたいトラベラーと駐車場や空き地を貸して収益化したいホストをつなぐシェアリングサービス。アプリで現在地や目的地を入力し、...
「旅先でもお洒落に過ごしたいけど荷物を減らしたい!」という悩みを解消すべく生まれた手ぶら旅行サービス「ANA TEBURA TRAVEL」がスタート!
「グローバルWiFi」は、オプションサービスとして、アクションカメラ「GoPro HERO8」のレンタルを開始した。1日1700円の追加料金で利用が可能。
香港の企業がローンチした「Breakup Tours」はちょっと変わった旅行サービス。ツアーのターゲットはなんと......“失恋した人”。
何時間使ってもサラサラで「臭くない・蒸れにくい・すぐ乾く」を標榜する「藍染めガーゼ」のマスクが新たに登場。今年で創業101年目を迎える久留米絣(かすり)の...
「新型コロナウイルスが収束したら思いっきり旅行を楽しみたい!」。そんな方にオススメしたい「ひとときパス」は、宿泊券を先払いで購入し、その後に自由に宿泊日を...
サンフランシスコに拠点をおくメンズアパレルブランド「Eison Triple Thread」は、先日テクノロジーを最大限に活用したサービス「Fits」を始...
8月30日から「HondaGO」の第二弾がスタートしている。今度はMVではなく、無料バイクレンタルサービスだ。
5月21日にアーバンアウトフィッターズが発表した、洋服のレンタルサービス「Nuuly」。月額88ドル(約9500円)を支払えば、最大で800ドル(約8万6...
サブスクリプションサービスが当たり前の存在になりつつある中で、IKEAも毎月決まった価格で家具を使えるサービスを展開するようです。
福井市のアイウェアブランド「FACTORY900」が新型コロナウイルス感染症対策として開発したメガネ。ウイルスと最前線で闘う医療従事者に向けて開発されたもの。
「バービーは私の分身」と語るいくら姫さん、実はかなりの旅行マニア。彼女が旅する時は、常にバービーも一緒です。同じ服を着て、同じ物を食べ、同じ体験をする。ア...
『10YC』は、「10年着続けられる服」をコンセプトに持ったブランド。商品価値はもちろんのこと、生産者の想いや技術を伝え、「長く着られること」の素晴らしさ...
多様な結婚式に参列するにあたり「何を着たらいいのかわからない」と悩む女性たちへ向けたオンラインサービス「BEAMS SALON(ビームス サロン)」が今週...
「H&M」が、ストックホルムの旗艦店で「衣類レンタルサービス」のトライアルを開始する。
不要になった古着の子ども服を子どもたちから直接回収し、ドッグウェアに再生する「アップサイクルドッグウェアプロジェクト」。子どもたちに、物を大切にする気持ち...
イギリス・ロンドンの学生たちによって結成されたチーム「The Tyre Collective」がタイヤ片を集められるガジェットを開発した。
「Samsung」のインキュベーションプログラムで生まれた窓型照明「SunnyFive」。朝日から夕日まで、太陽の全スペクトルが再現可能だとか。
「Emmy Kasbit」は、ナイジェリアの紳士服ブランド。創設者Okoro Emmanuelは、インスピレーションを70年代に父親が着ていた洋服から得て...
ロンドンの企業「BeRightBack(brb)」が、旅のサプスクリプションサービスを展開しています。199ポンド(約2万9000円)を払えば、ロンドンか...
本当にタダなの?と疑問が浮かびますが、「カリクル」と提携している企業の協賛費や広告費でサービスを提供しているから、無料レンタルが実現できているそう。
東南アジアで利用度が高い配車アプリ「Grab」。このアプリを使えば、より快適で自由に、そして安心して旅することができます。
旅において、どこにお金をかけるかは人それぞれ。LCCを使う代わりに豪華な食事を楽しむ、あるいは食事はコンビニでもいいけれど、ショッピングは豪快に、などなど...
トラックの幌を再利用してつくる、スタイリッシュなメッセンジャーバッグで日本でもおなじみの「FREITAG(フライターグ)」。そのトラベルバッグを無料貸し出...