スマートすぎる「キャリーケース」。使わないとマジで損!

出張でのピンチを解決してくれる、スマートキャリーケースが登場。

例えば電源の確保が難しい場合、モバイルバッテリーが内蔵されているから充電器を挿すだけでOK。シャツはハンガーごとケースに収納できるから、シワにならずに済みます。開閉はスマホでできてしまうので、鍵を失くす心配もありません。(もしスマホをなくしても手動で開けることが可能です)

他にも、一生涯続く保証やGPS追跡機能が付いていたりと、使う人をとにかく安心させてくれます!

日本への発送もおこなわれていて、値段は$269(約3万円)から。今注文すると、2018年10月頃に届くようですよ。

Top image: © PLEVO®
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
いま旅行を楽しむために必要不可欠なアイテム、スマホ。写真を撮ったり、SNSに投稿したり、現地の情報を調べるのにだって大活躍。だから旅行中にバッテリーがなく...
仕事でもスーツを着ることの少ない自分にとって〈SUIT SELECT(スーツ セレクト)〉は、少し遠い存在。だけど、この10月に発売されたばかりのトラベル...
内部にコンパートメントを設けるのではなく、本体自体を足して容量を調整するイタリアのバッグブランド「MOCA」の紹介。
使えて語れて格好いい「CHROME」の注目ライン「MXD COLLECTION」のバッグ「MXD PACE」は、ファッションにも気を使いたい若手のビジネス...
今回は3月27日に青山にオープンしたばかりの「cha aoyama」。韓国では大人気の「タルゴナ」が乗ったドリンクを楽しめるカフェが日本初上陸!映えな店内...
車のトランク用に、旅行バッグに、近所での買い物に。このルックスなら仕事用、出張用にも使えそう。マザーバッグとして、パートナーと兼用するのもありだ。
ドゥーシュバッグの「The CIA」、グレゴリーの「カメラケース」、フェールラーベンの「カンケン フォト インサート」を紹介します。
年に1回使うか使わないかのパスポートケースですが、これは365日使いたい。
水中に沈めても、落としても、蹴っても大丈夫という「ペリカンエア1535キャリーオンケース」。独自の衝撃反発素材を用いた「ペリカンエアケース」のキャリーケー...
「futari passport」は、ふたりの旅券を一緒に収納できるパスポートケースです。
コロナ太りに!自宅で1日たった3分で出来る「ヒップアップトレーニング」をご紹介!先生は、自宅で簡単に取り入れられるトレーニングをSNSやYouTubeなど...
ここで紹介するのはイギリスのファッションブランド「Fabrikk」が売り出している製品で、何かを取り出そうとしたときにバッグを開けると中が明るくなる仕組み...
Ruby Silviousさんが絵を描いているのは、なんと使い終わったティーバッグ。植物や風景、ポートレートなど、美しい世界がギュッと凝縮されています。
手元を明るく可愛くしてくれる、LA発テックアクセサリーブランド「CASETiFY」のiPhoneケース・カバーコレクション。イニシャルや名前も入れられる!
ロシア・モスクワ郊外Rublyovo-Arkhangelskoyeというエリアで、壮大なスマートシティプロジェクトが進められるようです。このコンペに勝利し...
トラベルバッグといえば、キャリーバッグかスーツケースか? 一昔前なら、ハードラゲージかソフトかなんて悩んだこともあったっけ。でも、いまやそんなこと、多くの...
ロサンゼルスに拠点を置く「ゲティ美術館」が“家の中にある3つのアイテムを使って芸術作品を真似する”企画をおこない話題に。「#betweenartandqu...
新型コロナウイルスの影響により窮地に立たされている地元飲食店を支援するため、渋谷区恵比寿の情報を地域密着型で配信するWEBマガジン「恵比寿新聞」が、テイク...
何を狙っているのかは分かりませんが、ただただ見続けちゃいます。
#捨てられないバッグ の物語を、あつめました。
ルイ・ヴィトンがLEDディスプレイを搭載したバッグ「Canvas of the Future」をお披露目しました。
財布もスマホも入らないほど小さな「ミニバッグ」「マイクロバッグ」「ナノバッグ」が世界中でブームとなっている。バッグとしての機能はほぼ失われたトレンドのミニ...
以前にも「World Topics」の記事でご紹介したオレオのインスタアカウント。彼らがまた挑戦的な投稿をしました。
「MOTTERU」のマルシェバッグは、“スーパー使い”のエコバッグの決定版です。