スマートすぎる「キャリーケース」。使わないとマジで損!

出張でのピンチを解決してくれる、スマートキャリーケースが登場。

例えば電源の確保が難しい場合、モバイルバッテリーが内蔵されているから充電器を挿すだけでOK。シャツはハンガーごとケースに収納できるから、シワにならずに済みます。開閉はスマホでできてしまうので、鍵を失くす心配もありません。(もしスマホをなくしても手動で開けることが可能です)

他にも、一生涯続く保証やGPS追跡機能が付いていたりと、使う人をとにかく安心させてくれます!

日本への発送もおこなわれていて、値段は$269(約3万円)から。今注文すると、2018年10月頃に届くようですよ。

Top image: © PLEVO®
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

キャリーケース本体とブリーフケースが合体したり、セパレートしたりする、2in1のバッグが「Makuake」に登場! ブリーフケースは単体でも違和感ゼロでス...
いま旅行を楽しむために必要不可欠なアイテム、スマホ。写真を撮ったり、SNSに投稿したり、現地の情報を調べるのにだって大活躍。だから旅行中にバッテリーがなく...
仕事でもスーツを着ることの少ない自分にとって〈SUIT SELECT(スーツ セレクト)〉は、少し遠い存在。だけど、この10月に発売されたばかりのトラベル...
「ブルーボトルコーヒー」から「マスクケース」が登場。香港発のブランド「PAPERY(ペーパリー)」とコラボレーションした紙素材のスマートデザインの同商品は...
「EARMIND」は、異なる6つのアート分野の作家や工房によって手掛けられた、デザイン性を高めたカスタマイズBluetoothイヤホンだ。
使えて語れて格好いい「CHROME」の注目ライン「MXD COLLECTION」のバッグ「MXD PACE」は、ファッションにも気を使いたい若手のビジネス...
内部にコンパートメントを設けるのではなく、本体自体を足して容量を調整するイタリアのバッグブランド「MOCA」の紹介。

人気の記事

SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
「ラムを作ろう、壁ではなく」というタイトルのユニークな動画広告は、オーストラリアのラム肉メーカー「Australian Lamb」が制作したもの。「私たち...
感染拡大防止のため、あのハリウッド映画の登場人物たちも......マスクを着用し始めた!?
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
「ニューヨーク近代美術館(MoMA)」のミュージアムショップがセレクトしたスピーカー/ラジオ「OB‐4 マジックラジオ」が日本初上陸。DJコントローラーの...