ベッドを除菌してくれる「CleanseBot」

クラウドファンディングサイト「Indiegogo」で、約1億7000万円の資金を調達したトラベルアイテム「CleanseBot」。

殺菌灯にも使用される紫外線(UV-C)を照射し、ベッドシーツなど衛生的に気になるものを除菌してくれます。

3つのモードが搭載されていて、「Under Blanket(ブランケットの下)」モードを選択すると、AIやセンサーなどを駆使しながら動き回り、ベッドの角や端から落ちることなくスイスイお掃除。また、手動に切り替えることもできるので、ベッド以外の小物などにも使用できます。

カバンに入るサイズで持ち運びはカンタン。旅行に持っていったら活躍してくれること間違いなしです。

いくらきれいに掃除されたホテルの部屋とはいえ、自分以外の誰かが泊まった場所なわけで……。「気にしすぎ」という人もいるかもしれませんが、先にも書いたとおり、CleanseBotが億を超えるほどの資金を調達したということは、それほど共感する人たちがいたということでしょう。

今注文すれば、早くて4月頃には届くそう。気になる人はこちらをチェック

©2018 Cleansebot
©2018 Cleansebot
Top image: © 2018 Cleansebot
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
ズボラな人でも手軽に歯ブラシを99.9%除菌できる「壁掛け歯ブラシ除菌ホルダー」 が、今月末までクラウドファンディングサービス「Makuake」で応援購入...
収まるモノならすべてのアイテムを99.9%除菌する「LINK UV+ オゾン スマホ除菌器」が販売中。UVとオゾンの両方が菌・ウイルスに作用し、対象物を3...
人生の1/3もの時間を過ごすベッドには、肉眼では見えない細菌やウイルス、ダニがたくさん!そんな健康に被害を及ぼす可能性があるものを除去してくれる「お掃除ロ...
スマートフォンを充電しながら99%UV除菌できる「Smart Cleaner」。
プラスチック製のシースルーランプシェード(フェイスシールド)「Plex'Eat」を使用すれば、向かい合って食事を楽しむことができる。レストランの雰囲気を壊...
デザイナーズアイテムを販売する「LEXON」から、充電しながら除菌もしてくれるスマートフォン充電器が登場。スマートフォンを内部に置くと、充電がおこなわれる...
アムステルダムを拠点にするデザイン会社「FROLIC studio」は、“誰でも入手できる素材から作れる除菌キット”の設計図を公開中。UV-Cライトを利用...
クラウドファンディング「Kickstarter」で話題の除菌クリーナー「Egret EO Blaster」は、水と塩を入れるだけで、細菌とウイルスを99....
「人類進化ベッド」。楕円形で、横になった時に体を優しく包み込んでくれるソレは、土台やマットレスなど様々な部分でチンパンジーの寝床を再現した優れもの。
カリフォルニアを拠点とする企業「Embodied, Inc.」から、子どものための教育ロボット「Moxie(モキシー)」が今秋発売される。Moxieは遊び...
「もしチーズを食べることが日課であるなら、あなたはきっとこのプログラムを気にいるでしょう」
ANAをはじめとする航空会社や鉄道で採用されてる「A2Care」の除菌消臭スプレー。キッチン、リビングからバスルーム、トイレまで、どこでも使える汎用性と高...
アメリカの自動車メーカーのフォードが宅配ロボット「Digit(ディジット)」を開発しました。このロボット、玄関先まで荷物を運んでくれる優れモノです。
カクテルにイノベーションを起こすことを目的につくられ、2014年から稼働しているロボットバーテンダーMakr Shakr。アプリをつかってオーダー。好みの...
折りたためるのは便利だけど、友人を自宅に招いた時に、折りたたまれたベッドが部屋の片隅に鎮座していたら、なんだか恥ずかしい。たたんだ状態でも別の家具として役...
脱臭・除菌効果があると注目されるオゾン。ペンタイプの小型「オゾン水」生成器がクラウドファンディングサイト「Makuake」に登場。多くの支持を集めている。
NY生まれのラーメンブランド「黒帯」。日本第1号店が「RAYARD MIYASHITA PARK」に誕生。
「米国国勢調査局」が先月発表したデータによると、米国の16歳未満の人口構成で、ヒスパニックや黒人、アジア系の人口が昨年初めて白人の人口を上回ったとことが明...
ディズニーやホンダだけでなく、インテルやバンダイナムコまで。ストックホルムの企業「Furhat Robotics」が世界に広めようとしているロボットの開発...
「Airbnb」の清掃ガイドラインがパワーアップした。専門家らとの提携によって作られた新ガイドラインには「清掃・除菌の5つのステップ」や「掃除ハンドブック...
ドイツの自動車部品メーカー「Continental」が発表した宅配システムは、ラストワンマイルの前半は自動運転車が、後半はロボット犬が担ってくれるというシ...
「Stella Artois B.A.R.T.」は、お酒を運んでくれたり、軽食を運んでくれたりと、パーティでなにかと世話を焼いてくれます。しかも、移動しな...
兵庫県西宮市にある商業施設「エビスタ西宮」内のフードホールに、AI搭載のロボットが店長を務める「カフェロボット」が11月9日に誕生。
アメリカで開発されたフローティングベッド「Splash Runner」には、モーターが付いています。手でハンドルを操作すれば、自由自在に移動ができる仕組み。