家でもオフィスでも「ひとりティータイム」を断然スマートに

こういう、さりげない工夫で断然便利になる発想っていいなぁ。その名も「ループティーストレーナー」。ティータイムに便利なツールです。

ひとり暮らしの人やオフィスでお茶を飲むのが好きな人は、心をギュッと掴まれること間違いナシ!

質素な容姿で侮るなかれ

6027932141092864
© KINTO

見た目は、とってもシンプル。片手にちょうどよく収まるサイズ感。

5962305040809984
© KINTO

まず指で網部分をずらして開きます。ザクッと茶葉を掬えば、ティースプーンなしでも1杯分、簡単に用意できます。

ティーバッグだと「2回は使いたいけど、ひとりでそんなに飲む気もない」って思ったり、可愛いから買っちゃった缶のお茶なんて、ティーポットに淹れて、茶こしを用意して……って手順が億劫でいつのまにか棚の肥やしになってたり。

そんなおひとりさまティータイムも、これなら無駄なくスリムに楽しめちゃう。

6617509012701184
© KINTO

そしてカップに入れたら……このままお湯を注ぐおお、これぞティースプーンとティーバッグのハイブリッド・ツール。一石二鳥、一挙両得。楽ちん楽ちん。

ステンレス製で細かな穴が空いているので、茶葉が出てしまうこともありません。

さらに……他にも嬉しいポイントが!

4839371077320704
© KINTO

スライド式でサクッと分解できるから、とっても洗いやすいし……

6404442396033024
© KINTO

こ〜んな、USBメモリのキャップみたいのもついてきて、

5386022972030976
© KINTO

使わないときは立てておけるんです。衛生的だし、痒いところに手が届く!

4997067512479744
© KINTO

加えて持ち手は樹脂だから、熱々のお湯に浸してもヤケドの心配ナシ。

6642281041887232
© KINTO

税込1,620円。自分へのちょっとしたご褒美や、気軽なプレゼントなんかにも良さそう。白と黒の2色。迷うから、家にもオフィスにも置きたいくらい。

早速……って方は、こちらから!

Top photo: © KINTO
Licensed material used with permission by KINTO
デザイナーが一つひとつ丹精込めて手縫いするティー「バッグ」。伝統に甘んじない、老舗紅茶ブランドの新たな取り組みです!
イギリス・ロンドンのカフェ、ティーテラスは「Phonetentiary(フォーンテンシアリィ)」という一風変わったサービスを行なっています。それは「ティー...
コーヒーよりも断然紅茶派な私は、ずっと悩んでいた。便利な機能が搭載されたコーヒーメーカーは続々と登場するのに、これぞ!というティーメーカーには、なかなかお...
体の酸化を食い止め、病気を予防する。そこにビールが関わってるって!?
特別な感情が心に生まれるキスのエピソードを、みなさまにお届けしていきます。
どんなビジネスにも少なからず決まりがあるものだけど、紅茶の製作にも型があるそうで。「CTC」と呼ばれるその製法は、「Crush、Tear、Curl」の略。...
「2016年は、紅茶の年だった」そう言ってしまいたくなるほど、この1年で目覚ましい活躍を見せた紅茶。中でも、スターバックスが展開する専門店「TEAVANA...
おいしいイングリッシュティーの淹れかたを「Food52」よりValerio Farrisさんに教えてもらいましょう。なんでも、科学的に美味しくなるお作法が...
丁寧な暮らし、つまり心が豊かになるような生活は、無理な節約をしていると叶いません。節約をするにしても、無理やりするのではなく、できることなら楽しみながら行...
ひとり暮らしでもしていない限り、自分ひとりの時間って取りづらいものですよね。それでも、ときには誰の目も気にせず「ひとりだけ」の時間を楽しみたいもの。そんな...
ニュージーランドのウェリントンは、コーヒーも有名だけど、クラフトビールだって有名なんです。この記事では、地元で人気のクラフトビールブランドのオーナーがおす...
もうじき春ですね。桜が満開になると、爽やかな飲み物をタンブラーに注いで、お出掛けしたいもの。コーヒーやビールもいいけど、今回焦点を当てるのは「自家製ハーブ...
一人暮らしをはじめて、「丁寧な暮らし」に憧れていても、何をすれば理想の生活に近づけるのか、わからない人もいるでしょう。そこで、一人暮らしで実践しやすい丁寧...
ひとり暮らしは、自由の象徴。全裸で踊り狂ったって誰もあなたを咎めません。ただその分、責任も発生します。「Elite Daily」のライター、Laura A...
オシャレなカフェが立ち並ぶ街、台北。でも、実際どこに行けばいいのかわからないもの。今日は最近、台北で人気の“ドライフラワーカフェ”をご紹介。ガイドブックと...
カナダ生まれの「ロンドン・フォグ」は、今や欧米でも大人気のドリンク。アールグレイティーにバニラシロップ、温めたミルクを合わせ、ふわふわのフォームミルクをの...
美味しい紅茶やコーヒーでほっと一息。ティータイムをより優雅にしてくれるのが、ウクライナ出身のLena Staceyさんによる、食べられるレースのお砂糖「D...
なかなか馴染みがないクラシックコンサート。ですが、一部のビジネスパーソンや海外では、教養を深めるため、そしてネットワークを構築するために愛されています。その
フードクリエイティブファクトリー暮らしを楽しくするキッカケになる記事を書いています。「大切な人との暮らしをもっと楽しく」を理念に活動する食と暮らしの企画制...
ハーブティーは、かかりつけのお医者さまのようなものです。身近にあると安心できて、ほっとひと息つける。そんな頼りになる存在です。大げさかもしれませんが、身体...
信州のりんごの季節は青りんごから始まります。1年で1番最初に取れるこの時期の青りんごはさっぱりとした酸味と爽やかな香りが初夏にぴったり。そんな信州の青りん...
カフェってPC作業に集中できるけど、あまり良く感じない人もいるみたい。たしかにコーヒーを楽しむ空間でカタカタと隣で仕事をされると…。あなたはどう思う?
肥土山(ひとやま)という里山。そこの小さな集落で暮らしている三村さんは、住んでいる家の一部を金曜日と土曜日は解放して、カフェを営業している。『HOME M...
「買う」だけでなく「借りる」こともできるんだって。