20歳だけど、この「和紙ストア」が気になって気になって仕方ない。

すべてのものは進化するとはいうけれど、和紙もここまできているとは全く知らなかったんです、私。オンラインストア「うるわし」を知ったのは、某SNSでだったんだけど、このサイト、見れば見るほどズブズブハマる。

だって、ただただ最近の「シュールブーム」に乗ってるだけじゃないんだもん。

これでも和紙一筋70年。

はじめに見つけた時は、「うむ、親戚や友達にあげたら盛り上がりそうな袋」くらいの、ありきたりな感想だった。和紙でできた便箋とか、最近は100円ショップでも売ってるし。

でも「うるわし」のプロダクトは一味違う。まず、なんか知らんが作り込みがすごい。例えば右端の、漫画風ご祝儀袋を見てみよう。

広げるとこんな感じ。

本物さながらの紙面。わざわざ白くてきれいな和紙に、コミック調の色を載せています。

聞けば創業約70年の大阪の和紙屋のサイトだという「うるわし」さん。扱っている和紙も上質さを売りにしていながらにしてこの風貌!

個人的には昔の少女漫画とか大好きなので、めっちゃツボです。

しかもよく見ると、作り込みが半端じゃない。

「ワタガシホマレ先生」へのファンレターの宛先なんて、「うるわし」を運営する 「株式会社オオウエ」の住所になってるし。実際に『パティシエ☆ダーリン』のファンレターを送ったらどうなるのか気になるところだ。

次回が888話というのも、末広がりの「八」で揃えてあってご祝儀袋には縁起が良いし、ということは今回は887話なわけで、「割りきれない」素数でこれまた結婚式には縁起がいい…と読み込むのは考えすぎ?でも、他のところを見てみても、とにかく芸が細かいのは確か。地味にすごい…。

あなたの日々に、半笑いを

他にも面白いものがザクザク見つかる。例えば…

間取り柄ミニカード

和紙田大學のミニカードです。阿波和紙に活版印刷を施しています。コットン100%の和紙なので、柔らかさがございます。

おみくじマスキングテープ

マスキングテープ素材、貼って剥がせる「オシール」。 実用的かつ役立たず。使う人のアイデア次第。 伸び代、あります。

集中線ポチ袋

真ん中が空白になっていて、好きなセリフや絵を入れられる。

お年玉やちょっとしたお金のやり取りをする時。
想いをしたためると感情がより強く伝わりますね。
たとえ中身が五百円でも、力技で恩を売ることができるでしょう。

使う側のセンスも問われそうなとこがまた、良い。

でもね、ほんとはね、真面目。

そう、面白いだけじゃないところが、この「うるわし」のいちばん麗しい点でもある。このサイトではグッズ販売の他にも、よみものとして和紙について知ってもらえる記事がわんさか載っているのだ。

和紙の値段が決まる3つのポイント」とか、

和紙の歴史、約1400年分をサクッとお伝え」してくれる記事とか。

結構興味を引くでしょう?

私、和紙なんて、小学校の時習ってた習字と、お茶くらいでしか触らなかったけど、それでも読みふけっちゃったもん。

うるわしは、あなたの生活に「上質でユーモラスなコミュニケーション」をご提供する、和紙の専門店です。あまり身近には感じないかもしれない和紙が、実はあなたのお役にたつこと。そして、その裏側には職人さんたちの長年の技があること。それを、日々お伝えし、実際に手に取っていただければ、と思っております。

ね、案外、ウケを狙っているだけじゃないんです。

世界でも注目されているのに、日常ではあまりみない伝統技術。ゆるっとクスッと、取り入れるのも良いのかも。

Licensed material used with permission by うるわし
東京・墨田区の老舗縫製メーカー「和興」が「和紙の服」を国内初リリース。吸湿性と保湿性を兼ね備え、抗菌と消臭の機能も搭載。環境負荷が少ない循環型の素材として...
ひたすら文房具(ほとんどがアンティーク)をアップし続ける気になるアカウント。
越前や美濃と並んで、日本三大和紙の一つとされる土佐和紙でつくった「土佐和紙プロダクツ」のご祝儀袋。かつては書籍や帳面などさまざまなものに用いられながら、洋...
丁寧な暮らし、つまり心が豊かになるような生活は、無理な節約をしていると叶いません。節約をするにしても、無理やりするのではなく、できることなら楽しみながら行...
韓国発のスキンケアシリーズ「JM solution」から、化粧水・美容液・乳液すべてのスキンケアのステップをひとつにできる「JM solution オール...
4月上旬に発売される「メイドインジャパンの和紙マスク」は、驚くべき使い勝手の良さと性能を秘めたハイスペックなマスクだった……
レイアウトにも気を使ったバイクストアが、日本でも増えてきました。でも、デンマークでオープンしたばかりの「United Cycling Lab & Stor...
一人暮らしをはじめて、「丁寧な暮らし」に憧れていても、何をすれば理想の生活に近づけるのか、わからない人もいるでしょう。そこで、一人暮らしで実践しやすい丁寧...
その素材はまるで、タオルになるために生まれてきたかのよう。そう言っても過言ではないほど、“両者”の特徴は、人の体を拭くのに適しているのです。このブランド「...
ひとり暮らしは、自由の象徴。全裸で踊り狂ったって誰もあなたを咎めません。ただその分、責任も発生します。「Elite Daily」のライター、Laura A...
昭和に流行し、今でもお祭りなどの景品でよく見かける「あるおもちゃ」が今、密かに大流行しているという。その「あるおもちゃ」とは......?
小高い山の上にログハウスを建てて、湖を見下ろしながらのんびり、そんな別荘暮らしに憧れているなら、フェザント山中湖。アウトドア好きにもファンが多いBESSの...
クローゼットの中身をのぞき見しているようで、ちょっぴりドキドキ、後ろめたさも。だから気になって仕方ないのかも。
「Nomad Hammock」の見た目は普通のバックパックで、20Lの容量があるといいます。だけど、ハンモックにも変身するのだとか。
世代のちがう子どもや孫が喜んでくれるプレゼントをあげるのは、意外に難しいもの。とくに年頃になると、一体何が欲しいのやら…。でも、16歳のローレンさんが誕生...
山梨県の「金長特殊製紙株式会社」が開発した「糸落水(いとらくすい)ガラス障子シート」のご紹介。
2月27日、アメリカで『HER BODY CAN』という絵本が出版された。この本は0歳〜8歳を対象にしており、ボディポジティビティを広めることを目的としている。
植物コミュニティアプリ「GreenSnap」を運営する「株式会社GreenSnap」が、新たなコンテンツサービス「おうち園芸」をスタート。
「Help Refugees」というNPOが運営している「Choose Love」は、難民へのプレゼントを購入できるオンラインストアだ。12月24日までは...
〈ソフト99コーポレーション〉のメガネクリーナーは。モバイルサイズのハンディタイプがあるのがポイントです。
「ナチュラシック」というボタニカルフェイスマスク。ボタニカルな美容液成分の良さもさることながら、肌触りや吸着度などが驚くほど素晴らしい。この、コスメ辛口の...
『Sketchy Notebook』は、見ての通りシックなハードカバーの無地ノート。180度ペタッと見開きで使えて、綺麗に切り取りができるのも良い点だけど...
「こもれびうちわ」は、障子に映った木の陰をモチーフにして作られたもの。一見、シンプルな普通の白いうちわに見えますが、光にかざすと木の葉シルエットが浮かび上...
ひとり暮らしの人やオフィスでお茶を飲むのが好きな人は、心をギュッと掴まれるアイテムです。