「おめでとう!」に個性をもたらす、土佐和紙のご祝儀袋

知人の結婚や出産、卒入学の時などに、祝福の想いを込める「ご祝儀袋」。直前になってコンビニで購入なんてことになりがちですが、できるなら前もってしっかりとした袋を準備したいところ。特に結婚式は“おもてなし”を受けるわけだから、ささやかながらも特別なものを手渡したいですね。

そこで、こんな袋はどう?あなたからの「おめでとう」が、もっともっと伝わるかもしれません。

日本三大和紙の一つでつくる
特別なご祝儀袋

これは、越前や美濃と並んで、日本三大和紙の一つとされる土佐和紙でつくった「土佐和紙プロダクツ」のご祝儀袋。かつては書籍や帳面などさまざまなものに用いられながら、洋紙の普及によってその用途の多くを失ってしまった土佐和紙に、再び光を当てるべく誕生したプロダクトシリーズの一つです。用途やシーンにあわせた、全3種類のラインナップ。

とことんベーシック
「鮑結」

一般のお祝いごと全般に使用できる「鮑結」。結び目を小さめにし、上品かつシンプル、ベーシックに。864円(税込)。

カジュアルなお祝いごとに
「梅」

水引を梅のかたちに結んだご祝儀袋は、カジュアルな結婚式や出産祝いなど、さまざまなお慶びの場面で使用可能。1,080円(税込)。

華やかなハレのお祝いに
「華」

ご婚礼用にデザインしたご祝儀袋は、お祝いする側のセンスと気持ちが伝わるものを目指したそう。 1,296円(税込)。

3種類とも、本体は楮でできた手漉き溜め漉き和紙。帯の寿は活版印刷で仕上げています。さらに番外編として、「言葉で想いを伝える」プロダクトも紹介。

四万十ひのきの箱入り一筆箋

高知を代表する清流、仁淀川流域で育まれた土佐和紙を、四万十川流域で育てられた四万十ヒノキの箱に納めたもの。しばらく箱の中に入れておくと、ほんのりとヒノキの香りが和紙にしみ込んでいくのだとか。

土佐和紙 活版手紙セット

やさしい色合いの三色の便箋と封筒に、活版印刷の空押しで罫線を入れています。縦書き、横書きのいずれもOK。

購入はオンラインショップのほか、全国の取扱店にて。これまで画一的だった「おめでとう」にも、少しだけ個性を。きっと、あなたの想いがより伝わるはずです。

Licensed material used with permission by TOSAWASHI PRODUCTS
すべてのものは進化するとはいうけれど、和紙もここまできているとは全く知らなかったんです、私。オンラインストア「うるわし」を知ったのは、某SNSでだったんだ...
日本一かつおを食べる県、高知。「土佐の赤かつお」は高知県で150年以上続く、地元の魚屋さん「上町池澤本店」が秘伝のタレを使って開発したかつおフレークです。...
「ナチュラシック」というボタニカルフェイスマスク。ボタニカルな美容液成分の良さもさることながら、肌触りや吸着度などが驚くほど素晴らしい。この、コスメ辛口の...
サントリーニ島といえば、白と青のコントラストであまりにも有名なギリシャの人気観光地。エーゲ海に囲まれた美しい島を「一度は訪れてみたい!」と思っている人も、...
2015年に、ドバイにオープンしたコンテナモールがオープンした「BOX PARK」。ショッピングやダイニングが楽しめて、シネマも併設されています。
街中に溢れる日常の些細な音が、オーケストラ団員により再現されている動画がおもしろい。楽器を使って再現される音は、リアルすぎて中毒性が高いんです!
その素材はまるで、タオルになるために生まれてきたかのよう。そう言っても過言ではないほど、“両者”の特徴は、人の体を拭くのに適しているのです。このブランド「...
厳島神社、鳥取砂丘、出雲大社など、人生で一度は訪れてみたい観光スポットが「国立公園」の区域内に位置している中国地方、四国地方。日本を代表するような魅力的な...
ロシアのソユーズロケットに乗って宇宙を旅した、高知県ひまわり乳業の乳酸菌。その子孫たちを使って作られたグミ、その名も「宇宙のグミ」を紹介する。商品開発の経...
一見、フツーのスリッポンだが、まず手に取った瞬間に驚く。軽い! で履いてみると、やっぱり軽い。
♨︎ この冬ためしてほしい入浴剤を紹介します ♨︎
日本三大カルストの中で、最も標高が高い「四国カルスト」内で見ることができる風景を紹介する。「四国カルスト」は天空の道とも例えられ、ドライブやツーリングで人...
「こもれびうちわ」は、障子に映った木の陰をモチーフにして作られたもの。一見、シンプルな普通の白いうちわに見えますが、光にかざすと木の葉シルエットが浮かび上...
結婚式やお葬式の際、ご祝儀袋や不祝儀袋はどのように持参するのがマナーなのか知っていますか?ふくさに包んで持っていくことは知っていても、渡し方や色の選び方ま...
愛媛県は、2017年3月に「四国一周1,000キロルート」を発表した。これは、四国を周遊するサイクリングロード。台湾が取り組んでいる、台湾島を一周する環島...
和紙のような、プラスチックのような、布のような……。すべての合間をとったようなこの素材の正体は、なんと革。これは世界初の半透明な牛革でつくられたコレクショ...
12月、パリの地下鉄で起きたイタズラが話題となりました。電車内に藁と干し草が敷き詰められるという“事件”。これ、満員電車に痺れを切らした人々の抗議でした。...
食事の席でつくられた箸袋の創作物をTIP(ありがとうのしるし)に見立てる試み「JAPANESE TIP」を紹介する。2012年からプロジェクトがスタートし...
世界で一番カッコいい「パンの袋をとめるアレ」を、紹介します。
ある匿名アーティストたちによる、フランス・ボルドーの歴史的建造物を、ビニール袋で埋め尽くすというインスタレーション。リサイクルだけでは、ゴミ問題を解決でき...
「懐かし〜」より「斬新!」な、カクテルベースになるたまご酒。
オランダで開発された「Goedzakken」は、捨てられているモノを欲しいと思った人に気軽に拾ってもらうために、中身をあえて見せるようにデザインされたゴミ...
Twitterではハッシュタグ「#PacketInWalkers」をつけて、多くの人がポテトチップスの空袋をポストに投函する様子を投稿しています。
2015年10月18日、Twitterに投稿されたいろは@速度制限中さんのツイートには、ほんの少しの工夫で劇的に便利になった「パスタの袋の開け方」が紹介さ...