夏が涼しく、楽しくなる「こもれびうちわ」

夏の暑い日。つい畳の上でうたた寝をして、目を覚ます。

締め切った障子に、庭の木々を通した木漏れ日が映っている。強い日差しが障子をきっぱりと白く見せ、優しく揺れる木々にあわせて、ひらひらと光も揺れる。

こもれびうちわ」は、そんな障子に映った木の陰をモチーフにして作られたもの。

一見、シンプルな普通の白いうちわに見えますが、光にかざすと木の葉シルエットが浮かび上がる。ノスタルジックな風景が込められているんです。

女神から伝えられた
「越前和紙」

「こもれびうちわ」に使われている越前和紙は、1,500年前にその起源が遡るといいます。現在の福井県の岡太川の上流に現れた美しい女神「川上御前」によって紙漉きの技術が伝えられたという伝説が残っており、現在も和紙の王様としてさまざまな場面で利用されています。

幻想的な起源、長い歴史、そして今も受け継がれ続ける伝統によって作られる越前和紙を使用した「こもれびうちわ」は、夏の暑さを和らげながらも、日本の奥深い文化を伝えてくれるもの。

「こもれびうちわ」に使われる和紙は三層に重ねられ、木漏れ日の透かし模様に仕上げられています。全てが手作業で行われるため、同じ模様はひとつもありません。

つまり、光にかざしたときにだけ模様があらわれるという控えめで美しい芸術は、熟練の職人芸によって初めて成立するもの。

また、うちわの骨組みも、京都の「京うちわ」の職人が一つひとつ手仕事で組み立てています。

外国にはない言葉
「こもれび」

都会の喧噪の中で、忘れてしまいがちな自然の光。「木漏れ日」という言葉は、外国には存在しない日本独自のものとも言われます。

「こもれびうちわ」は、ひとつ4,860円。

風情ある日本の夏を楽しむアイテムとして、大切な人への贈り物にも。

Licensed material used with permission by KOTOKO HIRATA
京都の竹工芸職人、小倉智恵美さんが手がけるのは、代々伝わる「竹籠」の技術を活かして作られた「Kyoto Basketry Accesory Series」...
福井県から京都まで続く「若狭街道」は、古代から朝廷に食材を届けるための道として、多くの行商人たちが行き来した古道。そこで福井では、日持ちをさせるために数多...
「珍しい動物や植物を見てみたい!」という目的で、「国立公園」を訪れる人も多いのではないでしょうか。そんな願いが叶えられそうな、中部地方にある6つの「国立公...
厳島神社、鳥取砂丘、出雲大社など、人生で一度は訪れてみたい観光スポットが「国立公園」の区域内に位置している中国地方、四国地方。日本を代表するような魅力的な...
アムステルダム国立美術館の前に設置されていた巨大な「I amsterdam」の文字が、12月3日の朝に解体されちゃいました。記念写真を撮影しようと思ってい...
Samira Kazanさんは、栄養のバランスをしっかり考慮しつつ、遊び心を交えたレシピの研究をしています。
富山県高岡市で、今秋、国際北陸工芸サミット『工芸ハッカソン』が行われる。富山県高岡市は、金属工芸や漆芸の技を400年以上受け継ぐまち。工芸がこれまで出会っ...
福井県に「北陸のハワイ」の異名をとる無人島があります。どこまでも長く続く遠浅のビーチ、魚たちが手の届くところまでやってくる透き通った青い海。ここを訪れるチ...
まだまだ知らない日本の歴史や文化ってたくさんありますよね。本や映像で学ぶこともできますが、機会を見つけて現地まで足を運んでみませんか? 日本の歴史がたくさ...
関東地方にある「国立公園」の注目ポイントは、ずばり「山」です。美しい山々を前に景観を楽しむも良し、ハイキングで汗を流すも良し。東京近郊にありながら、「山の...
「Girls Don’t Cry」「Wasted Youth」のデザイナー・VERDY氏が原宿の新名所「ONE」で開催した裏ポップアップを緊急レポート&直...
すべてのものは進化するとはいうけれど、和紙もここまできているとは全く知らなかったんです、私。オンラインストア「うるわし」を知ったのは、某SNSでだったんだ...
2016年3月、マリーナベイ・サンズのアートサイエンス・ミュージアムに、1,500平米もの巨大な常設展示「FUTURE WORLD: WHERE ART ...
京都府与謝郡伊根町。丹後半島の北東部に位置し、古代より大陸との交流が盛んなこの町には、どこかノスタルジックな光景が広がっています。「まさか、京都にこんなと...
ライティング、音響、そしてブロジェクションマッピングを用いたデジタルアートで、海の中の世界を演出するプロジェクト。いまや水族館の新たな魅力を引き出す手法と...
「京都は迷う街である。と言っても、道に迷うという意味ではなく、いつ行くべきか、何を見るべきか、どう動けばいいか。旅に出る前に迷い、着いてからも迷い、そして...
アメリカ・オクラホマ州タルサでは、そんな彼らを好待遇で受け入れているんです。例えば、移住をすれば約110万円(10万ドル)が支給されるそう。さらに、月に約...
福井県鯖江市東部の河和田地区は、約4,400人が暮らす、三方を山に囲まれた小さな集落。メガネづくりはもちろん、約1,500年の歴史をもつ越前漆器でも有...
越前や美濃と並んで、日本三大和紙の一つとされる土佐和紙でつくった「土佐和紙プロダクツ」のご祝儀袋。かつては書籍や帳面などさまざまなものに用いられながら、洋...
アメリカのクラウドファンディングサイト「Kickstarter」で、伝統工芸品分野で異例の1400万円の調達に成功した「Haori Cup」を紹介。軽くて...
優しい口当たりのちりめんじゃこと、ピリッと効いた山椒の実を一緒に炊き合わせた、柔らかく優しい風味が特徴の「じゃこ山椒」。ちりめんじゃこも山椒も古くから京都...
日本の自然をテーマにした動画はよく見かけますが、山陰地方にフォーカスしたものは少ないように感じます。これは「山陰地方の自然と文化の魅力」が、これでもかって...
日本の「国立公園」と聞いてもあまりピンと来ない人が多いかもしれませんが、全国で34ヶ所(2018年10月現在)あり、国土面積の5.8パーセントを占めている...
めがねの街・福井県鯖江市の株式会社キッソオのロングセラー「鯖江ミミカキ」。2013年にグッドデザイン賞を受賞したこの耳かきは、鯖江の町工場だからこそ生み出...