日本の国立公園おさらい 中部地方:ライチョウ、イヌワシ、ニホンカモシカ…動物観察が楽しいのはここ

「珍しい動物や植物を見てみたい!」という目的で、「国立公園」を訪れる人も多いのではないでしょうか。

そんな願いが叶えられそうな、中部地方にある6つの「国立公園」を紹介します。希少な動物やその土地ならではの美しい自然に想いを馳せてみてください。

1.
登山者を魅了するライチョウや渓谷美
「中部山岳国立公園」
(新潟県、富山県、長野県、岐阜県)

6105094919553024

北アルプス一帯を占め、槍ヶ岳で有名な穂高連峰、白馬岳を有する後立山連峰など、標高3000m級の山々で構成される「中部山岳国立公園(ちゅうぶさんがく・こくりつこうえん)」。新潟県、富山県、長野県、岐阜県の4県に広がり、さらにその歴史は古く、1934年に認定された最初の国立公園のひとつです。

絶滅が危惧されているニホンライチョウやタカネヒカゲなど、主に高山帯に生息する動物が観察できるのも特徴的。ハイキングやお散歩がてら、双眼鏡を持って観察を楽しむのもおすすめです。

※広域に渡るため、地図上では「槍ヶ岳」が表示されています

2.
豪雪エリアならではの厳しさと美しさ
「妙高戸隠連山国立公園」
(新潟県、長野県)

5996724304740352

新潟県と長野県にかけて広がる「妙高戸隠連山国立公園(みょうこうとがくしれんざん・こくりつこうえん)」は、2015年に誕生したばかりの国立公園です。日本百名山に選定された妙高山や高妻山などの名峰を有しており、スキー場やハイキングスポットとして親しまれています。

火打山周辺ではライチョウが観察できるのが特徴的ですが、標高が高いところに生息しているため、気候の変化の影響を受けやすく、絶滅が危惧されています。運が良ければ観察できるかもしれません。

※広域に渡るため、地図上では「妙高高原ビジターセンター」が表示されています

3.
山岳信仰と大自然を感じる霊峰白山
「白山国立公園」
(富山県、石川県、福井県、岐阜県)

5237221816795136

ツキノワグマ、イヌワシ、ニホンカモシカなど、大型野生鳥獣が多数生息する地として知られる「白山国立公園(はくさんこくりつこうえん)」。富山県、石川県、福井県、岐阜県の広大な区域に広がり、250種類以上の高山植物や自然林が消えずに広がってることから、生物圏保存地域(ユネスコエコパーク)にも指定されています。

冬になると雪に見舞われることが多くなりますが、この雪化粧こそが同国立公園の魅力です。暖かい春になっても残っていますので、ぽかぽか陽気の中、白い景色を目にしながら歩くのも一興でしょう。

4.
2万年前の氷河の記憶が刻まれた
「南アルプス国立公園」
(山梨県、長野県、静岡県)

5433948482043904

夏は雨が多く、冬は雪が少ない「南アルプス国立公園(みなみあるぷす・こくりつこうえん)」。山梨県、長野県、静岡県の3県に広がる高山帯には、2万年前に造られたとされる氷河地形が現存しているそうです。さらに大量の雨によって自然にできたV字谷が数多く見られ、他の国立公園とは一風違った景観が楽しめます。

いざ周辺を歩いてみると、哺乳類や鳥類などが数多く生息しており、ホンドオコジョ、ホンドギツネ、ニホンザルから、国指定の特別天然記念物であるライチョウまで観察できます。

※広域に渡るため、地図上では「甲斐駒ケ岳」が表示されています

5.
伊勢神宮や里山里海カルチャーに触れる
「伊勢志摩国立公園」
(三重県)

6020153133236224

ほかの国立公園に比べて、私有地率の割合が96%以上と非常に高い、三重県の「伊勢志摩国立公園(いせしま・こくりつこうえん)」。

国立公園内には居住人も多く、海女の暮らしなどその土地ならではの生活、歴史、風習に深く触れることができます。自然だけではなく、人との関わりも感じられるのは、この伊勢志摩地域ならでは。

磯の観察をするならば、熊野灘沿岸に行ってみましょう。干潮時には、イソギンチャクやエビなどの仲間が見られます。また、砂浜海岸にはアカウミガメが上陸しているため、産卵シーンも観察できます。

6.
多くの動物たちが生息する
「吉野熊野国立公園」
(三重県、奈良県、和歌山県)

4670530208661504

紀伊山地の霊場と参詣道が世界文化遺産に、南紀熊野地域が日本ジオパークに認定されている「吉野熊野国立公園(よしのくまの・こくりつこうえん)」。その指定区域は、三重県、奈良県、和歌山県の3県に広がっています。

山岳、河川、海と変化に富んだ景観を楽しめるだけでなく、日本で生息する哺乳類のほとんどを見ることができるという絶好の動物観察スポットです。

また、サンゴや熱帯魚が生息している紀伊半島沿岸は、ダイビングやシュノーケリングが楽しめるため、ダイバーも数多く訪れています。

関東地方にある「国立公園」の注目ポイントは、ずばり「山」です。美しい山々を前に景観を楽しむも良し、ハイキングで汗を流すも良し。東京近郊にありながら、「山の...
沖縄県の「国立公園」は、ただ見て周るだけではなく、山や海に飛びこんで “体験する” のがオススメです。ここでは「やんばる国立公園」「慶良間諸島国立公園」「...
厳島神社、鳥取砂丘、出雲大社など、人生で一度は訪れてみたい観光スポットが「国立公園」の区域内に位置している中国地方、四国地方。日本を代表するような魅力的な...
まだまだ知らない日本の歴史や文化ってたくさんありますよね。本や映像で学ぶこともできますが、機会を見つけて現地まで足を運んでみませんか? 日本の歴史がたくさ...
世界中のビールファンを熱狂させるデンマークのクラフトビアバーが渋谷に復活Mikkeller Tokyo〒150-0043 東京都渋谷区道玄坂2丁目19-1...
持ち運び専用の剃刀「Sphynx」は、手の平ほどのコンパクトサイズで、ショルダーバッグにも入ります。ムダ毛処理をしたはずなのに、デート前や旅行中に剃り残し...
日本の「国立公園」と聞いてもあまりピンと来ない人が多いかもしれませんが、全国で34ヶ所(2018年10月現在)あり、国土面積の5.8パーセントを占めている...
「北海道=大自然」と言われて反対する人はいないと思いますが、そんな広大な土地を生かした「国立公園」の存在については、意外と知らない人も多いのではないでしょ...
牧之原台地を中心に、お茶の生産が盛んな静岡県島田市。静岡県の中央に位置するこの街は、静岡駅や掛川駅、浜松駅などの新幹線が停車する駅からのアクセスが便利です...
岐阜県との県境に位置する、愛知県瀬戸市。愛知県の県庁所在地・名古屋市から北東に約20kmと、アクセスの良いところにある瀬戸への行き方、観光スポット、旨い店...
アロマキャンドルやオードトワレの印象が強い「diptyque」ですが、じつはハンドクリームも素晴らしいんです。
かつて、脳卒中の割合が全国1位にもなった長野県。塩辛い食生活がその原因らしい、ということで官民一体となって行なったキャンペーンのひとつが「塩の代わりにスパ...
高級和牛の代表格、三重県の松阪牛(まつさかうし)。ビールを飲ませるという贅沢な育て方でご存知の方も多いはず。ここで紹介している「松阪牛 しぐれ煮」は、甘辛...
四国の西端、愛媛県にある八幡浜市(やわたはまし)。立地と気候に恵まれるこの街は、愛媛県のなかでも有数の「みかん」の生産量。山には段々畑が広がっていますが、...
被写体にしたのはきっと、"日本の春色"。モスクワの写真家、Kristina Makeevaさんの作品に目を奪われてしまうのは、一度見たら忘れられなくなるく...
熊本出身の私が、東京の友人への熊本みやげで必ず買っていくのが、「阿蘇の草原とぶ牛クッキー仔うしビン入り」。“いわゆる熊本銘菓”などもおみやげの選択肢にあが...
岐阜県の南に位置する、各務原市。「かかみがはら」とも「かかみはら」とも「かがみがはら」とも呼ばれる、正式名称すら曖昧な街に、昨年秋、新しい風を吹き起こすカ...
富山県船橋村は、3.47平方キロメートルと面積が日本で一番小さな自治体。今は何もない広場を、「日本一楽しい」と自慢できる公園に作り変えたい。そして、遊びに...
47都道府県のおいしいものを探していると各地で見つかる、「おかず味噌系」の食べ物。その代表格が、和歌山の「金山寺味噌」ではないでしょうか? なんせ金山寺味...
チーズや鳥小屋を模した、一風変わったツリーハウスが点在する空間。ここは、長野県小諸市にある「安藤百福センター」の森の中です。
シンクロと大分県のバラエティ豊かな温泉を掛け合わせたユニークで斬新な「シンフロ」動画で世界を沸かせた大分県が、今回またも本気で挑んだ動画は、温泉で繰り広げ...
3つの「絶景」スポットが、香川県西部に集まっています。香川には直島や小豆島をはじめとする瀬戸内の島々もあるし、高松、丸亀、琴平なども当然有名です。本当に観...
四国・愛媛県の西端。佐田岬の付け根にある「八幡浜市(やわたはまし)」は、なんと言ってもみかんと魚の街。道の駅「みなっと」にある、どーや市場という魚市場や、...
「燻製が好きすぎて起業する人がいる」と聞き、興味を覚えた。雪が降り続ける秋田県鹿角市。起業を目前に控え、溢れんばかりの希望を抱えた松村 託磨(まつむら た...